ニューノーマルな時代の「大人カジュアル」ガイドブック Vol.1
2020.09.24
FASHION

【オーシャンズ11月号】は大人カジュアルガイドブック。デニム企画や別冊付録も!

ニューノーマル。そんなふうに世界が動いていくなかで、服の存在価値が揺らいでいるのかもしれない。だから今、考えたいと思った。僕らの生活を少しだけ、でも確実に豊かにしてくれるファッションについて。

そこで、オーシャンズ11号は……

「大人カジュアル」を徹底特集。

これからの大人カジュアルって何だろう。自分らしい装いって何だろう。不安定だけど根本的な問いに対して、センスのいい男たちと一緒に多角的に向き合っていく。

答えはひとつじゃないし、唯一の正解なんてつまらない。だから、ここで掲載するのは全部ホンネ。ぜひご一読を。

 

「スポーツウェア」は楽な服の代表選手だ
いい大人の装いに求められるのは、気負いのなさ。「楽」であることが何より欠かせない。すると動きやすいスポーツウェアは、大人カジュアルに格好の服ということになる。

街着として上手に活用するポイントを、その道の達人であるふたりに訊いた。

ネイビーとは男らしく、色っぽく、普通な色
ネイビーという色には不思議な力がある。すぐに思い浮かぶのは知性や品格といった「堅さ」のイメージ。だがそれだけではない。ときにネイビーは、男に色気を纏わせ、男を魅力的に彩る。

普通の色と見せかけて、効果的な使い方は千差万別な究極の定番色、ネイビー。僕らの大人カジュアルにどう落とし込めばいいのかをスタイリスト・喜多尾祥之さんに聞いた。

続いて、今月のもうひとつの特集はコチラ!

NEXT PAGE /

気になるデニムのキーワード10

ワードローブに常備しているものだからこそ、その趨勢が気になってくる。

どう取り入れたらいいのか?どんなものが今新しいのか? 何が売れているのか? この秋大人を高揚させる、デニムにまつわる10のコト。

さらに、なんと2020年11月号は別冊付録付き!  

【別冊付録】オーシャンズ×三越ワールドウォッチフェア

僕らと何かをつなぐ、“懸け橋”みたいな腕時計
知人に、愛用する時計を息子に譲る日を楽しみにしている男がいる。また成果を挙げた部下に自分の時計を贈るというビジネスマンもいる。結婚記念にペアウォッチを選ぶというのもそうだろう。そのとき、時計は自分と大切な人とをつなぐ橋になるのだ。

そればかりでなく、ときには日常から離れた自然を感じ、過ぎ去った歴史に思いを馳せる、あるいは温もりの伝わる匠の技や、未来を予感させる先進技術に触れるプラットフォームにもなる。三越ワールドウォッチフェアにはそんな個性豊かないくつもの橋が懸かっている。

どの橋を選ぶのも自由だ。その渡った先には、新たな世界が広がっているだろう。そしてこんな時代だからこそ今僕らには懸け橋が必要なのだ。

 

「オーシャンズ」11月号はこちら

# デニム# 三越ワ ールドウォッチフェア# 大人カジュアル# 最新号
更に読み込む