2019.07.10
FASHION

ボタニカル、ストライプ、幾何学模様……失敗しない柄シャツ選び

今年もとにかく多いのだ、柄モノの開襟シャツが。

ボタニカル、ストライプ、チェック、幾何学模様……。いろいろあれど、それこそ、柄にもないな。とうまいこと言いながら及び腰になってはいません? そんな皆さんに朗報だ。

理由はさておき、茶系のものなら大概の人に似合ってしまうという不思議。これは、夏の幻なんかじゃない!


「3.1 フィリップ リム」

今季テーマ「テイクトゥーオフ(旅へ出かける)」から着想を得た、トロピカルなパームツリーをプリントしたスーベニアシャツ。
シャツ6万円、パンツ7万2000円/ともに3.1 フィリップ リム(3.1 フィリップ リム ジャパン 03-6433-5011)

今季テーマ「テイクトゥーオフ(旅へ出かける)」から着想を得た、トロピカルなパームツリーをプリントしたスーベニアシャツ。カジュアルな柄を使いながらも、上品な光沢のある素材でシックでプレイボーイ的な雰囲気も。裏地と表地をパッチワークした遊び心あるディテールが面白い。


「エトロ」のシャツ

東南アジア、アフリカ、日本のビジュアルカルチャーを取り入れたエトロの最新コレクション。
シャツ14万3000円、スイムショーツ4万9000円/ともにエトロ(エトロ ジャパン 03-3406-2655)

東南アジア、アフリカ、日本のビジュアルカルチャーを取り入れたエトロの最新コレクション。ゆったりとしたイージーフィットに、フローラルプリントなどを採用してオリエンタルなエッセンスを表現。シルクボディにボルドーを主にしたブルーやボトルグリーンの配色も秀逸だ。

NEXT PAGE /

「キャプテンズ ヘルム」

トレンドのボックス型ワイドシルエットでリラックスな着こなしを提案。/キャプテンズ ヘルム
1万6000円/キャプテンズ ヘルム トーキョー 03-6434-9381

トレンドのボックス型ワイドシルエットでリラックスな着こなしを提案。クラシックなストライプと茶系グラデーションが雰囲気満点だ。着こなしやすいコットン素材を採用。


「ホワイト マウンテニアリング」

キュプラの光沢と滑らかさ、コットンのハリ感をミックスした素材に、チェック柄をプリント。
3万2000円/ホワイトマウンテニアリング 03-6416-5381

キュプラの光沢と滑らかさ、コットンのハリ感をミックスした素材に、チェック柄をプリント。襟元や袖口などに、同柄のメッシュ生地を採用し、清涼感ある仕上がり。


「グランシャツ」

トロピカルな植物が描かれたコットンアロハ。
3万2000円/スローウエアジャパン 03-5467-5358

トロピカルな植物が描かれたコットンアロハ。一見派手な配色ながらも、実は暖色や寒色に配慮した計算づくの色使いで、どんなパンツとも絶妙にマッチするのである。


清水健吾、山本雄生=写真(人物・静物) 鈴木泰之=写真(静物) 荒木大輔、菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)、松本和也(W)=ヘアメイク 加瀬友重、谷中龍太郎、黒澤卓也=文 Bow’s Surf=コーディネイト

# ホワイトマウンテニアリング# 柄モノ# 開襟シャツ
更に読み込む