オーシャンズな男は「ずばりDENIMに戻りたい」 Vol.2
2019.09.25
FASHION

【1カ月限定販売】世界に一着のパーカ&ないものねだりで作ったシャツ

オーシャンズが実力派ブランドに別注したコラボアイテムを、公式eコマースで1カ月限定販売する恒例企画。

今回は、4つの日本ブランドと一緒に全6アイテムを作り上げた。今回は秋から春まで役立つパーカ&シャツをご紹介。ココだけのスペシャルなショッピングを楽しんで!

>その他のアイテム「人気すぎたあの財布の復刻&街使いを考え抜いた防寒具」を見る

秋冬スタイルのシンプルアップは、世界に一着のスウェットパーカで。

秋冬スタイルのシンプルアップは、世界に一着のスウェットパーカで。

秋冬のマストアイテムといえばスウェットパーカ。これまで何枚も着てきたけれど、大人の装いの“ハズし”として究極の一枚は作れないものか。それで声をかけたのは、アメリカンカルチャーに精通したクリエイションで支持を得るジャクソンマティスである。

コラボ作のベースとして選んだのは’60年代のヴィンテージ。理由は、大きめのアームホールや身幅、短い着丈が生み出すフォルムがむしろ旬な雰囲気だからで、そこに、ダメージ加工を手作業で施すことで、やりすぎない絶妙な表情を手に入れた。同時にこれがすべて一点モノというスペシャル感にもつながる算段だ。

コラボマーケット1911
11_1911223_33A9808
フードの内側には、ブランドの“名前”にあたる「Jackson」の手描き文字をプリント。かつてアイビーリーガーたちが自分のパーカにマジックで名前を書いていた伝統をオマージュしたデザインだ。
12_1911223_33A9223
クラシックなムードの大きめのカンガルーポケットをよく見ると、随所に色ムラが。これは、洗剤が固まって、ボディの色が不均一に残ったヴィンテージパーカをイメージした加工である。
13_1911223_33A9808
随所に加えられたダメージは、職人がすべて手作業で加えている。ゆえに、今回のパーカはすべて個性が異なり、“一点モノ”としての価値もあるのだ。
11_1911223_33A9808
12_1911223_33A9223
13_1911223_33A9808

一枚で着ても、ジャケットやコートの下に重ねても確かな個性を発揮する自信作。色は、グレーとネイビーの2色展開。大人の秋冬スタイルにおける究極のハズし役になり得るか、皆さんでジャッジされたし!

インナーのパーカで楽しむ、“品”と“味”のマリアージュ
パーカ[モデル着用はMサイズ]は下を参照。コート7万9000円/エイトン(エイトン青山 03-6427-6335)、パンツ3万6000円/マーカウェア(パーキング 03-6412-8217)、靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山店 03-5766-6688)、サングラス3万円/グローブスペックス(グローブスペックス エージェント 03-5459-8326)

インナーのパーカで楽しむ、“品”と“味”のマリアージュ
ステンカラーコートやプリーツ入りパンツといった品のあるアイテムを程良く着崩すのに、今回の別注パーカがひと役買ってくれる。フロントの色ムラや随所のダメージが、着こなしのアクセントに。味のある装いが簡単に完成する。

ダメージデニムのような雰囲気を持つネイビーの別注パーカ。
パーカ[モデル着用はMサイズ]は下を参照。パンツ1万6000円/サンディニスタ(トゥー・ステップ 03-5794-4343)、キャップ3800円/ニューエラ 03-5773-6733、スニーカー9990円/アディダス オリジナルス(アディダスグループ 0570-033-033)

ネイビーモデルは、ダメージデニムを“着る感覚”で
ダメージデニムのような雰囲気を持つネイビーの別注パーカ。コーディネイトは難しく考えず、ワントーンを意識するだけでスマートにまとまる。ヴィンテージ由来のゆとりあるシルエットが、モダンな細身のチノと好コントラスト。

ージャクソンマティスのパーカー
グレーとインディゴの2色展開!

ージャクソンマティスのパーカー
PRICE:各2万2000円
SIZE:M、L
COLOR:グレー、ネイビー
DELIVERY:2020年1月下旬予定

「ジャクソンマティス」とは?
「肩肘張らずに着られる日常着」をテーマに、2005年にスタートした東京ブランド。米国のヴィンテージやサーフ&スケートといったカルチャーをベースにしたアイテム作りが十八番。ブランド名は、ジャクソン・ポロックとアンリ・マティスという2人の天才画家をミックスしたもの。

NEXT PAGE /

今っぽく、大人っぽく、本格的。ないものねだって作ったシャツ。

今っぽく、大人っぽく、本格的。ないものねだって作ったシャツ。
フロントボタンをスナップ式とすることで、ジャケット使いも違和感なく楽しめる別注シャツ。ゆとりあるシルエットゆえ、ニットの上からでも余裕で羽織れる。シャツ[モデル着用はLサイズ]は下を参照。ニット2万9000円/エストネーション 0120-503-971、パンツ3万5800円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)、メガネ10万9000円/ザ・スペクタクル(グローブスペックス ストア 03-5459-8377)

端正な顔つきがかなえる、別注シャツのジャケット使い
アメカジを愛するOC世代の悩み。それは“本格”を求めたいけど、それを追求しすぎると古クサいオジサンに陥ってしまうこと。ある種、二律背反ともいえる「ないものねだり」をアリにするために、日本人解釈のアメカジを熟知するレミ レリーフにオーダーしたのが、このミリタリーシャツ。

アメリカ軍の定番的な一枚を原型に、コンパクトな襟元はイタリア軍モノから拝借、通常パッチ型のポケットはスラント式に、フロントボタンはボディと同色のスナップ式とすることで丹精かつジャケットライクな顔つきを手に入れた。

コラボマーケット1911
シンプルな装いを全方位からサポートするディテール使い
シンプルな装いを全方位からサポートするディテール使い
スタッズワークやフロントのポケットなどが、シンプルな着こなしのアクセントに。ウォッシュド加工による味のあるシャツの素材感も着こなしに奥行きを生む。シャツ[モデル着用はLサイズ]は下を参照。Tシャツ8000円/イエスタデイズ トゥモロウ、パンツ2万8800円/ノンネイティブ(ともにベンダー 03-6452-3072)、スニーカー1万円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)
22_1911223_33A9446
襟と左肩の後ろに配されたスエードの装飾には、米国の名門「スタンダードリベット」社のスタッズにヴィンテージ加工を施して打ち込まれている。そして、襟の後ろ側中央に施した深いプリーツ。これが、体の動きに合わせてシャツのボリュームをコントロールし、美しいドレープを作り出してくれる。
23_1911223_33A9453
本来のミリタリージャケットとはひと味違って、ポケットはスポーツジャケットに見られるスラントポケットに変更。それにより、見た目が都会的になるだけでなく、アウター感覚でも使えるように。
シンプルな装いを全方位からサポートするディテール使い
22_1911223_33A9446
23_1911223_33A9453

シルエットは今っぽいビッグサイジングだが、ただの“ブカブカ”に見せないために、襟の後ろに深いプリーツを設けてボリュームをコントロールする。そして、仕上げはブランド得意のスタッズワーク。襟と肩に加えたアクセントで、シンプルな装いが心許ないなんて心配も無用だ。

こうして生まれた一枚は、アウター使いも大歓迎。我々の頼れる戦力になってくれるに違いない。

ーレミ レリーフのシャツー

ーレミ レリーフのシャツー
PRICE:2万8800円
SIZE:M、L
COLOR:オリーブグリーン
DELIVERY:2020年1月下旬予定

「レミ レリーフ」とは?
REMIXとRELIEF(=取り除く)という言葉を組み合わせた造語をブランド名にするだけあって、古き佳きアメリカンカジュアルの“いいとこ取り”をしたクリエイションで定評を得る。素材、仕様、パーツ選びなど細部にこだわるべく、生産はすべて自社工場で行っている。

 

清水健吾=写真 石黒亮一=スタイリング 勝間亮平=ヘアメイク 長谷川茂雄=編集・文

# レミ レリーフ# コラボマーケット# ジャクソンマティス# シャツ# スウェットパーカ
更に読み込む