2020.05.04
FASHION

シップスPRの在宅ワーク服をパパラッチ。仕事着が100%スーツだった彼の今

「在宅ワークスタイル・パパラッチ」とは?

気になるファッション業界人の在宅ワークスタイル。2人目はシップスのプレス、河野建徳さん。ドレス部門を担当し、普段の仕事着は100%スーツだけに、「毎日カジュアルな格好でいる今が新鮮です」とのこと。

さて、そのスタイルは……。

河野建徳さん●シップスでドレス部門のPRを担当。仕事柄、普段の仕事着はスーツスタイル。在宅ワーク中はカジュアルダウンするものの、襟付きのトップスをチョイスするなど、最低限のマイルールは遵守。

こだわりは「心地良い素材」を着ること

緊急事態宣言に合わせて、全社を挙げて特別有休中のシップス。とはいえ、河野さんは「家でついついパソコンを開いては仕事してしまう」という。

普段は、ドレス部門担当だけにスーツと革靴が基本。「いつも基本的にスーツを着ていますし、スニーカーを履くのは年末の大掃除ぐらい」。

そんな河野さんも在宅ワークのときはさすがにネクタイはしない。ただ、仕事モードに切り替えるためにも、シャツを必ず着用するよう心がけていると言う。

「今日着ているのは、なかでもいちばんリラックスできる、オープンカラーが特徴的なニットシャツですね」。

スーツを脱いでも“ラフすぎない” のが、河野さんの信条。ただ、家で仕事するときは、「心地良い素材」であることを意識するという。

「例えばオープンカラーのシャツや、中に着たTシャツはニットだったり、パンツはリネンだったり。家にいるんですから、たとえ仕事中でも適度なリラックス感はほしいですね」。

オープンカラーシャツとインナーのカットソーはともにニット仕様。加えて、“家着”でも色数を使わないのが流儀。
在宅ワーク時でも、いつもの細身シルエットは崩さない河野さん。それだけに素材感にはこだわっている。開襟シャツとインナーのTシャツはともにニット仕様。加えて“家着”でも色数を使わないのが流儀。シャツ2万8000円/ノミアモ、Tシャツ2万4500円/ドルモア、パンツ3万9000円/ベルナール ザンス、スニーカー1万7200円/ピエーヴェ(すべてシップス銀座店 03-3564-5547)
NEXT PAGE /

在宅ワークでもスタイルは崩さない、その秘訣

今は気分転換で、人気のない時間帯と場所を選んで散歩をするときもある。

「そのときはスニーカーを履きますが、シンプルでシャープなラストのモデルを選んでいます。普段スーツに革靴のせいか、服も靴もフィットしていないと落ち着かなくて(笑)」 。

イタリア発ファクトリーブランドのニットシャツは、ラフに着ても「エレガントに見える」。パンツは、フレンチアイビーを体現するベルナール ザンスの新作。
イタリア発ファクトリーブランドのニットシャツは、ラフに着ても「エレガントに見える」ため重宝している。パンツは、シップスでは定番のフランスのパンツブランド、ベルナール ザンスの新作。「リネンシルクでドローコード付き。最高です」。
真っ白なスニーカーは、某フレンチブランドのポルトガル工場で生産しているシップスのエクスクルーシブ。
真っ白なスニーカーは、某フレンチブランドのスニーカーを手掛けるポルトガル工場で生産しているシップスのオリジナルブランド。「僕は家の近所で履いていますが、ビジネスでも使えるほど品がありますよ」。
パソコンを通して同僚と意見交換することもしばしば。「スーツを着ていない姿が珍しいと、よく突っ込まれます(笑)」。

在宅ワークでも、ドレス担当として品はしっかり保つ河野さん。モニター越しにはわからずとも、素材選びでリラックスを楽しむというテクニックは、ぜひとも参考にしたい。

 

[問い合わせ]
シップス銀座店
03-3564-5547

在宅ワークスタイル・パパラッチ
在宅勤務にスーツは不要。だけど、ずっと部屋着ってワケにもいかない。程よくキマっていて、程よくリラックスしている、そんな仕事着で働く業界人をパパラッチ。上に戻る

長谷川茂雄=取材・文

# シップス# パパラッチ# リモートワーク
更に読み込む
一覧を見る