スニーカー世代を刺激する「一足触発」 Vol.2
2018.10.26
FASHION

あまりにも斬新な22年前の発想が蘇った奇跡のリーボック

リーボックから最新のフォルムに90sテクノロジーを組み合わせたハイブリッドモデルのオールブラックバージョンがリリースされた。それが「RUN.R96」と「SOCK RUN.R」である。

このふたつのモデルには、1996年に製品化されなかった幻のシューズ「PUMP EVO」のプロトタイプサンプルのアウトソール部分のテクノロジー、スプリットツーリングを現代に蘇らせたという共通点がある。

4つに分割されたミッドソール/アウトソールと合成樹脂製プレートを組み合わせた構造は、今から22年前に着想されたとは思えないほど斬新で、現代でも古さをまったく感じさせない。

「RUN.R96」2万3000円/リーボック(リーボック アディダスグループお客様窓口 0570-033-033)

リーボックは1997年よりソールユニット内部の空気が移動することで比類なき衝撃吸収反発性能を発揮するDMX2000(のちにDMX10及びDMX6に改名)を大々的に打ち出し、ワールドワイドでヒットすることになるが、複数のアウトソールテクノロジーを同時に訴求することは得策ではないという理由などから、このスプリットツーリングは日の目を見ることはなかった。

しかし、このテクノロジーが持つデザイン面のインパクトの大きさは、2018年の現代でも充分に通用すると判断され、復刻されたのである。

「SOCK RUN.R」2万7000円/リーボック(リーボック アディダスグループお客様窓口 0570-033-033)

今回ラインナップされたのは、通常のシューレースではなく、コードロックを採用することでフィッティングの調整がイージーな「RUN.R96」、そしてモデル名の通りソックスのようなアッパー形状で足にぴったりとフィットする「SOCK RUN.R」の2モデル。

いずれもアッパー、ソールをブラックで統一することにより、あらゆるスタイルにコーディネイトしやすいプロダクトに仕上がっている。

「最近のスニーカーはカラーリングが派手すぎて……」という声も多いが、この2モデルなら、そんな大人のスニーカーフリークをも満足させることができるだろう。

 

[問い合わせ]
リーボック アディダスグループお客様窓口
0570-033-033

南井正弘=文

# リーボック# スニーカー# 一足触発# 復刻
更に読み込む