みんなの“欲しいモノ”を徹底特集! 「2020年、これ始めます」カタログ Vol.54
2020.02.19
FASHION

まだ変えてない人急げ! オーシャンズ大推薦のワイドテーパードデニム6選

え!? デニムのシルエットまだ変えてない?

昨年からオーシャンズが提案するデニムのニューシルエット「ワイドテーパード」。何度も言いますが、見た目も気分も大きく変わること間違いなしなので、今年も改めて大推薦。

 

「リーバイス」

今すぐトライしたいワイドテーパードデニム/リーバイス
1万2000円/リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501

5ポケットをベースとしながら、白ステッチによる縫製や右脇のツールポケットなど、ワークパンツのディテールを取り入れたハイブリッドな「562」。リラックスフィットの腰回り&太腿から、裾へと向かってカーブを描くように細くなる丸みのあるシルエットが特徴だ。

 

「アトリエ ベトン」

今すぐトライしたいワイドテーパードデニム/アトリエ ベトン
1万7000円/スタジオ ファブワーク 03-6438-9575

自宅での着用をコンセプトに、リラックス感&実用性を兼ね備えたデイリーウェアを提案している国内ブランド。製品染めによるブラックの1本は、大きく開脚してもパンツが突っ張りにくい股下のマチ、右サイドのハンマーループなど、日常に役立つ気の利いた作り込みが潜む。

 

「リー フォー アダム エ ロペ」

今すぐトライしたいワイドテーパードデニム/リー フォー アダム エ ロペ
1万1000円/アダム エ ロペ 0120-298-133

軽快な足元を演出するアンクル丈の別注モデルは、テーパードが控えめでバギーパンツに近いシルエット。ソフトな生地とも相まって、実にコンフォータブルなはき心地を提供してくれる。ヒップポケットが左右に寄ったバックスタイル、このリー特有のバランスが大好きな人は多かろう。

NEXT PAGE /

「クロ」

今すぐトライしたいワイドテーパードデニム/クロ
2万3000円/クロ ギンザ 03-6274-6257

レディスデニムの発想で製作された、どこか柔和なムードが漂うユニセックスモデルの「アンダース」。一方、セルビッジ生地をはじめ、腰帯に重なるコインポケット、隠しリベットなど、随所に盛り込まれたヴィンテージ的な要素が男好み。アイスブルーの涼しげな色落ちも迎える季節に最適。

 

「スタジオ ニコルソン」

今すぐトライしたいワイドテーパードデニム/スタジオ ニコルソン
4万5000円/キーロ 03-3710-9696

女性デザイナーが生み出すクリーン&ミニマルなスタイルを打ち出し、男女ともに支持されているUKブランド。シンプルな中にデザイン性の高い凝ったディテールが利いており、セルビッジデニムを用いながらもオーセンティックなそれとは異なる品の良いヨーロピアンテイストを楽しめる。

 

「トムウッド」

今すぐトライしたいワイドテーパードデニム/トムウッド
3万2000円/ステディ スタディ 03-5469-7110

たっぷり余裕のある腰回り&太腿に対し、膝下から一気に細くなる「キャロット」は、青春時代のスケーターデニムを想起。ただし当時のようなズルズルではなく、ほんの少し腰ばきくらいが大人。改めて新鮮な1980〜’90sの古着ライクな表情で、手持ちのアメカジ服との相性も抜群。

 

清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング 髙村将司=文

# アダム エ ロペ# クロ# リー# リーバイス# デニム# ワイドテーパード
更に読み込む