https://oceans.tokyo.jp/fashion/2019-0409-4/

大切なスニーカーと長く付き合うために、ケア専門店の力を借りたらどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

大切なスニーカーをケアしてくれる専門店を発見! 最新コインランドリーに腕利きのリペアショップと、行きつけになること間違いなし。


ものぐさなオッサンに大推薦! 洗濯のアウトソーシング

汚れの放置はNG! なんて真顔で言われても、実際のケアは骨が折れるもの。テラスや庭がなければ、風呂場で洗うのも気が引けるし。ならばアウトソーシングを、ということで、スニーカー専用洗濯機&乾燥機を置く最新コインランドリー2店を紹介する。

専用機のメリットは、自らの手を汚さない点はもちろんだが、水流を活かしたパワフル洗浄やスピーディな乾燥により、自宅でのブラッシング洗いよりもダメージを軽減できることにもある(価格は両店舗、洗濯200円、乾燥100円)。

専用機を完備!

ウォッシュ&フォールドに関しては、店舗への持ち込みはもちろんだが、自宅までの集荷&宅配に対応する洗濯代行サービス(2足で1000円※)まで行ってくれるというから、忙しくて時間が作れないときはありがたい限り。
※別途デリバリー料金が必要になる場合があります

ウォッシュ&フォールド 中目黒高架下店

[ショップデータ]
ウォッシュ&フォールド 中目黒高架下店

住所:東京都目黒区上目黒2-45-14 高架下78
電話番号:03-6303-3811
営業:9:00〜23:00
無休

wash-fold.com

また、フレディ レック・ウォッシュサロン トーキョーでは、カフェを併設して洗濯中に楽しく時間をつぶすことができる。こんな新感覚のコインランドリーを、ぜひ利用してみてはいかがだろう。

フレディ レック・ウォッシュサロン トーキョー

[ショップデータ]
フレディ レック・ウォッシュサロン トーキョー
住所:東京都目黒区中央町1-3-13
電話番号:03-6412-8671

営業:コインランドリーは24時間、
カフェラウンジは9:00〜21:00
無休

freddy-leck-sein-waschsalon.jp


涙をのんでお別れする前に腕の立つ修理専門店へ

もしもゴミ箱行きと思っていた溺愛スニーカーが元どおりに履けるなら? そんな奇跡を起こしてくれるのが、人気靴ブランド、エイチ.カツカワのデザイナーでもある勝川永一さんがオーナーを務める、靴とバッグの修理専門店シュー オブ ライフだ。さまざまなタイプのスニーカー補修が可能で、現在、修理依頼が急増中という。

写真上の履き口の修理(3500円〜)や、写真下のアウトソールの部分補修(2000円〜)など、その実力はご覧のとおり。なんとも劇的な復活を遂げてくれそうだ。

このほかにもアウトソール全面貼り(7000円〜)など、事細かなリクエストにも対応可能。ここまで長く&深く愛されたら、相棒のスニーカーもきっと本望でしょうよ。

シュー オブ ライフ

[ショップデータ]
シュー オブ ライフ

住所:東京都目黒区大橋4-22-2 橋本ビル1F
営業:10:30〜20:00
水曜定休
shoeoflife.blogspot.com


戸叶庸之=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
コルテッツ、スウェード、ジャックパーセルは、どのように傑作に成長したのか?
2019.04.09
仕事も休みもハイブリッドに働く靴。その答えは「上は革靴、下はスニーカー」
2019.04.08
M996、キャンパス、スリッポン。歴史的傑作スニーカーの本当の魅力は何か?
2019.04.08
春の装いを一変させる「海なラルフ」と、40代からの理想の着こなし例
2019.04.07
履けば履くほど「次」が欲しくなる、この奥深き世界よ。やっぱりスニーカーはやめられない
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12