2018.04.20
FASHION

大人の男ならわかるはず! ポールとラルフの遊び心にヤラれるこの感覚

ポール・スミスとラルフ ローレン。どちらも、我々には欠かせない名ブランドである。

その、英米を代表する御大から届けられた新作は、らしさ全開の、実に茶目っ気たっぷりなものだった!


フラッシャーだけどこれならつけっぱなしもあり!?

2万円/PS ポール・スミス(ポール・スミス リミテッド 03-3478-5600)

スーツを買ったとき、袖に付いていることがある生地のタグ。外さずに着てる人は案外いるもので、街角で思わず「外したほうがいいですよ」と声をかけたくなる。さすがにデニムのフラッシャーを付けっぱし、という人はいないと思うが、これなら外したくないと思わせてくれるのがこちらのデニムたち。

2万円/PS ポール・スミス(ポール・スミス リミテッド 03-3478-5600)
1万6000円/PS ポール・スミス(ポール・スミス リミテッド 03-3478-5600)

描かれるのは、そのデニムの特徴を表現したイラストである。楽チンなストレッチデニムは「カウチで寛ぐドクロ」、丈夫なコーデュラナイロン混は「屈強な男」、赤みを帯びた色みのコットンリネンデニムなら、それが流行した「’70~’80年代の西海岸風アイコン」となる。この布を付けている人には指摘しちゃいけない?


ブランドの名物キャラがサーフデビュー?

3万9000円/ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 0120-3274-20)

アメカジ界で人気を博す“クマ”といえば、ポロ ラルフ ローレンの「ポロベア」。スウェットやキャップにあしらわれたアメリカンクラシックなその姿に、心惹かれる人も多いと思う。そんな彼が、先頃サーフを始めた模様。

こちらのコットンリネンのベストをご覧あれ。表では果敢にビッグウェーブを乗りこなし、裏では豪快にワイプアウトするお茶目な意匠。フェアアイル風の柄の中にはフラガールや「LIFE’S A BEACH」といった文字までさりげなく配置する。定番・ミーツ・サーフってもう、我々のツボを押しまくり。意外なヤツの海男の仲間入りを素直に歓迎したい。


大人の大半をニンマリさせる、英米の御大が見せた痛快な茶目っ気。それもこれも、長年シーンを牽引してきたがゆえの懐の深さによる賜物なのだ。


中村利和=写真 松本有記=スタイリング

# ポール・スミス# ポロベア# ラルフローレン
更に読み込む