2019.08.14
FASHION

サイズ、着心地、素材感。三者三様のこだわりセットアップ公開!

お洒落な人が多すぎて、ついついキャッチしすぎちゃいました。最高にイケてる夏のカジュアルスタイルサンプルをキーワード別にご紹介。
今回は「これだけ」で決まるからこそセンスが光る「セットアップスタイル」だ。

セットアップを今っぽく着るなら断然リラックスフィットが正解。インナーはTシャツ、足元はスニーカーを合わせて抜け感も忘れずに。
ジャケット、パンツ/ともにステファン シュナイダー、Tシャツ/インティミッシミ、スニーカー/コモンプロジェクト

瀧澤 泰さん Age 63
セットアップを今っぽく着るなら断然リラックスフィットが正解。インナーはTシャツ、足元はスニーカーを合わせて抜け感も忘れずに。頑張りすぎてない、大人の余裕のある感じってやっぱり素敵ですね。

POINT 1 サイジングにこだわったリラックス感のあるセットアップは着るだけでアーバン感を演出できる。

POINT 2 セットアップの外しとして使うスニーカーはミニマルで上品顔を。清潔感ある白レザーが最適解。

 

見た目のみならず、素材にまでこだわった格別の着心地が夏のムードを盛り上げる。
シャツ、ショーツ/ともにワコマリア、Tシャツ/ネイバーフッド

松延守男さん Age 39
見た目のみならず、素材にまでこだわった格別の着心地が夏のムードを盛り上げる。

 

ハリ感のある素材を選べばシルエットが立体的に。しかも存在感も増して見える。
シャツ、ショーツ/ともにスタジオ ニコルソン、Tシャツ/レディ ホワイト

印藤 考さん Age 30
ハリ感のある素材を選べばシルエットが立体的に。しかも存在感も増して見える。

# セットアップ# パパラッチ
更に読み込む