自転車ライフ 2.0 Vol.25
2020.09.28
FASHION

種市暁さんの自転車ライフに必須なファッションアイテム3選

「自転車ライフ 2.0」とは……

愛犬との自転車ライフを満喫中のフリープランナー、種市暁さん。

飾らない、気取らない、でもキマる――彼のファッションスタイルのモットーを応用したサイクリング時の愛用品を教えてもらった。

種市 暁●1972年生まれ、東京都出身。連載「種カジのタネあかし」でお馴染みのフリープランナー。服だけで無く食やコスメなどバランス良く興味を持ち続けるのがモットー。種カジのこぼれネタがポストされるインスタグラム(@taneichiakira)も要チェック!

「僕は無精者だから、基本的にラクに扱えるモノが好き。かといって、テック系に寄り過ぎると、どうも面白みに欠けてしまう。それなら、雨の日はボードショーツの機能に頼るとか、もっと遊びがほしいんですよ」。

種市さんの愛車、ポップアップテント&ベッドマット付きの三菱「アウトランダーPHEV」と同じように、彼の身に付けている服や小物は一見すると普通に見えるが、どれもどことなく遊び心が感じられる。

「モノに執着しない分、全体のバランスはかなり意識しているかもしれません。自転車のカスタマイズも洋服のコーディネイトも同じ目線で、自分が心地いいと思うフィーリングを大切にしています」。

自分らしく、それでいて快適であること。種市さんの解説とともに、自転車ライフをサポートしてくれる愛用品を紹介しよう。

NEXT PAGE /

1.ハラダマニアのシャツ

「南仏のリゾートに行くと、ドレスシャツにショーツを合わせている人をよく見かけるんですが、すごく格好良くて。僕なりに真似て、ボードショーツに合わせてみました」。

ハラダマニアの「ローカライズドシャツ」は、内側にパスポートやエアチケット、財布や携帯などが入る多数のポケットを装備。すこぶる実用性が高い。

「このシャツは、きちんと感があるうえに、それなりに荷物が入るからとても便利。手ブラで自転車に乗れるので、バッグの代わりに羽織って出かけてますね」。

 

2.ザ グローラー ビルトのキャップ

レストランプロデューサーの関口正人さんと種市さんによるクリエイティブユニットからリリースされたキャップ。陽射しを避ける長めのツバは着こなしのアクセントにも最適だ。

「朝起きて髪を整えるのも面倒だし、自転車に乗るときはキャップがハズせませんね。日焼け防止の意味も兼ねて被っているんだけど、僕が言っても説得力ないですね(笑)」。

アジャスターの近く縫い付けられたブランドタグ。

 

3.ハラダマニア×金子眼鏡のサングラス

俳優のホアキン・フェニックスにちなんで「ホアキン」と名付けられたハラダマニアのサングラス。製作は福井県鯖江市の老舗メーカー、金子眼鏡が担当した。

「かなり大ぶりのフレームですが、日本人の顔立ちに似合うように隅々まで計算が行き届いているのがうれしい。速そうなロードとかには似合わないかもしれないけど、ほっこりとした僕の自転車には、コレがとても似合います」。

普通に見えて、普通じゃない。種カジの真髄は、自転車ライフでも健在といったところか。

 

「自転車ライフ 2.0」とは……
環境や体型の変化だったり、身近な先輩の姿に憧れたり。ハマった理由は皆異れど、自転車にかける想いは誰もが強く、深い。自分好みへと仕様を変えた相棒と日々暮らす、同世代の自転車ライフをパパラッチ。
上に戻る

鳥居健次郎=写真 戸叶庸之=編集・文

# ハラダマニア# 自転車
更に読み込む