2019.04.19
FASHION

40代、何を着るか迷ったら「ブルックス ブラザーズ」か「ラルフ ローレン」へ

やっぱりアメトラが好き。BDシャツやローファーは僕らのきれいめファッション原体験。高校時代、お洒落な先輩は皆その格好だったよなぁ。雑誌でウンチクを得るだけでワクワクし、買えば小躍りするほど高揚したものだ。

その後、ストリートやモードなんかも経由したけど、戻ってくるのはココ。その王道がこの2ブランドだ。セレブ愛用者たちを見れば、この道は間違っていないぞ、と思える。40代の今こそ似合う気がしてならないし、目指したくもなる。ゆえに「迷ったら……」への鉄板回答に、ラルフとブルックスを強くプッシュしたいのだ。


BROOKS BROTHERS ブルックス ブラザーズ

ウールサージに金色の段返り3ボタン仕様の紺ブレにライトベージュのチノを。/ブルックス ブラザーズ ジャパン
ジャケット6万9000円、パンツ1万3000円、サングラス2万2000円/すべてブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-185-718、Tシャツ4900円/チャンピオン(ヘインズブランズ ジャパン 0120-456-042)、スニーカー5500円/ヴァンズ(ヴァンズ ジャパン 03-3476-5624)

ウールサージに金色の段返り3ボタン仕様の紺ブレにライトベージュのチノを。オーセンティックなアイコンは、Tシャツ&ヴァンズで崩しても「きれいめ」に収まる。年を重ねたからトライできるハズし技。変わらず愛せる僕らの原点だ。

上から© Everett Collection/AFLO、© Album/AFLO





POLO RALPH LAUREN ポロ ラルフ ローレン

テニスサークル的爽やかさのあるポロベアのニット/ラルフ ローレン
ニット5万2000円、シャツ1万5000円、パンツ2万5000円/すべてラルフ ローレン 0120-3274-20

誤解を恐れず言えば、テニスサークル的爽やかさのあるポロベアは、若い頃なら手を出せなかった人も少なくなかったろう。でも今、王道感と可愛さがなんだかハマる気がする。若い子たちで流行った“オジカワ”は、可愛い子がオジさん的装いをすることだが、オジさんが可愛い格好をする“オジカワ”もありだと、白BDシャツとブラックウォッチのリネン混イージーパンツを合わせた装いを見て、そう思う。

© AFLO


清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング 松本和也(W)=ヘアメイク 髙村将司=文

# ブルックス ブラザーズ# ラルフ ローレン# アメトラ
更に読み込む