NEWS Vol.443
2019.09.27
FASHION

最強のコスパ服「ユニクロ×ガーメンツ」第二弾を発売までに今一度おさらい

2019年春夏に初めてのコラボレーションが実現し、想像以上のクオリティで「最強のコスパ服」となったエンジニアド ガーメンツ×ユニクロのプロダクト。その評判の高さから今季も取り組みの“おかわり”がすでに発表されており、10月11日(金)の発売日が待ち遠しい諸兄も多いことと推測する。

2019年春夏に初めてのコラボレーションが実現し、話題性に違わぬクオリティで「最強のコスパ服」となったエンジニアド ガーメンツ×ユニクロのプロダクト。

では、そのXデイまでいよいよ2週間となった今、改めて今回のコラボアイテムについて復習しておこうと思う。

 

25周年のフリース、20周年のガーメンツ

まずテーマ。前回はポロシャツに特化していたが、今回フォーカスするのはユニクロが得意とする「フリース」だ。ユニクロのフリースといえば、もはや冬の風物詩のような存在で、今年は誕生から25年の節目だという。

ナイロンパッチの切り替えがヴィンテージのミリタリーフリースを思わせる。/ユニクロ×エンジニアド ガーメンツ
ナイロンパッチの切り替えがヴィンテージのミリタリーフリースを思わせる。各3990円/ユニクロ アンド エンジニアド ガーメンツ(ユニクロ 0120-170-296)

今回の取り組みに際し、エンジニアド ガーメンツのデザイナー・鈴木大器さんも「フリース発売25周年、おめでとうございます! フリースを熟知したスタッフからのサポートを受けて、我々らしいデザインをユニクロのクオリティと価格で、より広い市場に提供できるのが楽しみです」とコメント。

ちなみに、そんなガーメンツがNYでスタートしたのは1999年。そう、今年は20年目を迎えるアニバーサリーイヤー。めでたさも2倍である。

NEXT PAGE /

4型、全13アイテムで4XLまで展開

肩のスナップボタンがアクセント。恐ろしいほどのコスパ!/ユニクロ×エンジニアド ガーメンツ
肩のスナップボタンがアクセント。恐ろしいほどのコスパ!各1990円/ユニクロ アンド エンジニアド ガーメンツ(ユニクロ 0120-170-296)

ナイロンを組み合わせたコンビネーションジャケットやライニングをモチーフにしたカーディガン。デザインはどれもミリタリーがベースで、カラバリは黒、ネイビー、オリーブ、グレーというエンジニアド ガーメンツの定番色での展開だ。しかも、すべてXSから4XLまでの展開。

ミリタリーアウターのライニングがデザインソース。/ユニクロ×エンジニアド ガーメンツ
ミリタリーアウターのライニングがデザインソース。各4990円/ユニクロ アンド エンジニアド ガーメンツ(ユニクロ 0120-170-296)

タイトに着てインナー使いするもよし、オーバーサイズで今っぽく楽しんでもよし。気分によって複数枚揃えたくなる仕上がりである。

ショールカラーのコートもラインナップ。/ユニクロ×エンジニアド ガーメンツ
ショールカラーのコートもラインナップ。“アレ”を思い出す杢柄がいいね。各4990円/ユニクロ アンド エンジニアド ガーメンツ(ユニクロ 0120-170-296)

 

Xデイは……10月11日(金)

第一弾のポロシャツは、あっという間に店頭から姿を消した。ということは今回も……というのは容易に想像ができること。最後に、もう一度繰り返す。発売日は10月11日(金)。この週末の予定は、少しゆとりを持たせておいたほうが、よさそうだ。

 

[問い合わせ]
ユニクロ
0120-170-296
www.uniqlo.com
UNIQLO and Engineered Garments

# エンジニアド ガーメンツ# ユニクロ# コスパ# コラボ# フリース
更に読み込む
一覧を見る