パンツを夏専用に変えて、気持ちよすぎるお洒落体験を! 大人の“サマパン”超活用術 Vol.53
2019.06.18
FASHION

レトロテイストをセンス良く。グッチに感じたクールな壊古主義

PREMIUM BRAND × DAILY STYLE
GUCCI グッチ

37.5歳から築くべき、プレミアムブランドとデイリースタイルのいい関係。そのヒントを導くフォトストーリー。

古着屋で掘り当てたかのようなジャケットをTシャツにガバッと羽織る。/グッチ
ジャケット31万5000円、Tシャツ4万5000円、メガネ7万6000円/すべてグッチ(グッチ ジャパン 0120-88-1921)

くるみボタンといなたいグリーンのチェック、フランネル素材。肩線は落ち、身幅もたっぷり、ビッグサイジング。古着屋で掘り当てたかのようなジャケットをTシャツにガバッと羽織る。無造作な格好良さを計算し、クリエイションに巧みに取り込む昨今のグッチの十八番。この感性をラグジュアリーの世界に持ち込んだことって、実はスゴいことなのだ。

 

落ち着いた発色が大人っぽいイエローのコットンニット。/グッチ
ニット13万円/グッチ(グッチ ジャパン 0120-88-1921)

落ち着いた発色が大人っぽいイエローのコットンニット。その背面には、ブランドにとって欠かせないモチーフとして幾度も登場してきたスネークが、船と波の間でエタニティパターンを巻く。

海を感じるデザインもいいし、ざっくりとした作りは肌への接触面を減らし、すこぶる心地良い。これなら確かに、ずっと着ていたくもなる。グラフィックのエタニティが示す“永遠”は、こんな気持ちまでも表している。

 

マルチカラーのストライプを配したコットン製のスクールジャケット。/グッチ
ジャケット31万5000円、シャツ8万円、デニム9万円、メガネ4万5000円/すべてグッチ(グッチ ジャパン 0120-88-1921)

マルチカラーのストライプを配したコットン製のスクールジャケット。ヴィンテージライクな一着の胸には、ヘタウマなタイガーのワッペン。クールの領域に“際どさ”を持ち込むクリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレの手腕。

それに倣い、中に着たシャツはあえて裾を出し、デニムにコーディネイトした。ミスマッチから生まれる新たなクールの世界との出会いである。

NEXT PAGE /
ライトブルーが爽やかなワイドストライプの一枚を、側章付きのイージーパンツでスポーティに。/グッチ
シャツ7万3000円、パンツ11万3000円、メガネ4万5000円/すべてグッチ(グッチ ジャパン 0120-88-1921)

シャツ一枚で気持ちいい季節。こんなスタイルはどうか。ライトブルーが爽やかなワイドストライプの一枚を、側章付きのイージーパンツでスポーティに。とはいえ、シャツは定番のレギュラーカラー、パンツはベージュのコットン製で王道を行くから馴染みやすい&着こなしやすい。言うことなし。

 

ヒップホップやクラブカルチャー黎明期を思わせるトラックジャケット。/グッチ
ブルゾン25万8000円、パンツ14万円/ともにグッチ(グッチ ジャパン 0120-88-1921)

ヒップホップやクラブカルチャー黎明期を思わせるトラックジャケット。身頃上部はグッチのアイコンを配したツイル生地で切り替えられ、ダイヤモンドステッチが施されている。

それに合わせたグレンチェックのパンツは3タック。着こなしのルールは昔と変わらず。でも、明らかに今っぽい。古典から今の音を構築するブレイクビーツなどにも共通するモノ作りにハッとする。

 

「IF THEY DID BUT KNOW」というフレーズを背面にあしらったジャケット。/グッチ
ジャケット40万円/グッチ(グッチ ジャパン 0120-88-1921)

「IF THEY DID BUT KNOW」というフレーズを背面にあしらったジャケット。この言葉は、グッチのクリエイションに影響を与える場所として指定される「グッチ プレイス」のひとつ、イギリスの「チャッツワース・ハウス」に由来するものだ。

もしも、このアイボリーカラーの一着がコットンジャージー素材で、すこぶる快適な着心地だとみんなが知っているとしたら……そりゃもちろん着たくなるよね。

 

清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング AMANO=ヘアメイク

# グッチ# PREMIUM BRAND
更に読み込む