https://oceans.tokyo.jp/fashion/2019-0301-4/

ロンハーマンが目指した90年代ラルフ ローレンの世界

このエントリーをはてなブックマークに追加

これを見て「はっ!」とした人は相当なアメカジ好きとお見受けする。90年代初頭にラルフ ローレンからリリースされていた、USAロゴのハーフジップ・スウェットである。

リリースされてい“た”モノがなぜココにあるのか? 答えは、ロンハーマンが別注したからだ。

1万8000円/ポロ ラルフ ローレン(ロンハーマン 03-3402-6839)

この別注スウェット、デザインの元ネタとなったのは、ロンハーマンのバイヤーチームがラルフ ローレンのアメリカ本社を訪れた際に目にした一枚の写真。そこに写っていたのは、USAのロゴとフラッグ以外は何もあしらわれていない、極めてシンプルなこのスウェットを着たラルフ・ローレン氏の姿だった。

「格好いい!」と、バイヤー陣はアイテムの詳細を調べたが、発売時期は特定できず、すでにインラインでの生産も終了。わかったのは「90年代初頭のモノらしい」ということだけ。何とかならないかとラルフ側と交渉し、写真を頼りに再現したのが今回の別注アイテムなのだ。

左肩には「USAフラッグ」の刺繍が。

スウェットはハーフジップ仕様で、ボディ両サイドにはポケットが取りつけられている。タグは90年代の旧タグを採用するというこだわりっぷりで、シルエットはゆったりめ。バック・トゥ・’90sな今の気分にピッタリな1着となった。

タグは90年代初頭に使われていたラルフ ローレンの旧タグを使用。

さらに今回、ロンハーマンは同デザインのTシャツ、キャップも合わせて別注。それがコチラ。

各1万円/すべてポロ ラルフ ローレン(ロンハーマン 03-3402-6839)
各8000円/すべてポロ ラルフ ローレン(ロンハーマン 03-3402-6839)

Tシャツは王道のホワイト、ネイビー、グレーの3色展開。肉厚なコットンボディでシルエットはゆったりめ。こちらも左袖にはUSAフラッグが入り、カレッジ感ある「USAロゴ」が懐かしさとともにフレッシュな感覚を運んでくれる。

フロントに大きく「USAロゴ」を配したキャップは、スタンダードな6枚はぎタイプ。かぶりも深いので身に着ける人を選ばないのがうれしい。後部には星条旗が入り、後ろ姿も抜かりなし。ホワイト、ネイビー、シャンブレーを展開する。

ロンハーマンの“ラルフ ローレン愛”の結晶とも言える今回の別注アイテム。同じくラルフ愛を持つオーシャンズ世代なら共感せずにはいられない、価値ある逸品だと思うのだ。


[問い合わせ]
ロンハーマン
03-3402-6839

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロンハーマンとバリの人気ホテルのコラボTシャツが全部イケてる理由
2019.03.18
いい状態で「ずっと着てほしい」。その一念が生んだデニムとスウェットのスゴみ
2019.03.18
ロンハーマンがOAMCと作った、すべての40代に刺さる春服
2019.02.22
ツウから「わかってるね」と太鼓判をもらえるカルチャーピース
2019.02.18
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05