偏愛スニーカー三番勝負 Vol.1
2020.05.10
FASHION

グッドウォーキン上田歩武が愛してやまない偏愛スニーカー三番勝負

偏愛スニーカー三番勝負●外に出られずとも眺めるだけでもアガる、それがスニーカー。スニーカー愛に溺れた生粋のスニーカー好きたちが偏愛する一足を披露する、スニーカー三番勝負。

年を重ね、心も体も丸くなったことを実感する今日この頃。それでも変わらないことだってある。スニーカー愛とかね。

例えば常軌を逸した偏愛っぷりを披露し、世間を驚かせた「スニーカー芸人」たち。そのひとりであるグッドウォーキンの上田歩武さんは、ブレイクのキッカケ自体がスニーカーである。

「足を向けて寝られない」と語り、「ま、足は入れますけどね(笑)」とオチまでつけてくれたスニーカーフリークに、どこに出しても恥ずかしくない“勝負スニーカー”3足を聞いた。

上田歩武●グッドウォーキンのツッコミを担当。おしゃれ好きが高じて集めに集めたスニーカーが話題を呼び、「スニーカー大好き芸人」としてブレイク。
上田歩武●1980年11月12日生まれ。滋賀県出身。お笑いコンビ、グッドウォーキンのツッコミ担当。おしゃれ好きが高じて集めに集めたスニーカーが話題を呼び、「スニーカー芸人」としてブレイク。刺繍も得意とし、今は自身の刺繍をあしらったキャッブブランド「goodwalkin」も好評。インスタグラム(@uedaayumu)もチェック。

①先鋒 ナイキ「ダンク ハイカット」

上田さんがまず手に取ったのは“バッシュ”ブームの火付け役。白ベースが主流だった’80年代中頃に、カレッジカラーをまとったその姿はやけに鮮烈だった。

一度は販売終了を迎えるも、コレクターたちの熱烈な支持を受けて復刻。スケートモデルまで発表され、一世を風靡したことは説明するまでもない。

ナイキのダンクHi

この鮮やかな配色が印象的なこの一足は、「古着屋さんに格安で並んでいたところを発見して購入した」という発掘品だ。

しかも、「ヴィンテージ風にしたくて自分でシューレースを染めました」というから愛着もひとしお。自分流に育て上げれば自然と愛着も湧く。それはデニムや革物でも実証されてきた常識だ。

なるほど、履き古し、くすんできたイエローとネイビーも徐々にシューレースと馴染み、なんとも味わい深い雰囲気だ。

NEXT PAGE /

②中堅 ニューバランス「1300CL」

ニューバランスの1300CL

所有するスニーカーはゆうに150足オーバー。「ベーシックが好み」だというその趣味どおり、定番やシンプルなモデルが多くを締める。それだけに、ニューバランスの名品番「1300」を「手に入れたのは生まれて初めて」とは少し意外だ。

言わずと知れた傑作。極上の履き心地から“スニーカー界のロールスロイス”と呼ばれ、ラルフ・ローレンが「まるで雲の上を歩いているようだ」と絶賛するなど、逸話も絶えない。

なかでも上田さんが愛してやまないのは、「1300“CL”」。日本企画の「1300“JP”」とは異なり、アメリカ国内で復刻し、オリジンを忠実に再現したモデル。ちなみに今年は「1300」が誕生して35周年の節目である。

「長く大事に履こうと思います」との言葉に愛情の深さがうかがえる。

NEXT PAGE /

③大将 アディダス「スーパースター」

アディダスのスーパースター

若かりし頃の記憶から手を伸ばすこともそう珍しいことではない。それは、スニーカーブームど真ん中を歩んできたオーシャンズ世代ならよ〜く分かるはずだ。

この一足も過去の思い出に背中を押されてゲットしたものだ。白ベースに黒のスリーストライプがベーシックだが、上田さんが選んだのは逆パターン。「高校時代によく履いていましたが、改めて見てもやっぱりいいですね」とニンマリ。

RUN DMCの影響からHIPHOPとの結びつきを強めたスーパースターは、’80年代、個性を主張するために平らなファットシューレースが流行。上田さんもシューレースをセルフでファット仕様に変更し、カルチャー感をプラスした。
 

’90年代のストリート全盛時代を駆け抜けてきたグッドウォーキン上田さん。バッシュ熱、ヴィンテージ、ローテクと、当時の世相を表現したようなこの3足。オーシャンズ世代の多くが「わかる!」と共感するラインナップだろう。

※レイザーラモンRGさんやカミナリのマナブさんも登場!記事は下のバナーから↓

「偏愛スニーカー三番勝負」の他の記事を見る

菊地 亮=文

# アディダス# ナイキ# ニューバランス# グッドウォーキン上田# スニーカー# 芸人
更に読み込む