偏愛スニーカー三番勝負 Vol.7
2020.06.06
FASHION

まるで「ラーメン付きトンカツ定食」。シソンヌ長谷川忍の偏愛スニーカー3足

「偏愛スニーカー三番勝負」とは……

「スニーカーは名刺代わりになる」と力説するのはキングオブコント王者、シソンヌの長谷川忍さんだ。

ゆえに人の足元を見ては、「きっとこの人の好きな音楽のジャンルは……」と妄想にふけるのだとか。そんな独特な視点を持つ長谷川さんの“偏愛スニーカー”三番勝負。ふ〜む、長谷川さんの人となりも見えてきたぞ!

長谷川忍(はせがわしのぶ)●2006年、大河原次郎さんとシソンヌを結成。
長谷川忍●1978年8月6日生まれ。静岡県出身。ツッコミ担当。2006年、じろうとシソンヌを結成。2014年、キングオブコントで優勝。以降、テレビでも引っ張りだこに。現在はNTV「有吉の壁」やNHK「LIFE!」等のバラエティ番組に出演するほか、俳優としてドラマ等にも出演。RKBラジオ「シソンヌのばばあの罠」でのトークも必聴。ツィッター(@hasemadgawa

①先鋒 ニューバランス「M990v5」

ニューバランスの「990 v5」

ニューバランスで名品番が多いのは、やはり990番台だろう。もっとも人気のある「996」や唯一のイングランド製(一部を除く)で知られる「991」、国内では手に入りづらい「993」などなど……もうマニア垂涎の名作のオンパレードである。

とはいえ、やはり代表格なら「990」ではないか。’82年に誕生し、時代とともにアップデートされ続けるタイムレスなモデル。長谷川さんが手に取ったのはその最新作である。

当時の技術の最高水準を具現化したランニングシューズ、それが「990」の初代だ。それから時代とともにアップデートを繰り返し、昨年「M990v5」が登場。長谷川さんは、前身の「M990v4」からそのファーストクラスな履き心地にハマり、今じゃもっぱらコイツが相棒なのだとか。

「とにかく機能性が抜群ですから、地方遠征や長期ロケの際にかなり重宝します」と信頼は揺らがない。なによりグッときたのは、その見た目だそうだ。

「一見、おじさんシューズっぽいんですけど、全然野暮ったくない。上質なピッグスキンを使い、シルエットはクリーンで現代的。カジュアルでもフォーマルでもハマってくれるオールマイティさも重宝しています」と大絶賛。常にストック分も確保しているとか。

NEXT PAGE /

②中堅 ナイキ「ダンク ロー プロ SB フューチュラ」

ナイキの「SB ダンク ロー プロ フューチュラ」

「言ったら、僕らはナイキ世代ですから」。

そう手に取ったのはナイキ・ダンクの、スケートボードライン「SB」モデルだ。シーンでは再びその熱量が上昇傾向にあるが、長谷川さんのSB好きは今に始まったことではない。

「SBは大好物ですね。これも17年前のものですが、いまだに僕のシュークローゼットに鎮座している。当時は、新しいデザインが出るたびに購入していました。ひと通り購入したと思いますよ。友人が原宿のスニーカーショップを経営していて、僕はお金がなかったので彼のお下がりを安く譲ってもらっていました」。

長谷川さんを虜にし続けるポイントは、ズバリ“配色”である。

「これはフューチュラの別注カラーで、別名“シャーク”と呼ばれています。名は体を表すで、このグレーとネイビーのなんとも不気味なカラーパレットが最高にイケてますよね」。

フューチュラが描くグラフィティもお好きなようで。ただし、スケートボードは滑れないそうな。

 

③大将 ナイキ「エア ジョーダン6 トラヴィス スコット」

ナイキの「エア・ジョーダン6 カクタスジャック」

「数多あるスニーカーのどれを選ぶかで個性も出ますし、その人のバックボーンも見える」と長谷川さんは豪語する。

長谷川さんがナイキを好きになったのは、「当時からことごとく自分の好きなラッパーが履いていたから」なのだとか。シグネチャーモデルも多いことから、「とにかく嫌いになれない」と言う。

コチラはアメリカを代表するラッパー、トラヴィス・スコットとのコラボモデルで、スーパーボウルのハーフタイムショーに出演した際、本人が着用したことで一気に話題をさらった。もちろん発売後は即完、即プレ値である。

アッパー上部に搭載した小さなポケットや、暗闇でグリーンに光る蛍光素材ソールなど、随所に遊び心を盛り込んだスペシャルな一足となっている。ヒールのロゴ「カクタスジャック」はトラヴィスのレーベル名だ。あれ、よく見ると長谷川さんが被っているキャップも……!

「もともとエア ジョーダンシリーズでは6が断然好きなんですよ。マイケル・ジョーダン本人が積極的に開発に携わったこともありますし。そのうえ、大好きなラッパーのトラヴィス・スコットとコラボしちゃうなんて……もうラーメン付きトンカツ定食みたいな贅沢さですよ。心底気に入っています」。

……なんか安いな、と思わないでもないが、ゴージャスで満足感もハンパじゃないということはよく伝わってくる。

 

スニーカーはあらゆるカルチャーと結びつくことで深くシーンに浸透してきた。だからこそ、どんなスニーカーをセレクトするかで持ち主の人となりが見えてくるということなのだろう。そうやって目の前の人の正体をあれこれ妄想してみるのも、なかなか面白そうだ。

※レイザーラモンRGさんやグッドウォーキン上田歩武さんも登場!記事は下のバナーから↓

「偏愛スニーカー三番勝負」の他の記事を見る

「偏愛スニーカー三番勝負」とは……
外に出られずとも眺めているだけでアガる、それがスニーカー。スニーカー愛に溺れた生粋のスニーカー好きたちが偏愛する一足を披露する、スニーカー三番勝負。
上に戻る

菊地 亮=取材・文 

# ナイキ# ニューバランス# シソンヌ長谷川# スニーカー# 芸人
更に読み込む