2019.11.03
FASHION

ロマン派 VS 新現実派。この冬、 キミがアウターに求めるものは!?

いよいよアウター選びに本腰を入れる季節が到来。ただ年を追うごとにスタイルは多様化している。選択に迷う人も少なくないのでは? そこで、何事にも“自分らしさ”が求められる時代だけに、あえて対立軸を設けて、2元的に提案してみたい。それが、このロマン派 VS. 新現実派だ。

キミはいったいどちらに与する?自分の所属派閥をチェックして今年最高のアウター選びをしよう!

 

アウターに潜む二律背反に向き合うときは、今!

ロマン派? 新現実派? 文学でもあるまいし。これだけを聞くと、アウターの企画なのに、ふざけたネーミングだと思われるかもしれないが、編集部はなかなかにして本気の構えだ。では、この両派閥を説明するにあたって、アウターについて少し考えてみたい。

これを、道具と考えるならば、暖を取るための防寒着としての役割がある。一方で、装飾と考えるならば、重ね着によって楽しみを獲得する装飾品としての役割もある。このように、アウターというアイテムそのものが、現実=道具、ロマン=装飾、といった二律背反の性質を一身に背負う存在といえる。

つまり、ロマン派と新現実派という分類は、「アナタはどちらの側面をフィーチャーして活用するのか?」という問いかけなのだ。

夢を追いかけ、安住しない。ときに刹那的でさえあるロマン派には、最旬のトレンドや、スター性のあるアイテム、極上の逸品を提案。また、地に足をつけ、堅実に、良いものを良いと納得して手に入れる新現実派には、先端のハイスペックや多機能、揺るぎない信頼の品を提案する。

夢を追いかけるロマン派なら、例えばこんなアウターを

ゆったり、ふわっと。そんなシルエットがトレンド前線に浮上中。気の向くまま、心のままにワガママでいたいロマン派に推奨するのが、このタイプのアウターだ。
コート8万円/トゥモローランド 0120-983-522、ニット2万4000円/ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 0120-3274-20)、シャツ1万9000円/エイチ ビューティ&ユース 03-6438-5230、デニム2万円/テクスト(パーキング 03-6412-8217)、スニーカー2万6000円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)

ゆったり、ふわっと。そんなシルエットがトレンド前線に浮上中。気の向くまま、心のままにワガママでいたいロマン派に推奨するのが、このタイプのアウターだ。

最高峰ジーロンウールのダブルフェイス生地による本作は、フロントボタンがなく、ウエストベルトのみでガウンライクに羽織れる。緩む体を締め付けない優しさと同時に簡単にお洒落に見える。だから、この笑顔♡

NEXT PAGE /

地に足のついた新現実派には、例えばこんなアウターを

ビズビムの「101ジャケット」は、2008年の初出より、仕様を変えつつ今季で計13シーズンも継続展開されてきたトラッカータイプのレザーブルゾン。
ブルゾン39万円、スニーカー4万2000円/ともにビズビム(F.I.L. TOKYO 03-5725-9568)、パーカ2万7800円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)、カットソー9500円/エストネーション 0120-503-971、デニム2万4000円/N.ハリウッド(ミスターハリウッド 03-5414-5071)、サングラス4万3000円/アヤメ 03-6455-1103

ブランドの“芯”となるアイコニックなモデル。不変の価値を重視する新現実派ならば、そうした信頼性の高い一着は、当然視野に入る。

ビズビムの「101ジャケット」は、2008年の初出より、仕様を変えつつ今季で計13シーズンも継続展開されてきたトラッカータイプのレザーブルゾン。イタリアのゴートスエードにコンチョが付くシンプルな佇まいに、つい顔も綻んでしまう。

 

川田有二=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 髙村将司、川瀬拓郎、増山直樹、押条良太(押条事務所)=文

# アウター# ロマン派# 新現実派
更に読み込む