そこが知りたい! 女性が好きな男服 Vol.3
2020.09.02
FASHION

スタイリスト大草直子さん直伝! 40代の男性にしかできないデニムの楽しみ方

若い頃、なんなら子供の頃からさんざんはき倒してきたデニム。僕らにとって相棒や制服とも呼べるほどに知り尽くしたつもりのアイテムだが、スタイリスト・大草直子さん曰く、「今こそ似合う時期」なのだという。

ということで、年を重ねたオーシャンズ世代ならではのデニムの楽しみ方を、女性から見て「こうはいてほしい」という願いとともに伝授いただいた。

 

あなたの親友デニムに色っぽさを3割加えましょう

やっぱり男性が好きなのは、リーバイス『501』ですよね。
シャツ6万2000円/マディソンブルー 03-6434-9133、ネックレス1万6000円/アダワット トゥアレグ 050-5218-3859、デニム1万2000円/リーバイス(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)、スニーカー1万3800円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)、腕時計52万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011)

「やっぱり男性が好きなのは、リーバイス『501』ですよね。’90年代に世界統一されたシルエットを再現した『93 ストレート』は、色落ちも含めオーシャンズ世代には親友のように馴染むはず。

ここから滲む男の骨太感を色っぽさに変換し、普段の3割増しにしてくれるのが、とろみのある黒シャツとデコルテから覗くネックレスです。首元のボタンは開けすぎないようご注意を。遠くの誰かにではなく、近くのパートナーがわかればいい、くらいの距離感を意識して」(大草)。

NEXT PAGE /

甘く繊細な色合わせを楽しんでみてください

デニムに色を重ねるのは、案外難しいですよね。エネルギッシュな色合いすぎると、少し子供っぽくも映ります。そこでポイントにしたいのがグレイッシュなトーン。
パーカ2990円/ユニクロ 0120-170-296、スニーカー1万1000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ 0120-6453-77)、デニム3万円/デンハム(デンハム・ジャパン 03-3496-1086)、バッグ4万2000円/ステート オブ エスケープ(サザビーリーグ 03-5412-1937)、サングラス3万6000円/オールドジョー グローブスペックス オプティカル コー(グローブスペックス エージェント 03-5459-8326)

「デニムに色を重ねるのは、案外難しいですよね。エネルギッシュな色合いすぎると、少し子供っぽくも映ります。そこでポイントにしたいのがグレイッシュなトーン。やや暗めのパステルカラーで、くすんだ40代の肌にも馴染む色調ですね。

ここでは、パーカにビーツピンク、スニーカーにペパーミントグリーンと、異なる2色を重ねています。これらを繊細につなぐのがグレーデニム。同じトーンなら、ほかに何色重ねても怖くありません」(大草)。

 

ときにはパリの男性のようにコーディネイトしてみて

リジッドデニムにキャラメル色のハイゲージニットを組み合わせて、どことなくパリジャン風情を漂わせる知的な雰囲気には、実のところ母性を少しくすぐられるんです。
ニット2万5000円、デニム2万円/ともにA.P.C. 0120-500-990、バッグ4万9000円/チンクワンタ 050-5218-3859、メガネ4万700円/オリバーピープルズ(オリバーピープルズ 東京ギャラリー 03-5766-7426)、腕時計51万円/IWC 0120-05-1868

「これぞ、フレンチシック。男性はデニムというと、どうしても手慣れた『アメカジ!』な方向にまとめがちですよね。

リジッドデニムにキャラメル色のハイゲージニットを組み合わせて、どことなくパリジャン風情を漂わせる知的な雰囲気には、実のところ母性を少しくすぐられるんです。マチュアな男性に可愛げが加わる感じが絶妙。

これが、20代の若い男性だと『まだまだ』といった感じ。40代だからこそ、このギャップが出せるんです」(大草)。

 

教えてくれた女性はこの人!
大草直子(おおくさなおこ)●東京都生まれ。女性誌編集を経てスタイリストとして独立。経験と考察から導き出した理論的なコーディネイトが大人の女性に人気の超実力派。雑誌、広告、カタログ、また講演会にも奔走するなど多彩に活動。著書多数。instagram@naokookusa

 

黄瀬麻以=写真 清水ヤヨエ(+nine)=ヘアメイク 髙村将司=文

# デニム# 女性目線
更に読み込む