2020.07.22
FASHION

打倒ナイキの超本命・ミズノ「WAVE DUEL NEO」で、記録は伸びるのか?

前回紹介した新素材「MIZUNO ENERZY」を採用した、もうひとつのシューズが「WAVE DUEL NEO」。

こちらはフルマラソン3.5時間切りのランナーをターゲットにした本格派のレースシューズで、箱根駅伝で区間新記録を達成した創価大学、嶋津雄大選手が履いていたのはコチラのモデル。

今回はこの「WAVE DUEL NEO」をレビューしたい。

「WAVE DUEL NEO」2万3000円/ミズノ 0120-320-799

ここ最近、ランニングシューズ界は「カーボンプレート」や「厚底」の話題で一色だった。

ナイキの「ヴェイパーフライ」を履いた選手が世界中で次々と記録を打ち立てたことで、多くの選手が、これまで履き慣れたシューズから続々とナイキへと移行。

それに伴い、多くのメーカーがこぞって、カーボンプレートが入っているシューズや厚底シューズを発売した。

通常モデルにはローカットもラインアップ。ローカットはホールド力を高めるためヒールカップが付いており、約10g重くなっている。「WAVE DUEL NEO Low」1万9000円/ミズノ 0120-320-799

実はミズノはカーボンのサプライヤーとしての一面も持っており、カーボンの扱いはお手のもの。実際、大昔にはカーボンプレート入りのトラックシューズを売り出したこともある。

だが、カーボンを知り尽くしているからこそ、その弱点を見抜き、それを克服したまったく新しい素材「MIZUNO ENERZY」を開発したのだ。

 

目指したのは反発性と操作性を両立したシューズ

今回ゲットした、嶋津選手と同じ白モデルは限定商品。2万3000円/ミズノ 0120-320-799

今回ミズノが目指したのは、反発性がありながらも操作性の良いシューズ。

「ヴェイパーフライ」は反発性がある反面、立っているだけで前に押し出されるような感覚があり、ある程度、靴に合わせた走りが求められると言われてきた。

一方、ミズノは反発性がありながらも、ランナーが走りを変えることのないシューズをコンセプトにしている。

従来のソール素材と比べ、反発性が約35%向上した新素材「MIZUNO ENERZY LITE」と、陸上スパイクの開発技術を活かしたミズノ独自の樹脂製プレート「ウエーブプレート」との組み合わせによって、反発性がグンと向上。

ミッドソールの「MIZUNO ENERZY LITE」は、従来のソール素材と比べて反発性が約35%アップしているが、柔らかく、それでいながら驚くほど軽いのが特徴だ。

さて、このシューズのターゲットは、フルマラソン3時間半以内。ちなみに筆者は5時間切りがやっとである。明らかなオーバースペック。履きこなせるのだろうか。

アッパーはニット素材をベースに、足首まで包む珍しいハイカットタイプ。サイズさえちゃんと合っていれば、靴紐は飾りに過ぎない。

NEXT PAGE /

オーバースペックなのか? 実際に走ってみた!

ランニングシューズとしてはとても珍しいハイカットタイプ。

まずは足を入れてみる……ところが、この靴、履くのがめちゃくちゃ大変なのである。スキーブーツを思い出してもらうといいかもしれない。かかと部分が突っかかって、なかなか足がおさまらない。

ようやく入った!と思ったときには、靴全体が足にピタリとフィット。足首部分は靴下のように適度に締まっていて、足底は土踏まず部分を上に引き上げるような感覚。かかともピタリとおさまっている。

一度履くと、足との一体感がスゴい!

足にダイレクトに伝わってくる路面のフィーリングは、さすがレーシングシューズ。果たしてこのフィーリングで長距離を走れるのか、ちょっと不安になったのだが、走り始めると感覚は一変。

グリップ力の強いアウトソールがガッチリと地面を掴み、ミッドソールの反発性が足をグッと前に出してくれる。

アウトソールには軽量でグリップ力を高める「G3ソール」を採用。地面を掴むような力強い蹴り出しをサポートする。

自然にストライド(歩幅)が伸びてくると、靴下のようにピタリと足にフィットしている感じが気持ちいい。

くるぶしやかかとが擦れるのでは?と走る前は心配をしていたものの、どこかが痛むこともない。まるで何も履いていないような感覚。それなのにしっかりと反発も感じられて、気持ち良く足がまわっていく。

結果、タイムがグッと短縮。上級者じゃなくても、その恩恵を十分受けられるシューズだった。「3時間半切りなんて夢のまた夢」というランナーでも大丈夫だ。

コロナ禍が過ぎ去り、大会が再開したら、これを履いて、ぜひ走ってみたい。

 

[問い合わせ]
ミズノお客様相談センター
0120-320-799

林田順子=文

# シューズ# ミズノ
更に読み込む