2019.09.05
FASHION

このヌケ感が今の気分!今季どストライクな「ニュアンスカラー」のご近所パンツ 

オーシャンズが考える「ご近所パンツ」とは? ズバリ“楽にはけて、窮屈感のない快適パンツ”のこと。したがってウエストはベルトレス、ゆったりとしたシルエットが絶対条件。それでいて、その名のとおり、外へ出かけたときにご近所さまから“だらしない”と決して思われない適度なファッション性を有していることも必須条件。
オーシャンズな男は、楽だからといって、決してお洒落に背を向けてはいけないのだ!

ニュアンスカラーとは、くすみがかった淡いトーンが特徴のトレンドカラー。

着こなしに一点投入すれば、スタイリングの旬度アップに加え、肩の力が抜けた絶妙なヌケ感を演出できるのが魅力。真夏から秋まで季節を問わず使える点もこの色の強み。

 

モーレツに暑い8月なら!
センスの良さを感じる絶妙スキンカラー

オートクチュール界で腕を磨いたデザイナー、久保嘉男さんのパンツはスキンカラーとワイドテーパード、腰回りの深いプリーツが印象的。
パンツ2万7000円/ヨシオクボ 03-3794-4037、Tシャツ5500円/ビームス(ビームス 原宿 03-3470-3947)、サンダル1万1000円/テバ(デッカーズジャパン 0120-710-844)、サングラス3万円/アヤメ フォー ピルグリム サーフ+サプライ(ピルグリム サーフ+サプライ 03-5459-1690)、サコッシュ9800円/ファイドアウト(ヘムト PR 03-6721-0882)

オートクチュール界で腕を磨いたデザイナー、久保嘉男さんのパンツはスキンカラーとワイドテーパード、腰回りの深いプリーツが印象的。淡いパープルの七分袖Tなどを合わせてペールトーンにまとめれば、厳しい残暑を迎え撃つに相応しい爽やかコーデが完成!

NEXT PAGE /

残暑が過ぎ去った9月なら!
スラックス感覚ではける洗練デザイン

そんな快適仕様ながら、優しい色合いのブルーとセンタークリースが相まって、スラックス感覚ではけるご近所パンツに。
パンツ1万6000円/ネオンサイン 03-6447-0709、シャツ1万9000円/エストネーション 0120-503-971、Tシャツ1万1000円/フリーマンズ スポーティング クラブ(フリーマンズ スポーティング クラブ ギンザ シックス 03-6263-9924)、スニーカー1万1000円/ヴァンズ ヴォルト(ブルーウッド バイ ハンドイントゥリーPR 03-3796-0996)

ウエストはロゴ入りのゴムバンド仕様で、素材はライトなポリエステル。そんな快適仕様ながら、優しい色合いのブルーとセンタークリースが相まって、スラックス感覚ではけるご近所パンツに。こんなふうに秋口のアメカジスタイルを、少し都会的に味つけするのもグッド。

NEXT PAGE /

秋モード全開の10月なら!
肌割り最高! メロンカラーのカシミヤニットパンツを

紺のステンカラーコートなど、シャリっとした服に合わせればパンツの色と素材感がより映える。
パンツ6万2000円/オーラリー 03-6427-7141、コート6万6000円/ヤエカ (ヤエカ アパートメント ストア 03-5708-5586)、シャツ2万4000円/アンデコレイテッド 03-3794-4037、靴2万3000円/クラークス オリジナルズ フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)

素材は稀少なベビーカシミヤで、軽くなめらかなはき心地は唯一無二。トドメにメロンを思わせる淡いグリーンが着こなしに個性を与える。紺のステンカラーコートなど、シャリっとした服に合わせればパンツの色と素材感がより映える。これなら深まりつつある秋が楽しくなる。

NEXT PAGE /

品のいいヌケ感がある魅惑のパープルワールド

淡いパープルが品の良さを醸すこのイージーパンツは、ウルの定番、キュプラシリーズの1本。
パンツ1万8000円/ウル(スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)、シャツ2万5000円/ロトル(ビームス 原宿 03-3470-3947)、カットソー1万6000円/エイトン(エイトン 青山 03-6427-6335)、スニーカー5500円/ムーンスター 0800-800-1792、テーブルに置いたバッグ3800円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)

淡いパープルが品の良さを醸すこのイージーパンツは、ウルの定番、キュプラシリーズの1本。コットンとキュプラの混紡生地は、テロンとした質感となめらかな肌触りが持ち味だ。またサイドの縫い目がない筒状のフォルムは、足を通したときの快適さアップに加え、テーパードシルエットをよりキレイに見せる視覚効果をも生み出す。

トップスはパンツの微妙な色に合わせて、ベージュのシャツ×白のロンTで。全身の淡いトーンは、とことんまどろみたい休日に最適なのだ。

NEXT PAGE /

ご近所パンツ座談会を緊急開催
「ニュアンスカラー」どう取り入れたい?

外資系企業勤務 髙城太郎さん Age 39
外資系ヘルスケアブランドに勤務。横浜在住で家族は妻と息子3人。週末はサッカーに付き合ったり、習い事の送迎をしたりとてんてこ舞い。休日の定番パンツは動きやすい細身のスウェットパンツ。
商社勤務 内野賢一さん Age 39
東京都のタワマン暮らし。商社勤務で妻と娘の3人家族。休日は銀座でのショッピングを楽しむ。着こなしはシンプル&ベーシックがモットーで、クローゼットにはマルニやザラなどのモードなパンツが多い。
スタイリスト 松平浩市さん Age 36
ストリート要素をミックスした、キレイめスタイリングに定評のあるオーシャンズ世代スタイリスト。都内在住で、昨年結婚したばかりの新婚ホヤホヤ。たまの休日はご近所パンツで、奥さまとレストランやカフェを巡る。
ライター 押条良太さん Age 40
メンズファッション誌や広告で活動中のエディター。神奈川県葉山町在住で、4人の子供を持つ父親。休日は海遊びと子供のサッカーの練習で大忙し。高機能素材のご近所パンツに目がない。

 

髙城 普段は紺や黒といった無難な色の服が多いから、こういう色はちょっと上級者的なイメージ。

内野 私もそう。いろいろなブランドからニュアンスカラーのアイテムが登場しているから、気にはなっているんですが、イマイチ踏ん切りがつかない……。

松平 まさに食わず嫌い! ニュアンスカラーは主張が強くないので、コーデは思いのほかイージーです。それにニュアンスカラーなら、定番色のパンツとはひと味違う、こなれ感も醸し出せるんです。

押条 最近、僕もこの色みのご近所パンツを買ってはいているんですが、めちゃ重宝してます。買う前はコーディネートが心配でしたが、実際のところ、チノパン感覚でOK。すこぶる簡単。

髙城 うーん、いつものパンツとチェンジするだけで、スタイリングが今っぽく一変するのは確かに魅力的。今年こそは1本買ってみようかな。

内野 それにビビッドカラーを挿し色にするより品良くまとまりますもんね。私も挑戦してみたい!

 

須藤敬一、鳥居健次郎=写真 松平浩市=スタイリング 勝間亮平=ヘアメイク naohiga=イラスト 押条良太(押条事務所)=文

# ご近所パンツ# ニュアンスカラー
更に読み込む