オンライン買い物天国 Vol.8
2020.05.18
FASHION

レッド・ウィング元社長がネットで買った、3つのヴィンテージ小物

「オンライン買い物天国」とは……

「服に関しては欲しいモノが大体決まっていますから、好きなブランドか行きつけのショップで買うことがほとんどです」。

鈴木理也●1961年生まれ、東京都出身。元レッド・ウィング・ジャパン代表取締役ゼネラルマネージャー。
鈴木理也●1961年生まれ、東京都出身。元レッド・ウィング・ジャパン代表取締役ゼネラルマネージャー。現在は、自身のブーツブランド「オルシャンクス」を設立。その他、ブランドのコンサルティングなどを手掛ける。

こう語るのは、かつて日本のレッド・ウィング社を牽引した業界の重鎮。古き佳きを熟知しているであろうルックスから、「オンラインで買い物なんてけしからん!」と言われるかと思いきや……

「めちゃくちゃ利用しますよ(笑)。結局、そこに欲しいモノがあるかどうかが問題だから、実店舗にこだわる必要はないですし。オンラインで買っているのは主に古着などのヴィンテージ。そもそも足を使って探すのは限界があるし、時短にも繋がるんだから、利用しない手はありませんよね」。

ちょっと安心。では、鈴木さんがオンラインで見つけた古き佳き時代のプロダクトをご覧あれ!

 

格安で手に入れたヴィンテージウォッチ

先陣を切るのは、東京江戸川区にある古雑貨屋『towi(トウイ)』のオンラインショップで見つけた「ウエストクロックス」のポケットウォッチだ。ベスト着用時には必ずコレを付けるのが、鈴木さんのマイルール。

格安で手に入れた愛用のポケットウォッチ

「この懐中時計は、100年近く前にアメリカで“ワンダラーウォッチ”と呼ばれていた、言わば使い捨て感覚で買われていた類いで、正直、精度はまったくアテになりません(笑)。イギリス製のチェーンを買い足してアクセサリー感覚で愛用しています」。

時計としての機能には難アリかもしれないが、一方でチープな作りだからこそ得られるメリットもある。

「もし壊れたら、これに近い時計を買い直せばいい。そうやって笑い飛ばせるような価格だったからネットでも迷わず購入できました。簡易的な機械が入っているから想像していたよりも軽くて、使い心地は悪くありませんよ」。

NEXT PAGE /

オンラインで掘るヴィンテージフレーム

続いての登場は、黒縁メガネ。ヤフオク!で発見したという「アメリカン・オプティカル」の年代物だ。

ヴィンテージフレームをオンラインで掘り当てる

「鯖江などで作られている日本のブランドもいくつか試してみたんですが、今の既製品だとサイズがしっくりこなくて、どうしてもブリッジが大き過ぎるんです。そこで辿り着いたのが、ヴィンテージフレームでした」。

鈴木さん曰く、アメリカの大量生産が当時のアイウェアにもたらした恩恵は、豊富なサイズのバリエーションにあるという。

「昔のフレームは、レンズやブリッジの幅、テンプルの長さと、パーツごとに細かくサイズが設定されていて、この条件で数字を辿っていくと、僕の顔にもぴったり合うサイズがあることが分かったんです」。

とはいえ、現物はなかなか見つからないそうで、ヤフオク!などでまめにチェックするのが基本らしい。今では近いデザインのフレームを4~5本ほど所有。すべて、オンラインで手に入れたという。

NEXT PAGE /

探し続けているヴィンテージハット

「オンラインショッピングでいちばん熱心に探しているのがヴィンテージハット。素材はビーバー、あるいはラビットファーに限定しています。ときには3000円なんていう破格値で見つかったりもするんですよ」。

確かに、格安で購入できるのは魅力だが、ヴィンテージを見定めるうえでコンディションは無視できない。

「幸いなことに知り合いに帽子のデザイナーがいて、普通なら微妙だと思える状態でもリペアでなんとかしてもらえます。一体どんな風に仕上がるのか。完成後のイメージを膨らませながら探すのが楽しいですね。

リペアで仕上げたお気に入りのハットとは?

1950年代頃のステットソンのユーズドは、切れかかっていた糸を縫い直す程度の修理で済みました。クラウンの形は自分で調整するようにしています」。

そんなストーリーが宿るハットは目下ヘビロテ中! ちなみに素材はビーバーとラビットファーのブレンドになる。

「このハットは傘代わりにも最高ですよ。天然素材が持つ優れた機能は今の時代でも通用するものが多いから好きなんです。そんなことを言い訳に何個も買ってしまうから、本当に切りがない(笑)」。

この様子から察するに、鈴木さんのヴィンテージを巡るネットサーフィンの旅はまだまだ終わりそうにない。

 

「オンライン買い物天国」とは……
外出せずとも自宅でポチッと買い物。こんなときに? いや、こんなときだからこそ。オーシャンズな男たちがこの1カ月にネットで買った物と、最新のeコマ事情。
上に戻る

戸叶庸之=編集・文

# オンライン# 買い物
更に読み込む