2019.10.25
FASHION
PR

無印良品の“ヤク”得ニットの開発秘話。冬の最強のコスパ服、その裏側

無印良品らしいスタンダードなデザインだが、どこか深みのあるトーンや独特の風合いを感じさせる。そして袖を通すととにかく暖かいニット。その秘密は何なのか? 品質表示を見ると、ウールとヤクの文字が見つかった。

そして袖を通すととにかく暖かいニット。その秘密は何なのか? 品質表示を見ると、ウールとヤクの文字が見つかった。/無印良品

この「ヤク」という素材、何となく耳にしたことはあっても、どんな動物の毛なのかはよく知らない。でもその見た目と着心地の鍵はここにありそうだ。

そのポイントについて、商品企画に携わっている、株式会社良品計画の小林幸枝さんを直撃。そこで聞いた開発秘話を知れば、誰もが「これ、欲しい!」と手を挙げたくなるはずだ。

無印良品の「ヤク」について詳細はこちら

NEXT PAGE /

「原毛の色をそのまま使うから、この雰囲気が出るんです」

ニット4537円/無印良品(無印良品 銀座 03-3538-1311)

ヤクとは、冬はマイナス20度にもなるという自然環境の厳しい場所に生息する牛科の草食動物。その産毛はふんわりと柔らかく保温力が高いのが特徴だ。

「無印良品では、中国・青海省の標高3000m以上にある高地で暮らすヤクを使っています。大きな体を覆う毛は二層になっていて、外側は太く、内側は繊細な産毛。その繊細な毛は軽く、ソフトな肌触りなんです。

ちなみにヤクの毛は繊維の太さは約15〜23ミクロン。一般的なニットに使うメリノウールが18.5〜23ミクロンなので、その繊細さがわかると思います。そこに無印良品は、ヤクと繊維の細さを揃えたウールを混紡することで滑らかにしています。その配合や方法は……企業秘密です(笑)」(小林さん・以下カッコ内はすべて)。

これがヤク。フサフサな毛が、極寒の風から身を守る。

ここで挙げた無印良品の新作では、色出しの際には通常必ず行われるブリーチの工程を省き、ダークブラウンのヤクの原毛色にそのまま色を乗せている。そのため赤いクルーネックニットを見ればわかるように、染まり具合にムラが生じて自然なメランジ調に仕上がっている。よって、シンプルなコーディネイトでもスタイルに奥行きが生まれるのだ。

着こなすならこんな感じで

ヤクの原毛であるブラウンを赤く染めることで、風合い豊かなメランジ調に仕上げたニット。/無印良品
ニット4537円、カットソー1355円、パンツ3628円/すべて無印良品(無印良品 銀座 03-3538-1311)

ヤクの原毛であるブラウンを赤く染めることで、風合い豊かなメランジ調に仕上げたニット。着慣れたニット×チノパンのスタイルが少し新鮮に見える秘訣はソコにある。

NEXT PAGE /

「一本だってムダにはしたくない。だから生まれた個性です」

二ット5446円/無印良品(無印良品 銀座 03-3538-1311)

小林さんから聞かれた「一本だってムダにはしたくない」という言葉。その背景には、こんなことがある。

「そもそもヤクの毛は刈り取るのではなく、暑くなる夏の前に自然に生え変わるタイミングで、人の手で採るんです。そして、汚れを落とし、太い毛と細い毛に梳いて分別し、細い毛はハイゲージニットなどに使われます。その際に落ちたやや太い毛も当然、品質は確かで、廃棄するにはもったいない。それを有効活用するために作ったのが、このワッフル状のミドルゲージ・ニットなんです」。

ラフな風合いが楽しめる新作は、梳いた際に落ちた太い毛も余すことなく使った1枚。粗野な風合いを活かしたコンバットニット風の仕上がりには武骨さが漂う。

刈り取ったばかりのヤクの毛。絶妙な色味がよくわかる。

「このニットは、ヤクそのものの毛の色を活かしています。ベージュのようで、茶色のようで、グレーっぽくもある。こんな微妙な色は、人工的に出そうと思っても表現できないですよね」。

着こなすならこんな感じで

こちらは染色していないヤクの毛本来の色みを活かしたワッフルニット。/無印良品
二ット5446円、カットソー1355円、パンツ4537円、キャップ1810円/すべて無印良品(無印良品 銀座 03-3538-1311)

こちらは染色していないヤクの毛本来の色みを活かしたワッフルニット。この男らしいブラウンの色みは、ほかのアイテムをモノトーンにまとめることでさらに際立つ。

NEXT PAGE /

毎シーズン大人気なので、今年は仲間も増えてます(笑)

ニット5446円/無印良品(無印良品 銀座 03-3538-1311)

無印良品の“ヤク”得ニット・コレクション。実はオーシャンズでも毎年追いかけるほどの人気モノで、今年デビューから3年目。バリエーションも年々増えており、今季はタートルネックも登場。選択肢がさらに豊富になっている。

昨年「オーシャンズ」で紹介した“ヤク”得ニットのページ。

「リピーターの方が増えるに従って、新作のリクエストもいただくようになってきて。今季はタートルネックを仲間入りさせました」。

それによって、下のようなニットのアンサンブルスタイルも可能になったのである。

着こなすならこんな感じで

「ヤク」シリーズに初登場のタートルニットと、カーディガン。/無印良品
カーディガン5446円、ニット5446円、デニム3628円/すべて無印良品(無印良品 銀座 03-3538-1311)

「ヤク」シリーズに初登場のタートルニットと、カーディガン。同色展開もあり、ネイビーワントーンのアンサンブルを楽しむこともできる。

商品企画に携わった小林幸枝さんのコメントでより深く知ることができた、無印良品の「ヤク」のありがたさ。なんとも得した気分になってきた。

無印良品の「ヤク」ついて詳細はこちら


【問い合わせ】
無印良品 銀座
03-3538-1311
www.muji.net

清水健吾=写真 川田真梨子=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 今野 壘=文
# 無印良品# コスパ# ニット# ヤク
更に読み込む