2019.04.02
FASHION

履き心地&見た目に効果絶大!「ユニークソール」スニーカー10選

こんなにデザインの余地があったのか。そう思わせる、個性豊かなソールたち。

洒落たカラーリングや、機能に裏打ちされたもの。効果は履いて実感すべし。


アディダス

スニーカー世代に告ぐ「ユニークソール」アディダス
1万2000円/アディダスグループ 0570-033-033

ベースメッシュと足をサポートするフォージドメッシュを重ねた2層構造のアッパー。緩衝性と反発性を備えた独自ソール「バウンス」はサイドもユニークだが、真裏から見るとS字になっており、負荷のかかる部位の補強とパフォーマンスの向上を両立する。



フットストック オリジナルズ × エディション

スニーカー世代に告ぐ「ユニークソール」フットストック オリジナルズ × エディション
3万3000円/エディション 表参道ヒルズ店 03-3403-8086

名だたるブランドのフットウェアを手掛けるシューズデザイナー、竹ヶ原敏之介さんによるブランドとのコラボ作。スムースレザーの質感や白一色の端正な配色で、プラットフォームソールを強調したミニマルデザイン。


ジュリアン デイヴィッド

スニーカー世代に告ぐ「ユニークソール」ジュリアン デイヴィッド
3万9000円/エドストローム オフィス 03-6427-5901

往年のスケシューを思わせるフォルムながら、野暮ったさは皆無でクラス感もたっぷり。そんなブランドの定番モデルの最新作は上質なカウレザーの風合いと、ヒールにブランドネームを刻んだ分厚いソールがインパクト大。


フィリップ モデル

スニーカー世代に告ぐ「ユニークソール」フィリップ モデル
4万8000円/伊勢丹新宿店 03-3352-1111(大代表)

ナイロンやメッシュ、上質レザーを組み合わせたアッパーやシャープな形など、魅力は数あれど、何といってもこの色使いがキモ。爽快なオレンジでミッドソールの積層を際立てている。


ルコックスポルティフ

スニーカー世代に告ぐ「ユニークソール」ルコックスポルティフ
9000円/デサントジャパン 0120-46-0310

洒落者の間では少し前から話題を集めているフットボールタイプ。シンプルだが実はこの「プリューム ツー」、マットなスエードに、テニスシューズのユニットソールを合わせたハイブリッドなデザインだ。


スローウォーク

スニーカー世代に告ぐ「ユニークソール」スローウォーク
1万5800円/イケダヤ靴店 03-3832-0248

まるで屋根瓦のようなシャークソールが目を引く、スパニッシュブランドの一品。ハイグレードなヌバックを使ったこのモデルは上野の名店、イケダヤ靴店でしか手に入らない別注仕様だ。靴紐は実はゴム製で、脱ぎ履きがラクチン。


オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー

スニーカー世代に告ぐ「ユニークソール」オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー
2万9000円/イーストランド 03-6712-6777

現代のスニーカー(それ以外もだけど)トレンドにおける最重要デザイナーといえばこの人。極太ストライプを配したヴァルカナイズド製法によるソールと「SHOELACES」のプリントは旬を知る大人の証しとなる。赤のジップタイは、取っちゃダメなヤツ。


ヴァンズ

スニーカー世代に告ぐ「ユニークソール」ヴァンズ
7500円/ヴァンズ ジャパン 03-3476-5624

プログラミングを思わせるボディのデザインは、どこかSFの世界観を感じさせる。これは、1990〜2000年代のインターネット文化に着想を得たもので、ソールのサイドにさりげなく「VANS」の文字を描いているのもいい。


ミズノ

スニーカー世代に告ぐ「ユニークソール」ミズノ
2万3000円/ミズノ 0120-320-799

トレンドスニーカー論争におけるダークホースとして推したいミズノ、なかでもその筆頭がこの「ウエーブプロフェシー 8」だ。2枚の波形プレートを重ねることで高いクッション性と安定性を実現した「インフィニティウエーブ」が超クール。


ユニフォーム・エクスペリメント × サヴソル

スニーカー世代に告ぐ「ユニークソール」ユニフォーム・エクスペリメント × サヴソル
2万9000円/ソフ 03-5775-2290

気鋭シューズメーカー、サヴソルとの初コラボ。ダッドスニーカー然としたボリューミーなソールながら、ホワイト基調で洗練されたルックスに。そこにオレンジのスタビライザーを利かせた、やりすぎてない主張が絶妙だ。


鈴木泰之=写真 松田有記=スタイリング 今野 壘=文

# アディダス# ヴァンズ# コンバース# ユニフォーム・エクスペリメント# スニーカー# ソール# ユニーク
更に読み込む