みんなの“欲しいモノ”を徹底特集! 「2020年、これ始めます」カタログ Vol.15
2020.02.04
FASHION

地球目線で選ぶ。大人向けなサステイナブルなトップス&ボトムス

自由でこそのファッション。でも、自由とは責任の裏返し。そこに折り合いをつけることは、社会で生きるうえで絶対に必要だ。その懸け橋となるサステイナブルな服、あらためて今年こそ。

「イコーランド」のTシャツ

「イコーランド」のTシャツ
各8800円/PR01.トーキョー 03-5774-1408

綿花栽培者やデザイナーの名前までタグに掲載し、“信頼できる服作り”を提唱するジャパンブランドより。コールドプレスジュースの搾り果実や流通から漏れた食材、草木などを染料に使った「ボタニカル・ダイ」により、植物成分すべてを繊維に付着。絶妙なニュアンスカラーを表現した。これぞまさに、優しく自然な色合いだ。

 

「ジースター ロゥ」のニット

「ジースター ロゥ」のニット
1万3000円/ジースター インターナショナル 03-6890-5620

小気味良くボーダーを配したブランドの定番人気ニット。マザリンブルー、アーミーグリーンと呼ばれる繊細な2色は、今季のメインカラーでもある。使い勝手のいいニットは、毎日着たくなるもの。ゆえに今作は、100%オーガニックコットン製。自宅で洗濯できるから、気兼ねなく着られる。

 

「ヌーディージーンズ」のパンツ

「ヌーディージーンズ」のパンツ
1万9000円/ヌーディージーンズ ラフォーレ原宿店 03-5772-0770

リペアの“生涯無料”を謳うデニムに代表されるように、エコなスタンスを貫くブランド。こちらのチノパンも同様に、オーガニックコットンを使って環境面を考慮した。センタープレスの入ったゆったりめのシルエット。程良い光沢もまた、大人にちょうどいいんだ。

 

「ウォーン エンバイロメント ミー」のパーカ

「ウォーン エンバイロメント ミー」のパーカ
1万9000円/伊部 byハンドイントゥリーPR 03-5775-7813

「WORN ENVIRONMENT ME」、直訳すれば「環境を着る」。ダイレクトなブランド名を冠するこちらは、特に海洋保全に軸足を置いてモノ作りを追求する。清潔感のあるブルーが印象的なフーディも、再生ナイロン&再生ポリエステルに伸縮素材を掛け合わせ、主な原料は不法投棄された漁網なのだから恐れ入る。さらに、海岸環境の保護を目的とする組織、サーフライダー・ファウンデーションに売り上げの5%が寄付されるのだ。

NEXT PAGE /

「フリークス ストア」のシャツ

「フリークス ストア」のシャツ
7900円/フリークス ストア渋谷 03-6415-7728

デニム生地からボタン、リベット、スレーキにいたるまで、すべてをリサイクル素材で作り上げたエコすぎるシャツ。デニム大国トルコのKAL社と共同開発した生産背景も特筆で、自社工場での自家発電を使用し、水の使用量を90%も軽減した。ゆったり着られるビッグシルエットも、実に今の気分。

 

「パンガイア」のTシャツ、パーカ

「パンガイア」のTシャツ、パーカ
パーカ2万1000円、Tシャツ1万1000円/ともにファーストハンド青山 03-6805-0078

「地球を救う」というコンセプトに賛同し、世界中から集まった科学者、技術者、デザイナーで構成。デビューコレクションにはあのファレル・ウィリアムスが好反応を示すなど、注目度急上昇中のブランドより。オーガニックコットンで作られたパーカ、無毒性の染料で染められたTシャツ。大定番のアイテムだからこそ、自分目線だけじゃなく、地球目線で選ぶといいのかも!

 

「プラナ」のTシャツ、ショーツ

「プラナ」のTシャツ、ショーツ
Tシャツ4700円、ショーツ7900円/ともにコロンビアスポーツウェアジャパン 0120-193-803

SOCIALと書かれた崖を登る人、すなわち「SOCIAL CLIMBIER」がスラングで“野心家”を意味する。そんなウィットに富んだTシャツは、オーガニックコットンと、リサイクルポリエステルを混紡。一方、ポルトガルのタイルの幾何学模様からインスパイアを受けた柄のショーツは、同上のリサイクルポリエステルにポリウレタンを組み合わせて機能性をアップ。吸湿性と速乾性を持ち、ストレスフリーなはき心地に。

 

「エコアルフ」のショーツ

「エコアルフ」のショーツ
1万2000円/SANYO SHOKAI 0120-340-460(マッキントッシュ フィロソフィー)

シャリッとした質感のスイミングショーツ。そのサイドにあしらわれた「第2の地球はないのだから」というメッセージに本質が宿る。ペットボトルを再生したリサイクル素材を用い、生産体制もエコな姿勢を遵守。取引する工場、ファブリックメーカーはトレーサビリティなサプライヤーで、国際認証を取得するブランドの基準を満たす。これからの大人の海遊びには、相応の配慮があってしかるべきなのだろう。もちろん、相応のセンスも忘れずに。

 

清水健吾、鈴木泰之=写真 菊池陽之介、星 光彦=スタイリング 増山直樹=文

# ジースター ロゥ# フリークス ストア# Tシャツ# サスティナブル# ジースター ロゥ# ヌーディージーンズ# パーカ# パンツ# プラナ
更に読み込む