オーシャンズ デニムキャンプ 2019 Vol.15
2019.10.24
FASHION

原宿にできたリーバイスの旗艦店には、行くべきいくつかの理由がある

オーシャンズが11月2日(土)に開催するデニムイベント「OCEANS DENIM CAMP(オーシャンズ デニム キャンプ 2019)」。“年に一度はデニムをはきかえよう”をスローガンに掲げたイベント当日まで、デニムにまつわるスペシャルコンテンツをお届けします!

言わずと知れたリーバイスの新店が、去る7月末に「OCEANS DENIM CAMP(オーシャンズ デニム キャンプ 2019)」会場であるSHIBUYA CAST.近くにオープン。アジア最大規模の店舗に並ぶ圧巻のラインナップ。そして、さらなる“デニム愛”を呼ぶユニークなサービス。このショップにまだ行ってない人がいるならば、すぐさま予定に入れてもらいたい。その理由が、以下の内容からわかるはずだ。

 

このサービスが話題!
「LOT NO.1」&「TAILOR SHOP」

リーバイスを未体験の大人はいないだろう。1853年の創業以来、世界中で愛され続けるデニムの王様。そんなブランドの新店「リーバイス 原宿 フラッグシップストア」が提供するサービスが今、話題をさらっている。人気の秘密は充実の「パーソナライゼーションサービス」だ。

まずは、オンリーワンのデニムが作れるビスポーク・ジーンズサービス「ロット・ナンバーワン」だ。/リーバイス
「LOT NO.1」日本初、世界5店舗目となるビスポーク・ジーンズサービス。生地や各パーツに加え、型紙から起こすことも可能で、自在にシルエット調整が可能。文字どおり“完全なる自分仕様”の究極の1本を作れるのだ。

まずは、オンリーワンのデニムが作れるビスポーク・ジーンズサービス「ロット・ナンバーワン」だ。3階店内の奥にある部屋では、デニム生地はもちろん、糸やリベット、レザーパッチといった各パーツ、さらにはシルエットすら自在にフルカスタムできるのだ。

デニム1911L
1911094_1_MG_6709
「ロット・ナンバーワン」であらゆる選択肢の中から自分好みにオーダーしたデニムは、職人が型紙、生地選びから裁断、縫製、仕上げにいたるまで全工程を手作業で行う。1本につき、平均16時間の作業時間を要するそうだ。ちなみにロットナンバーとは、1890年以来、製品の種類を識別するための「501」がそれにあたる。ロットナンバー1番の称号を与えられたこのサービスは、 ナンバーワンでオンリーワンな最高のデニムということになる。
1911094_2_MG_6762
1911094_3_MG_6681
1911094_4_MG_6698
1911094_5_MG_6700
1911094_6_MG_6693
1911094_7_MG_6684
1911094_8_MG_6696
1911094_9_MG_6717
1911094_10_MG_6712
1911094_1_MG_6709
1911094_2_MG_6762
1911094_3_MG_6681
1911094_4_MG_6698
1911094_5_MG_6700
1911094_6_MG_6693
1911094_7_MG_6684
1911094_8_MG_6696
1911094_9_MG_6717
1911094_10_MG_6712

カウンセリングからフィッティング、仕上げにいたるまでリーバイステーラー(職人)が担当し、もの作りのプロセスを体験できる。価格は10万円〜。出来上がりまで1カ月を要するが、待つ時間すら“自分だけのデニム”への愛を育む下地になるだろう。

NEXT PAGE /

そして、もっと手軽に楽しみたいなら、「テーラーショップ」が頼もしい。既製品をベースに、好きなワッペンや革パッチなどを取り付け可能。

デニムはもちろん、販売されているアイテムを手軽にカスタムできるサービス。/リーバイス
「TAILOR SHOP」デニムはもちろん、販売されているアイテムを手軽にカスタムできるサービス。自分好みの刺繍やステッチでデコレーションしたり、シルエットを変更したり、ショップ限定の刺し子生地をパッチワークしたり……。自由度の高さは特筆ものである。

さらには稀少なハンドルミシンで自由に刺繍が入れられ、刺し子などの別生地とのパッチワークができるオプションもスタンバイする。

デニム1911T
1911094_1_MG_6741
レングスの変更、シルエットを変えたり、センタープリーツを入れたり、イニシャルの刺繍を好みのフォントや大きさで入れたり、ワッペンや刺し子などの別生地をパッチワークしたり……。店舗で販売されているデニムや、その他のアイテムをベースにカスタマイズできる「テーラーショップ」。マスターテーラーと呼ばれるスタッフとメニューブックを見ながら、アレコレ悩む時間もまた格別に楽しいのだ。カスタマイズ対象商品については店頭でお問い合わせを。
1911094_2_MG_6758
1911094_3_MG_6672
1911094_4_MG_6667
1911094_5_MG_6649
1911094_6_MG_6750
1911094_7_MG_6641
1911094_8_MG_6645
1911094_9_MG_6631
1911094_10_MG_6630
1911094_11_MG_6678
Tシャツのカスタマイズサービスも話題!
Tシャツのカスタマイズサービスも話題!
併設する「プリントショップ」ではTシャツのカスタムが可能。写真はオーシャンズ仕様ということで、本誌のロゴのように見えるフォントを選び、お馴染みの“バッドウイング”を海&インディゴにちなんだブルーにアレンジ。価格は4000円。
1911094_1_MG_6741
1911094_2_MG_6758
1911094_3_MG_6672
1911094_4_MG_6667
1911094_5_MG_6649
1911094_6_MG_6750
1911094_7_MG_6641
1911094_8_MG_6645
1911094_9_MG_6631
1911094_10_MG_6630
1911094_11_MG_6678
Tシャツのカスタマイズサービスも話題!

また、併設する「プリントショップ」ではオリジナルのカスタムTシャツが作れて、その隣にはリーバイス以外の服も投函可能なリサイクルボックスまでご用意。インディペンデントかつサステナブルな取り組みで、ブランドの“次なる一手”を体現する。

デニムをもっと楽しむために生まれた、新たなランドマーク。ここでは、きっと未体験のリーバイスがあなたを待っている。

NEXT PAGE /

店舗限定のスペシャルアイテムも販売!

ショップオープンを記念して、店舗限定のスペシャルアイテムが登場。ユーズドデニムラインにあたる「リーバイス オーソライズド ヴィンテージ」をベースに、日本のヴィンテージフランネル生地を使ったアイテムが顔を並べる。メンズとレディスで各2型、計4点がラインナップされる。

ご存じ、通称“サード”と呼ばれるトラッカージャケットの裏側全面に、フランネル生地を贅沢に採用。/リーバイス
4万5000円/リーバイス(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

ご存じ、通称“サード”と呼ばれるトラッカージャケットの裏側全面に、フランネル生地を贅沢に採用。新鮮なビジュアルの和洋折衷のデザインは、防寒性という点でも技アリなのだ。

 

裾の裏地にのみフランネル生地をあしらった「501」には、ひと味違うロールアップの醍醐味がある/リーバイス
2万4000円/リーバイス(リーバイ・ストラウス ジャパン ︎0120-099-501)

裾の裏地にのみフランネル生地をあしらった「501」には、ひと味違うロールアップの醍醐味がある。ピンタックによりセンタークリースが入っているので、程良い品の良さも漂う。

 

リーバイス 原宿 フラッグシップストア

リーバイス 原宿 フラッグシップストア
住所:東京都渋谷区神宮前6-16-12
電話番号:03-6427-6107
営業:11:00〜20:00(金・土曜日は〜21:00 不定休)

 

鈴木泰之=写真 髙村将司、川瀬拓郎、いくら直幸、増山直樹=文

# リーバイス# デニム# フラッグシップストア# フルカスタム# 原宿
更に読み込む