シャレた大人、ますます増えてます! 街角パパラッチ 2019夏 Vol.6
2019.09.01
FASHION

ヴァレンティノとアンダーカバーのコラボコレクション、大人が着るなら?

PREMIUM BRAND × DAILY STYLE
VALENTINO ヴァレンティノ

2019-20年秋冬で大きな話題を呼んでいる、ヴァレンティノとアンダーカバーのコラボコレクション。そのクリエイションを、フォトストーリーで追いかける。

デニムジャケットの背面にプリントした「TIME TRAVELER」というひと言が象徴的だ。/ヴァレンティノ-アンダーカバー
ジャケット21万円/ヴァレンティノ-アンダーカバー、パンツ12万円[参考価格]/ヴァレンティノ(ともにヴァレンティノ 03-6384-3512)

ヴァレンティノとアンダーカバー。両者は今季、コレクションを展開するにあたって「過去と未来」という共通のテーマを掲げた。デニムジャケットの背面にプリントした「TIME TRAVELER」というひと言が象徴的だ。“サードタイプ”と呼ばれるいわゆる定番型デニムジャケットも、ビッグサイジングとグラフィックで半歩先ゆくモードな姿に。まさに「過去と未来」の共存である。

 

インナーも同色でまとめたベージュのセットアップ・スタイルに、バッグのグラフィックと足元の赤色でスパイスを加える。/ヴァレンティノ ガラヴァーニ-アンダーカバー
バッグH67×W38×D22cm 16万3000円/ヴァレンティノ ガラヴァーニ-アンダーカバー、ジャケット30万円[参考価格]、シャツ9万5000円、パンツ9万5000円/すべてヴァレンティノ、サンダル5万3000円/ヴァレンティノ ガラヴァーニ×ビルケンシュトック(すべてヴァレンティノ 03-6384-3512)

インナーも同色でまとめたベージュのセットアップ・スタイルに、バッグのグラフィックと足元の赤色でスパイスを加える。ワンショルダーのバッグはコットンキャンバス製で、ざっくり使えるカジュアルタイプ。フットベッドまで赤いサンダルはビルケンシュトックとのコラボレーションによるものだ。もとはレディスのドレスで使われた“ヴァレンティノ・レッド”の鮮烈を、今、我が身をもって体感する。

 

ヴァレンティノのクリエイティブ ディレクター、ピエールパオロ・ピッチョーリは、アンダーカバーのデザイナー高橋盾をこう評する。
Tシャツ各6万5000円、ライダーズジャケット52万円/ともにヴァレンティノ-アンダーカバー、デニム6万5000円/ヴァレンティノ(ともにヴァレンティノ 03-6384-3512)

「彼のグラフィックは素晴らしい。予想外でいて、いつも発見がある」。ヴァレンティノのクリエイティブ ディレクター、ピエールパオロ・ピッチョーリは、アンダーカバーのデザイナー高橋盾をこう評する。

その醍醐味を凝縮した3種類のTシャツ。/ヴァレンティノ-アンダーカバー

その醍醐味を凝縮した3種類のTシャツ。スカル、べートーヴェン、UFOといったアンダーカバーのアイコンモチーフに、ブランドイニシャルの「V」を重ねたスペシャルグラフィック。これがデニムスタイルをモダンに魅せる魔法となる。

NEXT PAGE /
このシーズンのランウェイで、ほとんどのルックが履いていた最新スニーカー「クライマー」。/ヴァレンティノ ガラヴァーニ-アンダーカバー
スニーカー11万7000円/ヴァレンティノ ガラヴァーニ-アンダーカバー(ヴァレンティノ 03-6384-3512)

このシーズンのランウェイで、ほとんどのルックが履いていた最新スニーカー「クライマー」。その名のとおりトレッキングシューズに着想を得たこのモデルにもスペシャルエディションがある。それが、サイドのスムースレザー部分に2つのブランドロゴを配したこちらだ。バーガンディをベースにした配色も素晴らしく、クリエイションの相乗効果に目を見張る。これこそコラボレーションの理想的な相関関係だと感じ入る。

 

その延長にあるような、グラフィック入りのダメージモヘアニット。/ヴァレンティノ-アンダーカバー
ニット20万円/ヴァレンティノ-アンダーカバー、パンツ8万円[参考価格]/ヴァレンティノ(ともにヴァレンティノ 03-6384-3512)

ピエールパオロ・ピッチョーリが指揮を執るようになってから、ヴァレンティノにユースカルチャーの匂いが漂うようになった。スタッズも今では立派なブランドアイコンとして認知されている。その延長にあるような、グラフィック入りのダメージモヘアニット。

思い浮かべるのは’80年代ロンドンのパンクシーン。アンダーカバーがこのカルチャーに影響を受けていることも、よく知られた話だろう。ちなみにニットはカシミヤ製で、着る人を優しく迎え入れる包容力を持つ。必要なのは、パンクのアンチなアティテュードではない。

 

清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング AMANO=ヘアメイク

# ヴァレンティノ# PREMIUM BRAND# アンダーカバー
更に読み込む