冬の街角パパラッチ! 街に出よ。お洒落のヒントはそこにある! Vol.36
2019.01.23
FASHION

ベルスタッフの新ディレクターが旧作に施した意外なアプローチ

街でもハマるライダーズの数々を手掛けるベルスタッフから、「INTRODUCING」と名付けられたカプセルコレクションが届いた。

カルバン・クライン、ラルフ ローレンなどで経験を積んだ新クリエイティブ・ディレクター、ショーン・レーンハート・ムーアの“自己紹介”的初仕事は「旧作のアップデート」という意外に渋いアプローチだ。

ストームコートにインスピレーションを得た、ベルスタッフのトレンチコート。
11万8000円/ベルスタッフ(ベルスタッフ 銀座ストア 03-6263-9978)

まずはストームコートにインスピレーションを得たトレンチコート。コットン×リネンのツイル素材ながら、真冬にも対応する防寒性を備える。

1950年代のスクータージャケットをソースに、現代的なシルエットにリデザイン。
13万2000円/ベルスタッフ(ベルスタッフ 銀座ストア 03-6263-9978)

こちらは1950年代のスクータージャケットをソースに、現代的なシルエットにリデザインしたものだ。

デビューにしてはちょっと地味? いやいや、ブランドが歴史の中で培ってきた「男らしさ」に磨きをかけようというその心意気、しかと受け取りましたよ。

 

鈴木泰之=写真 柴山陽平=スタイリング 加瀬友重、髙村将司、実川 実、iconic=文

# コート# ジャケット# ベルスタッフ
更に読み込む
一覧を見る