https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0711-5/

「正直、老眼は来てますね(笑)」建築デザイナーが実践した着替えるメガネ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分らしいメガネ、それはきっとパーソナルな部分にあると思う。仕事、趣味、ファッションの好み……。数あるメガネから自分らしい1本を選び、シーンや気分に合わせて楽しく“着替える”。

どんなアイテムも機能美が大事だと語る、建築デザイナーの細田邦彦さんを唸らせるメガネとは。細田さんが自由な意思と感覚で楽しみ尽くす。

シャツ1万9000円/サイ(マスターピースショールーム 03-5414-3385)、ニットT2万5000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)


細田邦彦さん Age 41
職業: 建築デザイナー
趣味: 旧車でのモトクロスレース
憧れの有名人: スティーブ・マックィーン
好きな服: トラッドなもの
ほそだ・くにひこ●1976年生まれ。インダストリアルなデザインの男らしい家具やハウスホールドグッズを展開する「パシフィック ファニチャー サービス」にてデザイナーを務めたのち、独立。6年前に建築デザイン事務所「ハウストラッド」を設立。家具はミッドセンチュリー、バイクはヴィンテージモトクロス、音楽はレア・グルーヴを愛するこだわりの(本人は意識していない)趣味人。奥さまと9歳の愛娘を持つ父親でもある。


「細部の仕事ぶりに感心しました」

メガネ3万8000円/アヤメ 03-6455-1103、ニット3万5000円/サイ(マスターピースショールーム 03-5414-3385)

「正直、老眼は来てますね(笑)。まさに探している最中でしたが、こんな華奢で美しい作りのものがあるとは知りませんでした。細部まで心を配った作り手の仕事ぶりに思わず感心してしまいました」。

ご存じアヤメが手掛けるリーディンググラスは、半円の玉型に金のフレームというクラシックデザイン。リムに施された彫金は繊細そのもの。デザイナーである細田さんを唸らせる仕上がりなのだ。


「はい、スティーブ・マックィーンに憧れています(笑)」

サングラス2万9000円/ペルソール(ファブ 03-6427-7827)、ジャケット4万6000円/バラクータ(スープリームス インコーポレーテッド 03-3583-3151)、Tシャツ4800円/ブルー チップ(ヘムト PR 03-6721-0882)

現在はフォールディングタイプのペルソールを使っている細田さん。では、こんな個性的な2ブリッジのサングラスはいかが?

「ペルソールは僕の憧れであるスティーブ・マックィーンが掛けていたブランドなので、当然好きです。このモデルもいい感じ。シールド付きのへドン社のヘルメットを被りますが、バイクに乗るときは普通にサングラスを掛ける派です」。


「デザインと機能が直結 ──自分の仕事もそうありたい」

メガネ15万8000円/リンドバーグ 0120-981-913、シャツ2万4000円/ユナイタス(スタディ ショールーム 06-6948-6093)

「メガネに限らず、どんなアイテムも機能美というものが大事だと僕は考えています。素材に凝ったこのメガネもそうですよね。なるべくしてこのデザインになっているんだと思います」。

デンマーク発のリンドバーグによる、ウッド、バッファローホーン、チタンを精密に組み合わせた1本。肌に触れる部分には医療用シリコンを用いるなど、徹底して機能性を追求する。


「いかにもユニークなやつに惹かれます」

4万8000円/アンダストリアル(トゥーランドット 06-6442-4060)

「玄人受けするようなディテールもいい、でも誰にでもわかるユニークなディテールにもつい惹かれます」。

素材は弾力性に優れたステンレス。ネジを1本も使わずに折り畳める点は玄人受け、マグネットでパチッとくっつく収納しやすいテンプルは万人受けする面白い仕様なのだ。


「バイク好きをくすぐる“仕掛け”がある」

9万7000円/ジャック・マリー・マージュ(オブジェ・イースト 03-3538-3456)

古いドゥカティとカスタムしたモトクロスバイクを所有する細田さんは、レースなどにも積極的に参加している。

「バイク関連のモノにはジャンルを問わず目が行きますね」。正面から見るとわかりづらいが、これは折り畳み式の風防をヒンジ部分に装着した変わり種。


清水将之(mili)=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介=スタイリング SHUTARO(vitamins)=ヘアメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
「老眼鏡はある意味オッサンの特権」三宅敬さん流メガネの楽しみ方
2018.07.19
“職人技”や“柄もの”に目がないモデル・三宅 敬さんが惚れたサングラス
2018.07.18
シンプルに傾倒しがちな夏のスタイルを救う「小物3点セット」がコレ
2018.07.15 / オーシャンズ的 パパ改造計画
街男・平山祐介が直感で選ぶ、自分らしい“サングラス”
2018.07.09
オーシャンズな男よ、100%ハワイを遊べ!
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21