偏愛スニーカー三番勝負 Vol.6
2020.05.31
FASHION

「履き心地 史上主義」を掲げるダイノジ大地洋輔の偏愛スニーカー三番勝負

「偏愛スニーカー三番勝負」とは……

「誰かが履いているようなモデルは買わない」。人気お笑いコンビ「ダイノジ」の大地洋輔さんも、昔はそんな不文律があった。

しかし、今は絶対の「履き心地 史上主義」。新たな価値基準で選んだ大地さんの“偏愛スニーカー三番勝負”。我々も強く共感すること必至である。

大地洋輔●グッドウォーキン上田さん、レイザーラモンRGさんらと作った『スニーカー同好会』のメンバーでもある。
大地洋輔●1972年7月13日生まれ、大分県出身。’94年、中学校からの同級生である大谷ノブ彦さんとダイノジを結成。2006、2007年にエアギター世界選手権で圧巻のパフォーマンスを披露し2連覇を達成。グッドウォーキン上田さん、レイザーラモンRGさんらと作った『スニーカー同好会』のメンバーでもある。インスタグラム(@dienoji_ohchi)もチェック。

①先鋒 アシックス×ケミスト クリエーションズ「ゲル カヤノ 5 OG」

アシックス×ケミスト クリエイションズの「ゲル カヤノ5 OG」

スニーカーの沼は深い。それは男なら誰しも認める事実である。特に、定期的に投入される数量限定やコラボなど、稀少性の高いモデルはスニーカー熱の高騰に一役も二役も買っている。

大地さんがひょんなことからネットで出合ったのは、上海生まれの新進気鋭デザイナーが手掛ける「ケミスト クリエーションズ」とアシックスがコラボした一足だ。すぐに買いたかったが、すでに完売状態。以来、どうしても欲しいとアピールし続けたところ、友人が見つけてきてくれたという。

「僕自身は、運がないんです。だけど、周りには運の強い人が多いのですごく助かってます。……ん!? てことは、彼らを引き寄せる僕ってやっぱり運があるのかな(笑)」。

念願叶ってゲットしたこちらは、アシックスが誇る現代テクノロジーを結集させたモデルがベースだけに、履き心地は「最高」のひと言。

2層構造のアッパーのアンダーレイに装飾した英語のテキストやバーコード、ヒールサイドの中国語のブランド名といった意匠は、モダンなデザインのいいアクセントになっている。

「形や配色も含めて、すべてが好み。完璧なんですけど、どこか隙のあるところも堪らないっす」。

NEXT PAGE /

②中堅 ニューバランス「993」

ニューバランスの「993」

ニューバランスの代表作で知られる990番シリーズ。とりわけ「993」は2008年にデビューし、2012年には生産が終了。僅か4年という短い販売期間ながら、今でも人気の高いモデルとして愛好家からも強く支持されている。無論、日本国内で出合う機会など、そう滅多にあるものではない。

「とにかく、探しに探しましたがなかなか見つからない。いろんな古着屋さんへ足を運び、毎日のようにSNSで検索しても引っかからない。諦めかけていたんですけど、ようやく原宿で出合うことができました」。

その感動が輪をかけ今では大切な宝物となり、見つければストック用として即座に買うようにしているという。

「足を優しく包み込むフィット感、足の運びをスムーズにする衝撃吸収性、そして反発弾性。もうね、とにかくラク(笑)。どんな着こなしにも足並みを揃えてくれるオールマイティさも素敵ですよ。一生履くと思います」。

 

③大将 サカイ×ナイキ「LD ワッフル ナイロン」

サカイ×ナイキの「LD ワッフルナイロン」

定期的にコラボレーションを行っているサカイとナイキは、まさに蜜月の関係。大地さんも、既存のナイキコレクションにはないツイストの効いたデザインに、以前から熱視線を注いでいたという。しかし……

「これが全然手に入らないんですよ。あまりにも巡り合えなくて諦めかけたというか、むしろ嫌いになりかけていました(笑)」。

そんな矢先、手に入れていた後輩から譲ってもらえることとなり、幸運にもゲット。

「その後輩には頭が上がりません(笑)。見てくださいよ、どこから見てもカッコいい計算し尽くされたデザイン。極論、これを履いていたらパンツ一丁でもそこそこ大丈夫じゃないですかね(笑)」。

「ふんわりとした履き心地は最高ですし、足に収まったその姿にも惚れ惚れ。嫌いになりかけていた自分をブン殴ってやりたいです(笑)」。

ツヤ感のあるリボンのシューレースが付属し、シュータンやソール、スウッシュは二枚重ね。品とウィットに富んだデザインはさすがである。もちろんパンツ一丁はアウトだが、無地T×ショーツのシンプルコーデなんかも一気に格上げしてくれるに違いない。

デザインはもちろん最優先だけど、やはり中身も伴っていないと好きにはなれない。それが大人である。今後、新たにスニーカーをセレクトする際、この「大地基準」は大いに参考になりそうだ。

※かまいたち山内さんやグッドウォーキン上田さんも登場!記事は下のバナーから↓

「偏愛スニーカー三番勝負」の他の記事を見る

「偏愛スニーカー三番勝負」とは……
外に出られずとも眺めているだけでアガる、それがスニーカー。スニーカー愛に溺れた生粋のスニーカー好きたちが偏愛する一足を披露する、スニーカー三番勝負。
上に戻る

菊地 亮=取材・文

# サカイ# ナイキ# ニューバランス# スニーカー# ダイノジ大地洋輔# 芸人
更に読み込む