センスがいい男たちと考察! 「大人カジュアル」ガイドブック Vol.30
2020.03.15
FASHION

街でもアウトドアでもデニムがあれば大丈夫。その証拠を見せましょう

若い時分から、タフで汎用性のあるデニムに親しんできた我々は、街ではもちろんアウトドアフィールドでもコレ一本で楽しめる。

成熟した付き合いができる今ならこんな感じで、というスタイルサンプルを!

 

街では、センス良くドレスアップ

そろそろ気分なダブルブレストで定番「ジャケット×デニム」を大人仕様に

「A ┃ Xアルマーニ エクスチェンジ」のデニム
デニム2万2800円/A | Xアルマーニ エクスチェンジ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070)、ジャケット16万円/カルーゾ、靴4万8000円/ソロヴィエール(ともにトゥモローランド 0120-983-522)、シャツ3万6000円/エキップモン(サザビーリーグ 03-5412-1937)

「A | Xアルマーニ エクスチェンジ」のデニム
腰から腿にかけてはゆとりを設け、裾にかけて細くなるテーパードシルエット。クラッシュ加工も控えめなので、ワイルドになりすぎないのもうれしいところ。ストレッチが利いてはきやすい。

Point
・白シャツだとお利口に見えすぎるので、ダークなシャツでさりげなく色気を。
・ジャケットはダメージデニムに品を授ける名門作。シングルも悪くないが今の気分はダブル。
・エスパドリーユの抜け感で「ジャケット合わせ」のカタさを払拭する。

 

カジュアルなトップスも「デニムスラックス」で端正に

「ディースクエアード」のデニム
デニム4万9000円、カットソー4万6000円、サンダル19万1000円/すべてディースクエアード(ディースクエアード 東京 03-3573-5731)

「ディースクエアード」のデニム
ハリのあるリジッドデニムを、ツータック&縦ポケ、クリースなどスラックスのように仕立てたエレガントなパンツ。フロントもボタンフライの本格派。よく見ると裾から黒い別布が覗くという遊びも。

Point
・シンプルなロンTのように見えて、実は袖がシャツ仕様でモード感も携える。
・チラリと見える肌が抜け感を演出するグルカサンダル。ハズしとして文句なし。

 

野性味溢れる加工デニムを「タイドアップ」で年相応に

「ヒステリックグラマー」のデニム
デニム2万9800円/ヒステリックグラマー 03-3478-8471、シャツ1万5000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)、タイ1万4000円/ニッキー(ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180)、靴10万円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691)、メガネ3万2000円/オリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン 0120-990-307)、手に持ったジャケット7万円/フリーマンズ スポーティング クラブ(フリーマンズ スポーティング クラブ ギンザ シックス 03-6263-9924)

「ヒステリックグラマー」のデニム
美しいラインを描くスリムストレートのデニム。タテ・ヨコともにムラのない糸を使って、淡色に染めることで、長年はき続けたようなリアルな表情にエイジング加工を施した一本だ。

Point
・クラッシュドデニムには、タイドアップしたシャツで清潔感と誠実さを加える。
・足元には革靴を。ただ、カタくなりすぎないよう素足にローファーで軽やかに。

NEXT PAGE /

週末はアクティブに、アウトドアスタイル

動けてベルトも主張するアウトドア顔で「キャンプ」な佇まい

「グラミチ」のデニム
デニム1万1800円/グラミチ(インス 0120-90-0736)、ジャケット2万7000円/アークテリクス(アークテリクス/アメア スポーツ ジャパン 03-6631-0833)、ニット6万7000円/ストーンアイランド 03-6271-4654、ブーツ1万6500円/サロモン(サロモン/アメア スポーツ ジャパン 03-6631-0837)、キャップ9000円/ホワイトマウンテニアリング 03-6416-5381、バッグ2万3000円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン 0120-307-560)

「グラミチ」のデニム
定番の10オンスストレッチデニムに、新色のブラックデニムが登場。細身テーパードシルエットながら、ストレッチ素材を使用し、股の可動域を確保するガゼットクロッチを設けて快適。

Point
・まだまだ寒さが残るからインナーにはニットを。デニムが黒なら色を挿したい。
・春先のアウトドアには、突然の雨を凌げる機能派アウターこそが頼もしい。
・好みを主張できる重要スポットの足元もアウトドアで。色みは都会的に。

 

黒いアクティブデニムで新潮流の「釣り」ウェアを攻略

「デウス エクス マキナ」のデニム
デニム1万4000円/デウス エクス マキナ(ジャック・オブ・オール・トレーズ 03-3401-5001)、シャツ1万5000円、手に持ったベスト2万4000円/ともにダイワ(エイチ ビューティ&ユース 03-6438-5230)、サンダル7800円/テバ(デッカーズジャパン 0120-710-844)、サングラス2万900円/オークリー(ルックスオティカジャパン 0120-009-146)

「デウス エクス マキナ」のデニム
装いにシックさを授ける黒デニムは、スリムテーパードの「ランダー スリム」。アクティブスポーツが背景にあるブランドらしく、ポリエステル混のストレッチタイプに。釣りやバイクなども楽々。

Point
・釣りに必要な機能を備えたポケット多めのシャツで、旬と実用性を一荷釣り。
・気負いなく水に入れるストラップサンダルは、街でも映えるのでマストハブ。

 

音を感じるデニムスタイルで今年は「フェス」でも行こうか。

「アー・ペー・セー」のデニム
デニム2万9000円/A.P.C. 0120-500-990、コート11万8000円/ホワイトマウンテニアリング、バッグ2万5000円/ホワイトマウンテニアリング × ポーター(ともにホワイトマウンテニアリング 03-6416-5381)、Tシャツ1万1000円/ワコマリア × レイジ アゲインスト ザ マシーン(パラダイス トウキョウ 03-5708-5277)、ブーツ2万4000円/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン 0120-710-844)、キャップ6800円/スノーピーク 0120-010-660 © 2020 RATM

「アー・ペー・セー」のデニム
ときに音楽シーンにも目を向けるフレンチブランド作。「プチニュースタンダード」は、タイトめで膝下がテーパードしていながら、股上がやや深めではきやすい。ストレッチも利いている。

Point
・ゲリラ豪雨に備えテック素材のフーデッドを。街でも使えるシックな色で参戦。
・耐水性に優れて軽い。重要なのは機能だが、着こなしにマッチするのも大切。
・軽く機能性の高いホカ オネオネなら、疲れ知らずでトリまで元気にいける。

 

清水健吾=写真 葛西信博=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 谷中龍太郎、黒澤卓也=文

# アー・ペー・セー# グラミチ# ヒステリックグラマー# アウトドア# デニム
更に読み込む