みんなの“欲しいモノ”を徹底特集! 「2020年、これ始めます」カタログ Vol.49
2020.02.17
FASHION

ユニクロや無印良品などの定番品をわずかな工夫で今っぽく

気負わず、気取らず愛用できるフレンドリーブランドの魅力は誰もが知っているはず。とはいえ、見慣れた定番品を今っぽく着こなすのは意外と難しい。

でも大丈夫。わずかな工夫で、抜群に格好良く見えるから今年はもっと深い関係に。

 

パンツのフワリとした曲線を活かすプレーンな装い
「ユニクロ ユー」のパンツ

パンツのフワリとした曲線を活かすプレーンな装い/ユニクロ
パンツ3990円[2月下旬発売予定]/ユニクロ 0120-170-296、ニット1万9000円/MHL(アングローバル 03-5467-7874)、Tシャツ1万5000円/ジョン エリオット(サザビーリーグ 03-5412-1937)、靴2万3000円/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン 03-5411-3055)

ユニクロがフランスを代表するデザイナー、クリストフ・ルメールと協業し、2016年にローンチしたライン、ユニクロ ユー。こちらのイージーパンツは両者の良さを存分に堪能できる1本だ。

「ユニクロ ユー」のパンツ

動きやすいテック系のストレッチ素材を採用しつつ、適度にテーパードしたシルエットとセンタープリーツの効果で、どこか上品な雰囲気が漂う。トップスは奇をてらわず、ジャストサイズの同色系ニットを合わせ、大人の落ち着きを漂わせるのが正解。

 

ワンサイズ大きいパーカを選ぶ、狙うは“わかってる感”
「ギルダン」のパーカ

ワンサイズ大きいパーカを選ぶ、狙うは“わかってる感”/ギルダン
パーカ3200円/ギルダン(ジャヌー・ツー 03-3797-4435)、Tシャツ6500円/マーク・ゴンザレス(オージー ストア 03-6456-4422)、デニム1万9000円/アンルート(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店 03-6212-1500)、スニーカー2万3000円/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン 0120-710-844)、サングラス4万9000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285)

ヘビーデューティに耐えうる高品質なカジュアルウェアで定評のあるギルダンは、アメカジ好きにとっては馴染みの深いブランドだ。Tシャツと並ぶ看板アイテムが、アメリカ産コットンを使用した8オンスのスウェットパーカ。

「ギルダン」のパーカ

通年で着用できる程良い厚さに加えて、裏起毛でベーシックな作りはまさに王道。1〜2サイズアップで選び、肩を落として今っぽく着こなしたい。ボトムスはやっぱりデニムが最適解。さらに色使いでメリハリをつければ、パーカのシルエットがより際立つ。

NEXT PAGE /

第4ボタンまで開けて大胆なレイヤードスタイルに
「無印良品」のシャツ

第4ボタンまで開けて大胆なレイヤードスタイルに/無印良品
シャツ2719円/無印良品 銀座 03-3538-1311、Tシャツ8800円/スローン 03-6421-2603、パンツ4万2000円/サイ(マスターピースショールーム 03-5414-3531)、スニーカー3万4000円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)、サングラス4万円/アヤメ 03-6455-1103

今や世界的なライフスタイルブランドへと成長した無印良品。無論アパレルの出来も申し分なく、ブランドコンセプトに忠実なシンプルデザインを数多く展開し、使い勝手が良いのも特徴だ。

「無印良品」のシャツ

定番のボタンダウンシャツも“アメトラおじさん”にならないよう、いつもよりサイズアップし、カーディガンを羽織るような感覚で大胆にボタンを開けて着れば、春らしさとこなれ感の同居するフレッシュなスタイルに早変わり。ラフになりすぎないように裾はタックインで。

 

浅めのロールアップを効かせたモードなスタイル
「ギャップ」のデニム

浅めのロールアップを効かせたモードなスタイル/ギャップ
デニム1万3546円[一部店舗限定販売]/ギャップフラッグシップ銀座 03-5524-8777、ジャケット6万8000円/オーラリー 03-6427-7141、Tシャツ2万6000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)、靴12万円/パラブーツ(パラブーツ青山店 03-5766-6688)

ギャップは生産から小売りまで一括して行う元祖SPA型アパレルとして、日本でもアメカジの大衆化に大きく貢献したブランドだ。このリジッドのストレートデニムは日本品質誇るカイハラ社の採用。

「ギャップ」のデニム

ジャストサイズではなく、あえてインチアップし、裾は浅めにロールアップしてはくのが今の気分だ。ジャケットもオーバーサイズかつダブルブレストで少し冒険すれば、定番のジャケット×デニムスタイルもご覧のとおり、旬な装いに。

 

清水健吾=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介=スタイリング 松本和也(W)=ヘアメイク 大関祐詞=文

# ギャップ# ユニクロ# 無印良品# シャツ# デニム# パーカ# パンツ
更に読み込む