2019.10.13
FASHION

ジョルジオ アルマーニの「ユルいきれいめ」。キーワードは“アンコン”

細身な服=きれいめ。そんな方程式が常識だった世を生きた大人にとって、「ユルいきれいめ」な服は歓天喜地、まさにカラダも心も喜ぶ思いだろう。

自然体を是とする現在の潮流が生まれるはるか前、まだカッチリとした装飾的なファッションの全盛期。それを尻目に、力の抜けた洒脱さを追い求めた気鋭デザイナーたち。彼らが描いていたビジョンとは?

男らしさ追求の到達点はワイド&シックなパンツだった

男らしさ追求の到達点はワイド&シックなパンツだった/ジョルジオ アルマーニ
パンツ8万8000円、ジャケット52万円、Tシャツ3万5000円、スニーカー8万7000円/すべてジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070)

今ではオン・オフ両方で、大人の装いの重要なキーワードとなった“アンコン”というフレーズ。そんな言い回しが定着するはるか以前、’80年代から、アンコンストラクテッド、つまり非構築的なテーラリングを追求したのがジョルジオ・アルマーニだ。

ジャケットから窮屈なパッドを排し、着心地向上を果たすべく生地の新たな混紡や織り方まで追求する。そんな彼の姿勢は、パンツにも顕著に表れている。腰回りにゆとりがあり、ドレープを描きながら裾にかけてテーパードする今日主流のシルエットも、やはり先駆けはこのブランド作。

2012年秋冬のランウェイ。

「(服づくりで最も重んじるのは)スタイルの一貫性です。奇をてらうことは私の美意識にまったくありません」という言葉どおり、シンプルで洗練されたボトムスは、男らしくも力が抜けていて、時代を超えて支持される普遍性がある。

2009年秋冬のランウェイ。時が経ってもシルエットに古くささがまったくないのがスゴイ。

「私のメッセージは、あくまでもジャケット、スカート、パンツに込められているんです」。かつてのインタビューで、そう語ったモードの重鎮。その美学、大人になった今なら我々にもきっと実感できるはず。

NEXT PAGE /

PICK-UP ITEM

こちらはウールコットン素材のキルティングコート。
45万円/ジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン ︎03-6274-7070)

ユルくてきれいなトップスも持ち味なのは、今も変わらない。こちらはウールコットン素材のキルティングコート。随所のベルベッド地の切り替えと、リフレクターの利いたドローコードがアクセント。


深みのあるネイビーが色気たっぷりのベルベッド仕立てで、滑らかな肌触りに思わずうっとり。/ジョルジオ アルマーニ
16万円/ジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン ︎03-6274-7070)

深みのあるネイビーが色気たっぷりのベルベッド仕立てで、滑らかな肌触りに思わずうっとり。可動域の広いシルエットに加え、生地にも伸縮性があるのでストレスフリーなはき心地。


クラシカルなグレーのツータックパンツ。/ジョルジオ アルマーニ
21万円/ジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン ︎03-6274-7070)

クラシカルなグレーのツータックパンツ。ウエストはゴムとドローコードでフィットさせるイージー仕様。


三瓶康友=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 来田拓也=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 今野 壘=文

# ジョルジオ・アルマーニ# モード# ユルいきれいめ
更に読み込む