そこが知りたい! 女性が好きな男服 Vol.55
2020.09.29
FASHION

松田丈志さんが実践。ガタイが“良すぎる”体育会系男子のお洒落術

いわゆるガッチリ体型、つまりガタイが “良すぎる”ために服選びに困っている諸君へ、朗報だ。スタイリストの安西こずえさんが、体育会系男子に似合うコーディネイトを教えてくれたぞ!

しかも安西さんはメンズ雑誌を手掛けたこともあるというから、頼もしい限り。彼女の慧眼による分析と提案を見逃すな!

 

素材違いのベージュを利かせて甘辛ミックスに

シャツのベージュは、“オジサンぽく”見られがちだけど、ポプリンシャツの第1ボタンを留めることでクリーンさを強調。
シャツ2万6000円/N.ハリウッド コンパイル(ミスターハリウッド 03-5414-5071)、パンツ3万6000円/スティーブン アラン(スティーブン アラン トーキョー 03-5428-4747)、ソックス1800円/トラディショナル ウェザーウェア(トラディショナル ウェザーウェア 青山メンズ店 03-6418-5712)、ブーツ6万8000円/パラブーツ(パラブーツ青山店 03-5766-6688)

元競泳日本代表選手/スポーツジャーナリスト
松田丈志さん Age 36
身長184cm/体重86kg/胸囲105cm/腿回り60cm/肩幅60cm/足28.5cm
1984年、宮崎県生まれ。アテネ、北京、ロンドン、リオデジャネイロとオリンピックに4連続出場し、すべてメダル獲得。現在は競技を離れ、アスリートのセカンドキャリアサポートなどに尽力。サーフィンが趣味で、2児の父でもある。

こず♥の分析「タケシはジャストサイズがフツウに見えない」
「身長も肩幅もあるので、威圧的に見えかねないタケシさん。キリッとした顔立ちも含め、それを逆手に取って、甘い印象のニュアンスカラーを合わせることで“男性版甘辛ミックス”に。

シャツのベージュは、“オジサンぽく”見られがちだけど、ポプリンシャツの第1ボタンを留めることでクリーンさを強調。エクリュの太畝コーデュロイパンツで素材感を変えて繊細さを加えます。

シャツ袖とパンツ裾は、ともに捲って鍛えられた前腕をチラ見せ♡ 足元はこげ茶のブーツでグッと男らしく! ギャップに萌えますね」(安西)。

NEXT PAGE /

全身ネイビーで好印象に拍車をかけつつ遊びをプラス

体つきのいい人は、快適性重視でオーバーサイズの服に頼りがち。でもこれは休日着がルーズに見える落とし穴です。
パーカ3万7000円、スニーカー4万5000円/ともにチノ(モールド 03-6805-1449)、カットソー1万3000円/トラディショナル ウェザーウェア(トラディショナル ウェザーウェア 青山メンズ店 03-6418-5712)、パンツ2万1000円/インバート(アマン 03-6418-6035)、腕時計1万1000円、ソックス900円/ともにビーミング by ビームス(ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店 048-788-1130)

こず♥の分析「タケシはジャストサイズがフツウに見えない」
「体つきのいい人は、快適性重視でオーバーサイズの服に頼りがち。でもこれは休日着がルーズに見える落とし穴です。

その点、持ち前の爽やかな印象が魅力のタケシさんは、奇をてらわないジャストサイズならますます好印象に見せてくれます。それを、すべての女性にウケると言っても過言ではないネイビーで正々堂々と。これができるのも、ド直球な着こなしがフツウに見えないメリハリの利いた体格ゆえ。

ただし、平坦にまとまらないよう、レザーがパネル使いされたフーディーとベロアのイージーパンツを合わせ、さりげない遊びを加えましょう。スニーカーにインした白ソックスなどのひとヒネリも、着こなしに表情が生まれるのでお試しください!」(安西)。

 

松田さんの感想
「普段は、仕事上のおカタい格好か、休日のラフな格好の両極端です。好きだけど難しくて敬遠してしまう茶系と、よく選ぶけれど普通になってしまうネイビーを絶妙に料理していただきました。少しゆるんできた体型でも楽に着られて格好いい。お洒落が楽しくなりそうです」。

教えてくれたのはこの人!
安西こずえ●東京都生まれ。雑誌や広告、タレントなど、現在は、レディスをメインに活動するスタイリスト。だが、数多くのメンズ雑誌を手掛けた経歴もあり、男性服にも精通。本企画では、体育会系男子好きが高じて人選にも参画してくれた。instagram@cozcozrin

 

平郡政宏=写真 yoboon(coccina)、村上知久、小池康友=ヘアメイク 髙村将司、増山直樹=文

# 体育会系男子# 女性目線# 松田丈志
更に読み込む