2020.05.09
FASHION

ニューバランスの高機能セットアップで在宅ワークも「無敵です」

「在宅ワークスタイル・パパラッチ」とは…… 

さまざまな企業のPR業務を担うアウンPRは今、営業時間の短縮や在宅ワークを取り入れながら活動している。今回の主役・高畑 誠さんも会社と自宅のデスクを主な仕事場としていて、日々、メールや電話の対応、場合によってはオンラインで打ち合わせを行っているという。

そんな彼の在宅ワークスタイルは……

高畑 誠さん●国内外のファッションブランドやスポーツメーカー、スイーツまで取り扱うアウンPRのプレス チーフ。一児の父。

かっちり見えてゆったりした着心地のセットアップがユニフォーム

高畑さんの在宅ワーク服は、もっぱらニューバランスのアパレルコレクション「ウエスト トゥ トウ(WAIST TO TOE)」のパンツと、「インコンプリート(INCOMPLETE)」のジャケットだ。

家のなかでもジャケットは脱がずにセットアップスタイルで仕事をすることが多いとのこと。
家のなかでも気持ちを引き締めるために、ジャケットは脱がずにセットアップスタイルで仕事をすることが多い。「このジャケットとパンツは、スウェットの上下と同じくらい快適なんですよ、本当に!」。インナーはTシャツ1枚が基本だ。ジャケット2万1000円、パンツ1万2900円/ともにニューバランス 0120-85-0997 shop.newbalance.jp

そもそもは、「ニューバランスのスニーカーを、最も美しく見せるパンツ」というテーマで、2019年に登場したのがWAIST TO TOE(=腰からつま先)コレクション。

シルエットもスキニーからワイドまで5パターン揃っているストレッチ素材のパンツは、快適すぎるはき心地が話題となった。それに合わせるトップスコレクションとして、今年登場したのがインコンプリートだ。

「ネイビーのパンツと同色同生地のジャケットが発売されたので、すぐ手に入れました。機能素材のソロテックスを使っているので伸縮性が抜群ですし、着心地は部屋着感覚なのにちゃんと上品に見えるので、とっさに外出するときも便利です」。

ジャケットは背抜きで、撥水性のあるさらりとした肌触りだから、Tシャツの上に羽織って心地いい。
ジャケットは背抜きで、撥水性のあるさらりとした肌触り。360度ストレッチ素材のため、家で長時間座って作業してもノンストレスだ。袖口は便利なスナップボタンを装備。2万1000円/ニューバランス 0120-85-0997 shop.newbalance.jp
高畑さんが愛用しているのはワイドシルエット。「あえて大きめのLサイズを選んでゆったりはいています」。
高畑さんが愛用しているのはワイドシルエット。「あえて大きめのXLサイズを選んでゆったりはいています」。ウエストはドローコード付き。ボリュームのあるシューズが合わせやすい絶妙な丈感が特徴。1万2900円/ニューバランス 0120-85-0997 shop.newbalance.jp
NEXT PAGE /

在宅ワークに欠かせない洋服以外のマストアイテム

ほかにも在宅ワークスタイルで、高畑さんが欠かせないものがある。それが部屋履きにしているサンダルとマグカップだ。

「家がフローリングで、ラグなども敷いていないので、快適なルーム用サンダルにはこだわっています。あと、仕事のときには、必ずコーヒーを飲みますが、マグカップは、持ったときに手に馴染む陶磁器がほっとするので好きです」。

レディスのリメイクブランドが発売したアフタースポーツ用サンダル。
レディスのリメイクブランド「77circa」が発売したアフタースポーツ用サンダル。「つま先部分のくぼみのフィットが自分好みで気に入っています」。ストラップの大きなロゴがアクセント。5000円/77サーカ http://77circa.com/
長崎で古くから伝わる波佐見焼きの技法で仕上げたマグ。
長崎で古くから伝わる波佐見焼きの技法で作られた仕上げたブロックマグ。「持ったときにしっくりくる曲線と伝統ある陶磁器ならではの深みのある発色がいいです」。1800円/ハサミ www.hasamiyaki.jp
オンラインで、やりとりする場合は、こんな見え方に。「ネイビージャケットは、1着あれば重宝しますが、ストレッチ素材ならもう無敵です」。

着心地のいい服とお気に入りの小物。そのおかげで、高畑さんの在宅ワークはかなり快適なようだ。「自宅で仕事をするからこそ、だらけないための洋服や小物選びが鉄則かもしれません。そうすれば、集中力が増しますよ」。

 

[問い合わせ]
ニューバランス ジャパンお客様相談室
0120-85-0097(現在は月・木曜の営業)

在宅ワークスタイル・パパラッチ
在宅勤務にスーツは不要。だけど、ずっと部屋着ってワケにもいかない。程よくキマっていて、程よくリラックスしている、そんな仕事着で働く業界人をパパラッチ。上に戻る

長谷川茂雄=取材・文

# ニューバランス# アウンPR# パパラッチ# 在宅ワークスタイル
更に読み込む