37.5歳からの使える服って何だ? Vol.7
2018.04.08
FASHION

衣替えの時季にデビューしない? ニットの虫食いに別れを告げるプロの技

セーターにしてもコートにしてもジャケットにしても。シーズンが終わった上質なウールのアイテムを正しくメンテナンスせずクローゼットにしまうとどうなるか。

次に「着たい!」と取り出したときに、虫食いの穴と出会うはずである。この出会いほど残念なものはない。そこで、衣替えの時季に知っておきたいニットのメンテナンス術を、プロに聞いてきた。

>レザー編はこちら

ニットはどうメンテする?
〜「HIRANO」のブラシさえあれば無敵だ!〜

ユナイテッドアローズ 六本木 メンズストアに立つ田中裕人さん(36歳)は、公私を問わずスーツやニットなどウールの服を愛用している。そんな日々着用するワードローブのケアにも、もちろん一家言持っている。その象徴といえるのが、15年ほど愛用している、日本メーカー「HIRANO」の馬毛を使った洋服用ブラシだ。これは多くのメゾンのフィッティングルームにも置かれている名作で、これで「やさしくブラシをかけて、ウールのなかに詰まった埃を出してあげます。そうやって毛並みを整えると長持ちするし、風合いもよくなるんですよ」と田中さん。

田中さん愛用の「HIRANO×ザ ソブリンハウス」のブラシは販売終了。こちらと似たつくりの「カシミヤ」(1万円)というモデルがオススメ。問い合わせは「ブラシの平野(03−3852−5440)」まで。

「『HIRANO』は1942年に創業した日本が誇るブラシ専業メーカー。木製の持ち手も絶妙な重さで気に入っています。これ1本でスーツはもちろんセーターもケアできるし、衣替えの時季はひたすらブラッシングしてますね(笑)。長く使い続けてブラシも馴染んできたので、ことさらに使いやすくなってきました」。

長く使うと手癖に馴染んでいっそう使いやすくなる。キメ細かいブラシが美しい。

 

HOW TO メンテ

① 手持ちでやるときは、ハンガー部分を持ってブラッシング。力を入れすぎないようにして、毛先をスーツに軽く当てるイメージ。上から下へ、毛並みに逆らわないように丁寧に。

 

② 丹念にブラッシングする場合は、ラックにかけるのが鉄則。溜まった埃が見やすいように光が当たる場所でやるのがいい。

 

③ ニットでもジャケットでも、順番は上から下へ。最後は袖口もやさしくブラッシング。力を入れずにあくまでさらりと撫でるように。

 

④ ジャケットの場合、意外に見落としがちなのがラペルの内側。埃が溜まりやすいので、ラペルをめくってしっかりブラッシング。

 

⑤ 5分程度軽くブラッシングしただけで、ジャケットの表面がふんわりとしてくる。汚れが落ちた証拠だ。

ちなみに田中さんは、週末になると1週間着たスーツを家の日当たりの良い場所にすべて吊るして、一着ずつ丹念にブラッシングするという。

「長く着るには、こうしたメンテナンスが欠かせません。ダブルのスラックスなら裾にもゴミが溜まるので、そういうところもチェックします。ブラッシングを丁寧にやって、細かいところのゴミを定期的に掻き出しておけば、虫食いの心配なんてないですよ。衣替えの時季に、徹底的にブラッシングしてみてはどうですか?」。

教えてくれた人●田中裕人さん。ユナイテッドアローズ 六本木 メンズストア セールスパーソン。2006年、南青山にオープンした実験的なセレクトショップ「リカー,ウーマン アンド ティアーズ」の立ち上げに参加。腕時計、靴、スーツなど、男の必需品全般に収集癖がある。 
# ニット# ブラシ# メンテナンス
更に読み込む