センスがいい男たちと考察! 「大人カジュアル」ガイドブック Vol.2
2020.03.03
FASHION

大人カジュアルの大定番・アメカジの予習&復習は、この3アイテムから

オーシャンズ世代にとってアメカジは、青春時代の象徴であり、今も休日の頼もしい相棒だ。定番アイテムの魅力を復習しつつ、あの頃とはひと味違うアメカジの着こなし方を学んでみよう!

まずは、デニムジャケット、軍パン、ネルシャツのコーディネイト。

 

デニムジャケットはスラックスが正解

デニムジャケットはタック入りのスラックスでキレイめにこなしてみる

デニムを上下セットアップで着るのは、キマれば最高にカッコいいけれど、体型が怪しくなってきた中年世代にはちとキツい。なので、大人っぽくキレイめにまとめるには、タック入りのスラックスが正解。足元はローテクなスニーカーだと調子良くまとまる。

デニムジャケット3万5000円/リーバイス ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)、スウェット1万4000円/ヴォート メイク ニュークローズ(ヘムト PR 03-6721-0882)、パンツ3万4000円/マーカウェア(パーキング 03-6412-8217)、スニーカー9000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ 0120-6453-77)

思えばずいぶん長い付き合いになったものだ。妻ではなく、デニムジャケットの話である。1980年代後半の渋カジ流行時にはリーバイスに初めて袖を通し、渋谷系が流行したらA.P.C.でヨーロッパのフィルターを通したデニムジャケットの魅力を知った。

’90年代中盤のヴィンテージブームのときは、レア物の発掘に夢中になり、世界に先駆けて古着に大枚をはたいてきた。オーシャンズ世代にとってデニムジャケットは、その前の世代の紺ブレと同様に、ワードローブの核であり続けているのだ。

デニムを上下セットアップで着るのは、キマれば最高にカッコいいけれど、体型が怪しくなってきた中年世代にはちとキツい。
デニムジャケットはタック入りのスラックスでキレイめにこなしてみる

しかし、着こなしは一変した。’80〜’90年代のデニムジャケットの着方は、小さめのサイズをピタピタで着るのが鉄則。だが、体も懐もぶ厚くなった今は、ゆったりしたサイズ感で着るのが正解。無理に大きいサイズを選ばなくても、ここ数年のオーバーサイズ流行りのおかげで、どのブランドも身幅たっぷりでドロップショルダーのものが主流だ。

ヴィンテージも、’90年代では見向きもされなかった44以上のビッグサイズが世界的に高騰しているらしい。合わせるパンツは少し太めのスラックスが気分。ヌケ感のある大人っぽい雰囲気に仕上がりますよ。

NEXT PAGE /

決まり!軍パン+ニット+ワークブーツ

ニット1枚で嫌みなく仕上がる軍パン+ワークブーツのお決まりの下半身コーディネイト

最近はヨーロッパ専門のミリタリーショップも増えたけれど、やっぱりオーシャンズ世代的にはアメリカ軍のものに惹かれる!リップストップコットンの「プロパー」のカーゴパンツは、’70〜’90年代のアメリカ軍が採用していたタイプ。1万円でお釣りがくる買いやすい価格も最高だ。

パンツ8500円/プロパー(プロップスストア 03-3796-0960)、ニット3万4000円/オーラリー 03-6427-7141、Tシャツ1万4000円/08サーカス(08ブック 03-5329-0801)、ブーツ3万7900円/レッド・ウィング(レッド・ウィング・ジャパン 03-5791-3280)、サングラス3万4000円/モスコット(モスコット トウキョウ 03-6434-1070)

セレクトショップという呼び名がなかった’80年代後半、アメリカを中心とした世界中の銘品を扱っていたインポートショップのカリスマ店員の定番のボトムスは、軍払い下げのカーゴパンツだった。

渋カジより一世代上の先輩たちは、そうしたミルスペックの“本物”に、オールデンのローファーを合わせたり、あえて紺ブレでタイドアップしたりして、ミスマッチ感のあるコーディネイトを楽しんでいた。今見ても本当に格好いいスタイルだったと思う。

最近はヨーロッパ専門のミリタリーショップも増えたけれど、やっぱりオーシャンズ世代的にはアメリカ軍のものに惹かれる!
ニット1枚で嫌みなく仕上がる軍パン+ワークブーツのお決まりの下半身コーディネイト

その一方で、僕らが軍モノのカーゴパンツの魅力に目覚めた’90年代は、カジュアルにまとめるのが主流だった。合わせる靴はレッド・ウィングのアイリッシュセッター一択。当時の流行を牽引した藤原ヒロシさんも最近また履いているみたいだし、実際に街角でも着用者は増加中

というわけで、’80年代と’90年代の軍パンのはき方をハイブリッドさせたスタイルがこちら。素材に定評のあるオーラリーのニットをTシャツの上に重ね着して、パンツはミルスペックの本物の軍パン。そして足元はもちろんアイリッシュセッターで。上質なアイテムをひとつ取り入れるだけで、こんなにも大人っぽくなるのだ。

NEXT PAGE /

現代仕様で懐かしくも新しいネルシャツ

たっぷりとしたサイズ感。巧みにアレンジされた現代仕様で懐かしくも新しいネルシャツ

アメリカの大手デパートのストアブランドとして誕生したビッグマック。このアメカジの定番を、現代的なサイズ感とモダンなマキシムチェックで編集したのが、ビューティ&ユース。コットン×レーヨンの素材は、肌触りが抜群で、独特のドレープ感も楽しめる。

シャツ1万4000円/ビッグマック × ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)、Tシャツ6500円/マーク・ゴンザレス(オージー ストア 03-6456-4422)、デニム2万8000円/リーバイス ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)、スニーカー1万2000円/ヴァンズ(ビリーズ エンター 渋谷店 03-5466-2432)

僕たちはビッグマックが大好きだ。マクドナルドのそれも、ネルシャツのそれも。渋カジが大流行した当時、ビッグマックのネルシャツやシャンブレーシャツは、高校生のお小遣いでも無理なく買える価格で、アメカジの入門編的存在だった。

何度洗ってもビクともしないタフな作りと、アメリカの大地にハグされているようなコットンの柔らかい肌触り、チェック柄のバリエーションの豊富さに夢中になった人も多いと思う。さらっと羽織れるし、思いのほか暖かいから、サーファーにも愛用者が多かった。最近ではヴィンテージの価格が上昇しているというから面白い。

アメリカの大手デパートのストアブランドとして誕生したビッグマック。このアメカジの定番を、現代的なサイズ感とモダンなマキシムチェックで編集したのが、ビューティ&ユース。
たっぷりとしたサイズ感。巧みにアレンジされた現代仕様で懐かしくも新しいネルシャツ

このマキシムチェックのネルシャツは、ビューティ&ユースの別注品。ドロップショルダー&オーバーサイズで、チェックのピッチは最大限に大きく、開閉しやすいスナップボタンを採用している。あの頃のおおらかなアメカジの雰囲気を、現代のシルエットに改良した“ネオ・ビッグマック”なのだ。

こいつの着こなし方は、白T×デニムスタイルで、あえてのどベーシックなアメカジがいい。このビッグマックを羽織るだけで抜群に今っぽく変身するから。足元は軽快にスニーカーを合わせ、少しロールアップなんかするとよりセンス良し。

 

谷田政史(CaNN)=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介、松平浩市=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 増田海治郎、髙村将司、いくら直幸、増山直樹、菊地 亮=文 長谷川茂雄、今野 壘、大関祐詞=編集・文

# アメカジ# デニムジャケット# ネルシャツ# 軍パン
更に読み込む