https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0531-3/

今子供に着せるなら“生意気かっこいい”デニムスタイルを選ぶべし

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供らしくかわいい服を着ている我が子もいいけれど、自分も欲しくなってしまう“かっこいい服”を生意気に着ている姿も、また格別。服好きなオトーチャンズの皆さんであればこの感覚、わかるはず。

そこで集めた、子供のためのオーシャンズな服。今回のテーマは、いつものデニムスタイル。
コドモ服をいつまでもヨメまかせにしていたら、オトーチャン失格ですよ!

やんちゃ盛りにこそデニムが似合う

子供にいちばん必要なもの。それは、動きやすくて、思い切り走り回ってもヘタらない服。となるとデニムがベスト。それに似合う服があれば、いつだってキッズは“やんちゃ”でいられるはずだ。

と言いつつ、俺好みな「デニムが似合う子供」になってほしいって想いも実は、あるんだけどね。

BOYS

インディゴシャツに映える、オフ白のオーバーオール

オーバーオール5500円/ユニバーサル オーバーオール×ビーミング by ビームス(ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ 048-788-1130)、シャツ6500円/リー(シップス 二子玉川店 03-5716-6346)、スニーカー5000円/ヴァンズ(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング ルミネ新宿店 03-3345-9655)

動きやすさとタフさで選んだ、ゆったりシルエットのオーバーオール。薄手のコットン仕様だから、着心地も見た目も涼しげだ。オフホワイトのボディがインディゴのシャツに映えるコチラは、アメリカの老舗ワークブランドへの別注品。そんな特別感もまた魅力なんだよね。

ディセンダントの開襟シャツ

1万7000円/ディセンダント 03-5784-0314

開放感満点の開襟シャツには、ラインで引かれたさまざまなルアーをプリント。着心地もライトで申し分なし。そんな1枚なら息子の心も釣れるかも!?

ファセッタズムのデニム

2万1000円/伊勢丹新宿店 03-3352-1111(大代表)

伊勢丹との特別企画で作られたブランド初のキッズ用デニム。膝裏にエラスティックパーツを配した大人と同様のデザインで、動きやすさもお墨付き。

シーグリーンのパーカ

1万4000円/タトラス ジャパン 03-5708-5188

汗だくになるやんちゃ盛りに、吸水性と清涼感を備えたワッフルパーカはいかが? フェイド感のあるレモンイエローは、間違いなくデニムに似合うはず。

スムージー × フルーツ オブ ザ ルームのTシャツ、タンクトップ

左●2400円、右●3200円/ともにチャールス 03-6412-8227

老舗アンダーウェアブランドへのキッズ別注。タフな天竺ボディが頼りになることは我々もよく知るところ。夏の大定番にぜひ!

トニーのTシャツ

各4200円/タイズサン 03-6447-1655

息子には“かわいいミッキー”ではなく“かっこいいミッキー”を。オールドスクールなバンダナを巻いたミッキーはその適役。裾のオレンジタグもナイスアクセントだ。

パタゴニアのバックパック

H43×W24×D18cm 7000円/パタゴニア日本支社 0800-8887-447

リサイクルポリエステルを使った軽量なこちらは、たっぷり荷物を入れてもへっちゃら。撥水加工もされていてガンガン連れ回せる。オレンジも効いてるね!

GIRLS

快適さもしっかりキープした、’70sなデニムスタイル

子供●ブラウス2万4000円〜、パンツ3万2000円〜、スニーカー2万9000円〜/すべてアルマーニ ジュニア(ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070) 大人●カットソー2万3000円、パンツ6万7000円、スニーカー参考商品/すべてエンポリオ アルマーニ (ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070)

暑い日のデニムは嫌! という娘の声に、ワイドシルエットの七分丈パンツで応える。インディゴブルーだけど素材はライトオンスのシャンブレーだから快適だ。それに幾何学柄がレトロなブラウスを合わせて’70sな雰囲気にまとめた。デニム好きな俺も大満足。

ジーユーのサロペット

1990円/ジーユー 0120-856-453

古着風のアタリと切りっぱなしの裾のフリンジ。大人のトレンドをそのままトレースしたこちらはコスパにも注目。Tシャツに合わせて生意気なトムボーイを気取らせて!

ヒステリック ミニのTシャツ

5000円/ヒステリック ミニ 03-5485-7612

ピンクボディに大胆なタイポグラフィ。かっこいいデニムのイロハを知るブランドのキッズ用Tシャツはいつも秀逸。キャラクターの“MINI”がシルエットに。

エーグルのラバーブーツ

5000円/エーグル 0120-810-378

創業165年のフランスブランドの安心を雨の日に。ハンドメイドで天然ゴム仕様のラバーブーツには、細身のデニムをインして合わせたい。ヒールのリフレクターも◎。

ナイキ スポーツウェアのスニーカー

1万1000円/ナイキ 0120-6453-77

スニーカー世代なら誰もが知るエアマックスの感動を娘にも。“ビジブルエア”による衝撃吸収力に彼女もきっと夢中になるはず。女子向けな好配色もいいね。

ヒムハーのパーカ

1万9200円/ヒムハー info@himher-children.com

娘を持つ俳優・モデルの水上剣星さんが奥さんと手掛けるブランド。洗いをかけたコットンの風合いが素肌に心地良い。ビッグシルエットのユニセックス仕様だから兄弟姉妹で着回せる。

ボントンのカーディガン

1万2500円/ボントン 代官山 03-3461-2788

デニムブルーに映えるマスタードイエローのカーディガンは、リブ編みで程良く体にフィット。とはいえコットンボディだからチクチクもしないのだ。


田邉 剛=写真(人物) 清水健吾=写真(静物)
松田有記=スタイリング 福島リサ=ヘアメイク
長谷川茂雄=文・編集

このエントリーをはてなブックマークに追加
進化したリプレイのデニムはどれだけ“ハイパー”になったのか
2019.03.22
スニーカーに続き「ダッドデニム」ブームか? ヤヌークのデニム最前線
2019.03.21
いい状態で「ずっと着てほしい」。その一念が生んだデニムとスウェットのスゴみ
2019.03.18
ケツが大きい体育会系オッサンに味方するヌーディージーンズの最新デニム
2019.03.17
ヘビロテできる!着回しできる!期待に応える服。応えない服。
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05