2019.11.30
FASHION

サンローランはgoogleと一緒にバッグのミライを考えた

グーグルとサンローランはバッグのミライを考えた
H41×W31×D22cm 10万5000円/ サンローラン 0120-952-746

このストラップを撫でている写真は、デバイスを操作しているシーン。つまりこのバッグ自体がタッチスクリーンなのである。

音楽の音量をコントロールしたり、マップにピンを立てたり、スケジュールを確認したり。こんなことを可能にしてくれたのが、グーグルが開発した「ジャカード」だ。

バッグ本体内側の「ジャカードタグ」。ここを通じてデバイスにアクセスする仕組みだ。「ジャカード」は写真機能も装備。例えば海をバックに家族と記念写真を撮ろうというとき、全員がフレームに収まっているか確認し、シャッタータイマーをかけ、慌てて戻る……という動作は必要ない。スマホを設置したあとは、すべて手元のジェスチャーで完結できるというわけだ。このバッグを手に入れたらまずは「ジャカード」アプリをスマホで検索。iOSとアンドロイド両方に対応する。

そのキモは素材に織り込まれた伝導性繊維。タッチセンサーや触覚フィードバック機能を搭載し、簡単なジェスチャーに反応してデバイスを操作してくれるというわけ。そしてこの革新的プラットフォームを、デイリーユースの定番バックパック「シティ」に組み込んだ点こそサンローランの慧眼。

この革新的プラットフォームを、デイリーユースの定番バックパック「シティ」に組み込んだ点こそサンローランの慧眼。

バックパックを背負っているあなたの両手は本当に自由か? 片手にはいつもスマホがあり、その目はスクリーンに釘付けではないか?

そう、このバッグは単なるインタラクティブ・デバイスではなく、人々をスクリーンから解放する新しい発想そのもの。それこそがグーグルとサンローランが考える“バッグのミライ”なのだ。

そういえば、リーバイスもグーグルとデニムのミライを形作っていたっけ。ファッションは次なる地平を見つめている。

 

清水健吾=写真 来田拓也=スタイリング 加瀬友重=文

# グーグル# サンローラン# バッグ
更に読み込む