偏愛スニーカー三番勝負 Vol.2
2020.05.15
FASHION

中学時代からナイキ信者な芸人、アキナ秋山賢太の偏愛スニーカー三番勝負

「偏愛スニーカー三番勝負」とは……

キングオブコント決勝の常連でもある人気お笑いコンビ「アキナ」の秋山賢太さん。その実力もさることながら、洗練されたファッションセンスもお笑い界随一と言われている。

そんな彼が挑む“偏愛スニーカー三番勝負”。存分にご覧あれ。

秋山賢太●アキナのツッコミを担当。日本最大級のファッションコーディネートサイト、wearではおしゃれ芸人としての一面も。ちなみにスニーカーはNIKE派。
秋山賢太●1983年6月24日生まれ。兵庫県出身。アキナのツッコミを担当。NHK上方漫才コンテストや新人お笑い大賞で優勝を果たすなど、その実力は折り紙付き。テレビや舞台で活躍するかたわら、日本最大級のファッションコーディネイト・サイト「WEAR」ではフォロワー数2万3000人を誇る(@akinaakiyama0624)お洒落芸人としての一面も。インスタグラム(@akiyama.0624)もチェック。

①先鋒 ナイキ「エア マックス 96 II」

ナイキの「エアマックス96 Ⅱ」

「エア マックス 95」は、’90年代のスニーカーブームを牽引した“顔”とも呼べる存在だ。しかし、秋山さんには、それに匹敵するほど思い出深いモデルがある。「エア マックス 96」だ。背景には、父との心温まるエピソードがあった。

「父に初めて買ってもらったスニーカーが『エア マックス 96』でした。確か、中学生のときだったと思います」。

当時、秋山少年は「スニーカーが欲しい!」と常々おねだりしていたが、なかなかその機会は訪れなかった。

しかしある日、父から「スニーカー、買いに行くか?」という思いがけない言葉が。胸を躍らせスニーカーショップへ向かうと、そこには神々しく輝く「エア マックス 96」が。ただ、高額ゆえに本心を言い出せず、いちばん安いスニーカーを手に取ったのだった。

そんな秋山少年の姿を見て、父は「嘘つくな、ほんまはこれが欲しいんやろ」と、「エア マックス 96」を買ってくれたのだという。

「その一件以来、ずっと僕はナイキファン(笑)。特にこのモデルは思い入れも強かったので、復刻したときには涙が出るほど嬉しかったですね」。

NEXT PAGE /

②中堅 ナイキ「エア マックス 1 ビーストパック」

ナイキの「エアマックス1 ビーストパック」

「エア マックス」の栄光の歴史は、このモデルから始まった。そう、’87年発売の「エア マックス 1」である。

以降「エア マックス ライト」「エア マックス 90」と後継モデルがリリースされていくわけだが、その歴史のなかでオリジンをベースに斬新なアレンジが加えられた作品もまた、エア マックス人気に拍車をかけた立役者だった。

特にサファリパックに続く毛皮シリーズ「ビーストパック」は、ファッションギークにもこよなく愛されたモデルとして知られる。

「もう、ひと目惚れでした」というビーストパックは、黒ベースにパンサー柄を配しながらファッショナブルに落とし込んだデザインが絶妙だ。秋山さんも、この名作っぷりをリアルに実感した出来事があったそうだ。

「これを履いて歩いていたときに、オシャレな女の子がいきなり僕のほうへ近づいてきて『その靴、2万円で売ってください』って言ってきたんです。あまりに唐突だったのでちょっと驚きましたね(笑)。もちろん、丁重にお断りしました」。

同時に、「強烈に人を惹きつける何かがこいつにはある」と感じずにはいられなかったとか。なるほど、’80年代以降の彩り豊かなスニーカーの中においても埋没しないその存在感、さすがである。

NEXT PAGE /

③大将 リーニン「エッセンス2 プラス」

リーニンの「エッセンス2 プラス」

前述したように、秋山さんはナイキ信者だ。そんな彼をも振り向かせたのが「リーニン」である。

2019年に日本発上陸を果たし、多くのスニーカー愛好家を虜にした中国のスポーツライフスタイル・ブランドで、今や世界の名だたるセレクトショップからのオーダーも絶えない注目の存在だ。

リーニンとの出合いは、実に唐突だった。

ルミネtheよしもとで舞台の出番を待っている間、周辺をぶらぶらしている最中に端なくもこのスニーカーを発見。その近未来的な姿に一瞬で恋に落ち、気付けば全力疾走で楽屋まで財布を取りに戻っていたという。

「財布を取りに行っている間に売り切れたらどうしようって、もう必死でした。あのときのダッシュが人生で最速だったと思います(笑)」。

その圧倒的ボリューム感と浮世離れたしたデザインは、トーンを揃えたミニマルなストリートスタイルのいいアシスト役になっている。
 

「スニーカーは、履くだけじゃなく、お酒のアテにもちょうどいい(笑)」と語ってくれた秋山さん。長年のスニーカー愛を聞く限り、それもまんざらオーバーではないのだろう。

※レイザーラモンRGさんやグッドウォーキン上田歩武さんも登場!記事は下のバナーから↓

「偏愛スニーカー三番勝負」の他の記事を見る

「偏愛スニーカー三番勝負」とは……
外に出られずとも眺めているだけでアガる、それがスニーカー。スニーカー愛に溺れた生粋のスニーカー好きたちが偏愛する一足を披露する、スニーカー三番勝負。上に戻る

菊地 亮=文

# ナイキ# アキナ秋山賢太# スニーカー# 芸人
更に読み込む