2019.05.27
FASHION

無印良品が超コスパを実現するヒミツ。そこにあった人間ドラマ

大人が着たい期待のコスパ服●着回せて、着倒せて、それでいて、気負わなくていい服。それがつまり、コストパフォーマンスに優れるってこと。安けりゃいい時代も、高いが偉い時代もとうに終わった今、大人が着たい&大人が期待するコスパアイテムをガイドする。

このパンツは……3990円。あっちのジャケットは7990円、そのTシャツは990円!? おいおい、マジか。いつ行っても無印良品には使える服がわんさかあって、その有能さに反比例したプライスに驚かされる。

「このドロップショルダーのシャツはこれから発売する夏のイチオシ。去年も出したモデルの進化版なんですけど、とにかく涼しくて気持ちいいんですよ」。

そうにこやかに話すのは、無印良品の商品企画に携わっている、株式会社良品計画の賀曽利 進さん。彼の手元には、パリッとしたコットン素材の開襟シャツがある。

話しを聞いた人
無印良品の衣服・雑貨部紳士カテゴリーマネージャーの賀曽利 進さん(左)と、商品企画を手がける中嶋徹男さん(右)。賀曽利さんは小学生の子供を持つオトーチャン。賀曽利さんが高コスパと自信を持つ4アイテムはこちらから。



無印良品の新作シャツが持つ人間ドラマ

その手元にあった開襟シャツがコレ。オーバーサイジングのモノトーンデザインがモードな印象だ。賀曽利さんは、「身幅が広く、ドロップショルダーの今っぽいシルエットで、いい意味で無印良品のイメージを覆してくれるんじゃないかと思いますよ」という。

無印良品のシャツ
今季イチオシのオープンカラーシャツ。ブラックと、モノトーンのチェックというバリエーションも面白い。各2990円[税込]/無印良品(無印良品
池袋西武 03-3989-1171)

なるほど。確かにスタンダードなアイテムが多い無印良品の中ではちょっと新鮮だ。

「無印良品は、着る人が快適に過ごせる日用品を届けることが大前提。重視するのはトレンドではありません。とはいえ、ベーシックなものでも変わらないのではなく、当然、少しずつ進化はさせています。ちなみに、このシャツのシルエットも“今っぽさ”を求めただけでなく、着たときに清涼であるためにも、こうしているんです。身頃にゆとりがあるから風をよく通してくれますよ」。

ふむふむ。確かにシンプルだけど洒落っけも感じる絶妙なバランスだ。でも、やっぱり驚くべきは、その値段。1枚2990円[税込]なのだから。なぜ無印良品は、こんなに良心的な価格設定ができるのか?

「大切なのは、ただ安くすることが目的ではないということです。それでクオリティが落ちたら意味はない。だから、とにかく工場のスタッフと話をして、コミュニケーションを取るようにしているんです。海外にもバンバン行きますよ」(賀曽利さん)。

おぉ……! 想像以上にアナログ。もちろん、ただ視察に行くわけじゃない。

「現地に行って、工場の寮に泊まって、2週間くらい自分も工場に入ります。工場長と仲良くなって寝食をともにして、無印良品のものづくりについて夜な夜な語り続けるんですよ(笑)。シャツも大半を人が縫ってますから、コミュニケーションは本当に大切です」(賀曽利さん)。

同僚の中嶋さんは、

「賀曽利はベトナムのTシャツ工場に入り続けた結果、自分でもTシャツが縫えるようになって帰ってきましたからね(笑)。工場長と肩を組んで笑ってる写真がLINEで送られてきました(笑)」という出張秘話も教えてくれた。

こちらがベトナムのTシャツ工場訪問時の賀曽利さん(右から2番目)。一緒に写っているのは工場長とスタッフの方々。

かくいう中嶋さんはシャツの担当。彼もやはり中国の工場に数週間滞在し、同じようにしてスタッフたちと親交を深め、信頼を得たという。

「言葉も文化も違う工場への滞在はもちろん大変です。でも、実際に現場を見て、ちゃんと工場長と話して、想いを伝えることで、商品の質は必ず変わるんです」(中嶋さん)。

1着のシャツが世に出るまでにそんな人間ドラマがあったとは。さらに個々のアイテムだけでなく、無印良品の十八番、オーガニックコットンにもやはりそんなストーリーが。

NEXT PAGE /

オーガニックコットンが生まれる景色、手摘みの手間

賀曽利さんは中国奥地にあるオーガニックコットンが栽培されている畑へ初めて訪れたときのことをこう振り返る。

「畑が白くないんですよ。農薬や除草剤を使ってる綿畑は出来がいいから、ひとつの枝にたくさんコットンがつく。だから畑が真っ白に見えるんです。それに、育ちもいいので背丈が高い。だけど、オーガニックコットンは背が低くてコットンの数が少ないから畑が茶色に見えます。風景がもう、違うんですよね」(賀曽利さん)。

それを、綿の組織を壊さないように全部手摘みして生地を作っていくのだとか。

現在、無印良品の衣類に使われている綿は、すべてオーガニックコットン。こちらは、中国新疆ウイグル自治区にあるオーガニックコットンの畑。ここで採れた綿が、無印良品のシャツやTシャツとなって店頭に並ぶ。

賀曽利さんと中嶋さんはどちらもその畑を訪れていて、種を植えるところから、半年後の収穫までを経験している。当時を思い出して、中嶋さんは思わず苦笑い。

「実際に行くと砂漠みたいなところで、寒暖の差が激しいんです。風も強くて、目を開けていられないくらい。でも、こういう自然環境が厳しくて虫が少ないところだからオーガニックで綿が育てられるんだなと、行ってみて初めてわかるんです」。

このように生産の現場を見ることで、適正な値段と品質を維持している無印良品。そのコストパフォーマンスの高さには驚くばかりだ。

着る人につくる人、そして地球環境。みんなに優しい無印良品の服づくりは、こうして成立している。

「ビジネスを通して、人々の役に立ち、社会貢献するというのが無印良品の考えなので」と賀曽利さん。ポツリとつぶやいた最後のひと言がまた、印象的だった。


[問い合わせ]
無印良品 池袋西武 03-3989-1171

高橋絵里奈=写真 今野 壘=文

# 無印良品# シャツ
更に読み込む