オーシャンズな男よ、100%ハワイを遊べ! Vol.30
2018.07.18
FASHION

“職人技”や“柄もの”に目がないモデル・三宅 敬さんが惚れたサングラス

自分らしいメガネ、それはきっとパーソナルな部分にあると思う。仕事、趣味、ファッションの好み……。数あるメガネから自分らしい1本を選び、シーンや気分に合わせて楽しく“着替える”。

モデル、バイヤー、デザイナーと多才な三宅 敬さん。現在は沖縄の焼物“やちむん”の販売も行う三宅さんが、自由な意思と感覚で「サングラス」を楽しみ尽くす。

シャツ2万7000円/エーアイイー(ネペンテス 03-3400-7227)

 

三宅 敬さん Age 51
職業: モデル、バイヤー、デザイナー
趣味: サーフィン
好きなアイテム: 沖縄の焼物、古着
好きな柄: ヒョウ柄
みやけ・たかし●1967年生まれ。20歳でモデルデビュー。その後、3年ほどNYに留学し、米西海岸でアメリカ古着の買い付けなどを経験。33歳からは約10年にわたり「モダニカ」に務め、ミッドセンチュリー家具の造詣を深めた。現在は事務所兼ショップ「58」にて、読谷山焼「北窯」の製品と自身のリメイクブランド「サードハンズ」を販売。若い頃にハマっていたサーフィンは、今はロングでのんびり楽しんでいるそう。

 

「プロサーファーをサポートするブランド。気になるよね」

サングラス2万2000円/アイヴォル(アイヴァン PR 03-6434-5027)、グラスコード2000円/トニー タイズサン(デコラ 03-3211-3201)、Tシャツ5800円/ウィンダンシー(レイク・タホ 03-5708-5757)

「15歳から20代いっぱいまではサーフィンに夢中でしたから、サーフィンに対する思い入れは年を重ねた今でも当然ありますね。このブランドも気にはなっていましたよ」。

昨年デビューを果たし、その圧倒的な軽さと優れた掛け心地で話題を博した日本のサングラスブランド、アイヴォル。プロサーファーをはじめとして多くの日本人アスリートを積極的にサポートしているのだ。

 

「昔っから柄ものには目がないもんで」

サングラス3万1000円、Tシャツ6000円/ともにサタデーズ NYC(サタデーズ ニューヨーク シティ 03-5459-5033)、シャツ22万8000円/マディソンブルー 03-6434-9133

実は柄もの好きという三宅さん。なかでもヒョウ柄には目がないとか。

「アメリカに買い付けに行っても、ヒョウ柄のヴァンズなんかが真っ先に目に入ってくる。ただ好きなだけで理由は自分でもわかりません(笑)」。

大胆なマーブル柄のウェリントンはお馴染みサタデーズ ニューヨーク シティのもの。さすがに良く似合ってます。

 

「“やちむん”同様、職人技ってやつに弱くて」

サングラス3万8000円/アヤメ(G.B.ガファス 03-6427-6989)、シャツ2万2000円/マイシンクス(RHC ロンハーマン 045-319-6700)

沖縄の焼物=“やちむん”に惚れ込んできた三宅さん。読谷村に工房を構える「北窯」の魅力をこう語る。

「伝統的な登り窯、わずか年5回の火入れといった特徴もありますが、いちばんの魅力は4人の親方たちの職人技。その作品はモダンで力強く、色使いも見事です」。

日本製にこだわり、日本の匠の技を活かしたアイウェアを作るアヤメのサングラスにも、相通ずるものがあるのだとか。

 

「出張だとポケットサイズが重宝します」

3万5500円/ギャレット・ライト・カリフォルニア・オプティカル(グローブスペックス ストア 03-5459-8377)

「国内外を問わず出張が多くて。やっぱり荷物はコンパクトにまとめたい。サングラスもこんなふうに折り畳めると重宝します」。

フォールディングタイプでは比較的珍しい、超細身のメタルフレーム。LAブランドらしい、ヴィンテージ感漂うデザインに仕上がっている。

 

清水将之(mili)=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介=スタイリング SHUTARO(vitamins)=ヘアメイク 加瀬友重=文 菊池 亮=編集

# サングラス# 三宅敬
更に読み込む