スニーカー世代を刺激する「一足触発」 Vol.74
2020.10.02
FASHION

インスタポンプフューリーの軌跡と四半世紀を経て日の目をみた幻のキャラ

発売から25年が経った今でもその斬新さは色褪せることがない。発売されたのは1994年じゃなくて、2044年なんじゃないかとさえ思うよ。こいつはきっと未来からの贈り物なんだ──。

スニーカーシーンをリードするオーストラリア発スニーカーマガジン『スニーカーフリーカー』の編集長、サイモン・ウッディ・ウッドが手放しで褒めちぎったインスタポンプフューリー。その物語を知ろうと思えば、時計の針を1979年まで巻き戻す必要がある。

 

「イノベーションを成しとげよ」

1994年に発売されたインスタポンプフューリー。

リーボックはアメリカの実業家、ポール・ファイヤマンが北米におけるリーボックの権利を獲得した1979年を分岐点として、右肩上がりの時代を迎えた。

1982年にリリースしたエアロビクスシューズ、フリースタイルで世界的な成功を収めると、ファイヤマンはこれを原資にリーボックを破竹の勢いで成長させた。1985年に上場を果たし、1989年には18億ドルもの売り上げを叩き出した。

余勢を駆って発足されたのが「Advanced Technologies Group」(ATG)だ。ハイテクスニーカーブームの前夜、イノベーションを成しとげよ──というファイヤマンの号令一下、商品開発、化学、スポーツ科学のスペシャリストが集められた。メンバーはポール・リッチフィールド、エド・ルシエ、ピーター・フォレイ、ブライアン・イゴーの4人である。

彼らが手始めに開発したのがデュポン社の合成樹脂ハイトレルをチューブ状に成型したミッドソールだ。エナジー・リターン・システム(ERS)と名づけられたそのミッドソールは、着地時の衝撃を反発力に変換するテクノロジーだった。

のちのインスタポンプフューリーにつながるザ・ポンプ。

これを搭載したバスケットボールシューズがザ・ポンプ。そしてERS以上に耳目を集めたのが、コンプレッサーによる手動のポンピングで空気を注入し、フィット感を高めるポンプ・テクノロジーだった。発売から1カ月でおよそ40万足を売り上げた。

このチームに新たに加わったのがスティーブン・スミス。ニューバランス、ナイキを渡り歩き、そして直近ではアディダスのイージー ブーストを手掛けた成功請負人である。

スミスを仲間に迎え入れたATGは、さっそく次なる新たなテクノロジーを完成させた。ハニカムに着想を得たクッショニングシステム、ヘキサライトがそれである。のちにインスタポンプフューリーにも搭載されるテクノロジーだ。

ATGは1991年にRAC へ改称した。RACは「Reebok Advanced Concepts」の略だ。彼らはランニングシューズのポートフォリオにミニマリズムの要素を加えることを使命とし、あらゆるコンポーネントの軽量化に没頭した。

NEXT PAGE /

インスタポンプフューリー誕生前夜

ソールに採用されたクッショニングシステム、ヘキサライト。ヘキサゴン(六角形)の構造がつなぎ合わさっており、衝撃を分散できる。

「おれたちは飛行機のインフレーションデバイスやスキューバダイビングの浮力調整具の研究に膨大な時間を費やした」(リッチフィールド)。

「ブレークスルーは、余計なものを省くという発想を突き詰めたときに訪れた。そうしてアッパーを空気室で構成するアイデアにたどり着いたんだ」(スミス)。

ポンプとヘキサライト、そしてスプリットソールがキーデザインとなるインスタポンプフューリーのアイデアは、「すさまじく退屈なミーティング」(スミス)の最中に生まれた。ザ・ポンプの商品タグを見るともなしに見ていたスミスは、おもむろに紙にペンを走らせた。

「スミスが投げて寄越した紙の切れ端には見たこともないフットウェアが描かれていた。それは足をホールドするカップがついたサンダルのような構造だった」(リッチフィールド)。

アッパーの役割を果たす空気室、シャープなルックスを重んじた空気室のデザイン、土踏まずを大胆にくり抜いたスプリットソール。すべてのスペックがトライアル&エラーの繰り返しを強要する難易度の高いものだった。生産をお願いしていた韓国の工場がことごとく、さまざまな理由で閉鎖、そのたびに生産体制をいちから構築せざるを得ない苦労もあった。

ようやくかたちになってからも一筋縄ではいかなかった。

レッド、イエロー、ブラック──ファーストモデルがまとった目にも鮮やかなシトロンは、足が炎に包まれているようなイメージを具現したものだ。戦後アメリカのカスタムカー、ホットロッドの炎のペイントや90年代のマッスルカー、ダッジ・バイバー、そしてハードコア・パンクロックがヒントになっているという。

インスタポンプフューリーのプロトタイプ。

スミスはその出来に大いに満足したが、マーケティングが難色を示した。もっとシックな色にできないのか、と。頭にきたスミスはサンプルをグレーの下地スプレーで塗りつぶした。彼らが望んでいることがいかに馬鹿げているかを知ってもらうためだったが、マーケティングの面々はスプレーまみれの一足をみると、素晴らしい、これで売れるぞと想像とはまるで違う反応をみせた。

天を仰いだスミスはファイヤマンに直訴した。あいつらはなんにもわかっていない、と。この悲痛な訴えがあってシトロンは無事製品化にこぎつけた。

マーケティングの顔を立てるべくブルー・ベースのサックスもリリースしたが、蓋を開けてみればシトロンがサックスの2倍以上の売り上げを叩き出した。サックス・バージョンは、ボーリング(=退屈な)ブルーというありがたくないあだ名をもらうことになった。

僕がつくったスニーカーのなかで一番の自信作さ──スミスが自画自賛したインスタポンプフューリーは、あらゆる垣根を飛び越えて高く評価され、そして時代をも超えた。

ポピュラーサイエンス誌は、科学&テクノロジー分野における1994年のもっとも革新的な成果のひとつとしてインスタポンプフューリーを選出した。同年放映されたMTVビデオ、ミュージック・アワードではエアロスミスのスティーヴン・タイラーがシルクのガウンの足元にインスタポンプフューリーを履いていた。

時は下って2001年、カール・ラガーフェルドはシャネルのパリコレクションに使用した。

NEXT PAGE /

幻のキャラがかかとに!

幻のキャラクターをかかとに配したリージョン オブ フューリー。1万9800円/リーボック(リーボック アディダスお客様窓口 0570-033-033)

インスタポンプフューリーは、いまとなっては社内の人間でも把握できない数のエクスクルーシブなモデルをこなしてきた。

昨年から続々リリースされてきたインスタポンプフューリーの真打として、10月2日(金)にリリースされたモデルがリージョン オブ フューリーだ。プロモーションのためにデザインするも、使われることはなかったキャラクターをかかとに配したモデルである。

リージョン オブ フューリー。各1万9800円/リーボック(リーボック アディダスお客様窓口 0570-033-033)

RACとはまた別のチームのシューデザイナーがつくったそうだが、どこかマーベルコミック的なタッチはインスタポンプフューリーにぴったりだった。

キャラクターがつくられたのは94年のシトロンとその翌年のパープルのみだったので、このたび3つのキャラを描き起こし、ゴレンジャーならぬ“ファイブフューリー”が舞台に立った。

リージョン オブ フューリーのかかとにはそれぞれ「ファイブフューリー」が配されている。

ベースとなったのは、前期モデルと呼ばれるモデルである。

インスタポンプフューリーにはプロトタイプ、前期モデル、後期モデルの3つがある。

プロトタイプはシトロンイエローに染めたアウトソールがたちまち磨耗してしまうことがわかった。RACはただちに新たなソールを用意。これが前期モデルといわれるOG(オリジナル)インスタポンプフューリーである。

前期モデルではさらに注入ポンプの“The Pump”のロゴを“Instapump”、インソールの“RAC”を“Pump Fury”へと変更した。シュータンのベクターロゴもプロトタイプにはなかったものだ。かかとのヘキサライトのカットアウトは3つから2つに減らされた。

後期モデルが発売されたのは1995年。インスタポンプフューリーといえば2014年までこの後期モデルのことをいったが、20周年を記念してふたたび前期モデルへと回帰している。

蛇足ながら付け加えれば、2019年、25周年一発目の目玉としてリリースされたのがソールにシトロンイエローをまとわせ、その他スペックも当時のそれを忠実に再現したプロトタイプである。発売年にちなんで1994足が限定発売された。

 

[問い合わせ]
リーボック アディダスお客様窓口 
0570-033-033

竹川 圭=取材・文

# スニーカー
更に読み込む