2019.09.27
FASHION

あの超人気ストリートブランドを手掛けたデザイナーが目指す未来

以前はシュプリームのデザインディレクターとして活躍し、2015年に自身のブランド、ノアのショップを立ち上げたブレンドン・バベンジンさん。ニューヨーク、ロンドンに続く旗艦店を原宿にオープンさせ、トレンドに左右されないベーシックアイテムを展開。

そのほとんどは、サステイナブルを意識して作られているのだ。なぜ、ストリート出身の彼がサステイナブルに目覚めたのだろうか?

 

「ノアはまだサステイナブルなブランドと呼べるほどじゃないよ」

元シュプリームのデザインディレクターとして活躍し、2015年に自身のブランド、ノアのショップを立ち上げたブレンドン・バベンジンさん。
1970年生まれ、米ニューヨーク州ロングアイランド出身。14歳から地元のサーフショップで働き始め、20代でシュプリームに参加。その後、デザインディレクターとして活躍。2015年に自身のブランドであるノアを立ち上げ、NYマルベリーストリートにショップをオープンさせる。

元シュプリームという経歴で語られることが多い、ブレンドン・バベンジンさん。ストリートファッションにおいて不動の地位を確立したブランドで、華々しく活躍してきた男が、次なるステージで意識しているというのが、サステイナブルなものづくりだというから意外だ。

「周囲からは独立後も似たようなものづくりをしていくと思われていたよ。25年もの長い間ストリートブランドに関わってきたのだから、それは仕方がないよね。格好いい服であることは大前提だけど、今僕がやりたいことはトレンドの最先端を行くことじゃない。あくまでベーシックでグッドクオリティであることが最重要事項。原価を低く抑えて高く売るという、従来のやり方から抜け出したことは確かだよ。

リサイクルコットンを使用したTシャツとセルビッジデニム。
リサイクルコットンを使用したTシャツとセルビッジデニム。どちらも余計なデザインを加えず、極力オーセンティックな佇まいを重視した仕上がりに。Tシャツ5000円、デニム2万4000円/ともにノア(ノア クラブハウス 03-5413-5030)

僕にとってノアというブランドは自分自身でもある。だから責任あるビジネスをしなくてはならないし、さまざまな社会問題に対して真摯に向き合っていくことが、結果的に自分の人生を豊かにしてくれるということを信じているからね。でも、まだまだ発展途上の段階。自分たちはまだ“サステイナブルなブランドではない”と言い続けているのはそういうことなんだ」。

人目を引くロゴやグラフィックを求めるストリートファッションのファンにとって、サステイナブルであることに、関心を持ってもらうことができるかどうかに心配はないのか。

デザイナー本人も愛用するラガーシャツ。世界的に有名なラガーシャツの老舗も依頼する工場で生産。
デザイナー本人も愛用するラガーシャツ。世界的に有名なラガーシャツの老舗も依頼する工場で生産。ボディには強度に優れたコットンジャージーを、ラバー製のボタンを採用する。各1万9800円/ノア(ノア クラブハウス 03-5413-5030)

「買う側の意識が変わらない限り、似たような服を安く売る他のブランドを選ぶだろうね。だとするなら、自分が立ち上がって、今より少しでもマシな選択肢があることを、ノアを通じて訴えたいんだ。生産については、アイテムによってベストな素材と工場を吟味して、適正な工賃で取引している。

スウェットやカットソーはカナダ、ジャケットやコートはイタリア、デニムについてはアメリカの工場を選んでいる。いずれにしても、その工場でしかできないことを重視して、最もクオリティの高い商品開発を目指しているからね。

それから、廃棄物から生まれたリサイクルコットン100%のTシャツもメイド・イン・USA。こうした生産背景やコストについて発信し、まずは買い手に知ってもらうことが大事。そして、僕たちのこだわりを理解してくれる人と手をつないで、より良いプロダクトを作り続け、ブランドとして成長させていくことが僕のミッションなんだ」。

NEXT PAGE /
テーラードアイテムはメイド・イン・イタリー。渋みのあるチェック柄を配したクラシカルなセットアップは、スコットランド産の上質服地で仕立てられる。
テーラードアイテムはメイド・イン・イタリー。渋みのあるチェック柄を配したクラシカルなセットアップは、スコットランド産の上質服地で仕立てられる。ジャケット8万5000円、パンツ4万6000円/ノア(ノア クラブハウス 03-5413-5030)

“私たちのパッケージはまだまだ最悪”という、自虐的メッセージをあえて発信しているノア。都市部のゴミの約30%は包装紙や梱包材によるもので、バベンジンさんはこうした過剰包装に疑問を持ち続け、その最善の対処法を模索している。

「パッケージングについては、避けては通ることのできない問題。商品をお客さんに渡すときはもちろん、流通の段階でも既に大量の梱包材や緩衝紙を使っているからね。我々も例外ではなく、少しでもビニール袋を減らすために、クラフト紙に変えてみたことがある。でも、中身が傷ついたり汚れたりする問題が発生したので、やはりビニール袋を使っている。今後は水に溶けるものや土に還る新素材も試していくよ」。

キャッシュボールと呼ばれる、リサイクルカシミヤを中綿として採用したジャケット。
キャッシュボールと呼ばれる、リサイクルカシミヤを中綿として採用したジャケット。パネルで切り替えた大胆なデザインが目を引くが、その中身はしっかりサステイナブル。生産はイタリアの工場にて行う。6万2000円/ノア(ノア クラブハウス 03-5413-5030)

混沌としたファッション業界の大海に、小さな方舟で漕ぎ出したばかりのノア。その行く先にはきっと、未来につながるサステイナブルな世界があるに違いない。

 

三浦安間=写真 髙村将司、今野 塁=文 川瀬拓郎=編集・文

# サスティナブル# ストリート# ノア
更に読み込む