https://oceans.tokyo.jp/fashion/2019-0210-2/

大人になったからこそわかる、心地良い服に感じる満足感

このエントリーをはてなブックマークに追加

デザインや色柄が自分好みのものでなければ着たくない。でも、袖を通して違和感や不快感を感じる服は、もっと着たくない。大人になり、服選びで変わったことの1つが、誰かに見せるためよりも、自分が心地良く満足できるかを大切に思うこと。そこで、厳選。とびきりの素材で作ったベスト・オブ・キモチイイ服。

「ベアフット ドリームズ フォー RHC」のカットソー

ブランドの定番生地より薄手に仕立てられたコージーシックライトを使用した「ベアフット ドリームズ フォー RHC」のカットソー。
パーカ1万9000円、クルーネック2万2000円/ともにRHC ロンハーマン 045-319-6700

竹由来のレーヨンとナイロンのマイクロファイバーからなる独自素材であり、ブランドの定番生地より薄手に仕立てられたコージーシックライトを使用。夏は涼しく冬は暖かく通年で活躍するうえに抗菌性まで備え、フワフワ&しっとりのその気持ち良さは、極上のバスタオルに包まれるように思わず肌をスリスリしてしまうほど。この単色のネイビーカラーは、海上がりに着たいアイテムが多いRHC ロンハーマンの別注だ。


「ポータークラシック」のジャケットとパンツ

オリジナルのビーバーカシミヤを使用した「ポータークラシック」のチャイナジャケットとアンクルパンツ。
ジャケット15万円、パンツ10万円/ともにポータークラシック 銀座 03-3571-0099

トロけるように柔らかく、ふんわり軽やかなオリジナルのビーバーカシミヤを使用。それをアウトドアのディテールをミックスした、チャイニーズジャケットへと落とし込んだカジュアルセットアップ。テーパードシルエットのアンクルパンツは、ウエストゴムのイージー仕様なので腹回りもノーストレス。 その極上の気持ち良さと品のあるデザインから、クセになる中毒者が後を絶たないとか。


「バナナタイム」のシャツ

シルク素材を使った「バナナタイム」のシャツ。
4万3000円/オー! ショールーム 03-5774-1408

スベスベの肌触りに加え、暑いときは涼しく、寒いときは暖かく、汗ばんでもサラサラ感が長続き。シルクシャツってキザなイメージもあるが、実は天然の機能素材ともいわれるほど超快適なのだ。


「シーグリーン」のパーカ

「オニワッフル」と呼ばれる生地を使った「シーグリーン」のパーカ。
各2万6000円/タトラス ジャパン 03-5708-5188

ワッフル編みの凹凸が非常に大きいことから「オニワッフル」と呼ばれるこちらの生地。ざっくり&ふんわりのローゲージで風通しが良く、肌に触れる面積も少ないため、春夏の羽織りに抜群!


「ドルチェ&ガッバーナ」のニット

「ドルチェ&ガッバーナ」のニットはリピーターが絶えない定番品。
10万7000円/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン 03-6419-2220

最先端のトレンドを牽引している一方で、ハイベーシックなアイテムもラインナップしているドルチェ&ガッバーナ。なかでも、てらいのないシンプルなルックスが追求されたこのカシミヤニットは、リピーターが絶えない定番品だ。

その優しい肌触りと軽やかな着心地は、袖を通した途端に思わず笑みがこぼれるほど。また絶妙なフィットも人気の秘訣であり、チラリと鎖骨が覗く少し広めのネックラインが、イヤらしく見えない程度に大人の色気を演出してくれる。そうした緻密な計算は、男の肉体を熟知し、魅力的に引き立てる上質なセンスとテクニックを持ち合わせているからこそ。カラダもココロも満たされる、そんな逸品なのである。


渡辺修身、鈴木泰之、蜂谷晢実、高橋絵里奈(清水写真事務所)、比嘉研一郎=写真 星 光彦、来田拓也、松田有記=スタイリング  髙村将司、いくら直幸、今野 壘=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
ナイスショットの前に揃えておきたいギア6選。これでスタイルもスコアも輝きゴルフ!
2019.04.03
’90年代を知るオッサンこそ着たい、本物のSK8ブランドの洒落たアイテム
2019.04.02
いいオッサンは1日にしてならず。確実にいい男に近づける美容グッズ
2019.04.01
モンクレールほか。なぜだか多い、はがせるロゴ服で大人に味方する4択
2019.03.31
37.5歳からの欲しいモノ・もの・物! WHOLE OCEANS CATALOG 2019
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12