定番色、派手色、挿し色など、シンプルで大人っぽく装う男たちの色使いのコツ Vol.11
2018.04.04
FASHION

日々の相棒に求めるのは耐久性。ガシガシ使えるタフなバッグ

ガシガシものを入れられて、ドサっと床に置いても気にならない。やはりバッグには実用品としての価値が最重要項目だ。

であれば選ぶべきは先端技術を用いたものにしろ、伝統的なファブリックにしろとにかく頑丈なヤツだ。担げば自ずとタフな印象を授けてくれるのも、儲けものかな。

AK457
エーケー457

H49×W24×D10cm 2万8000円/バートン 03-5738-2555

スノーボードの本命ブランド、バートンの中でも、テクノロジーを最大限に活かしたアイテムを揃える、バックカントリーに特化したブランドよりピック。軽量で強度があり、見た目もグッド! と昨今話題の高機能素材「X-PAC」を使った「ジェットパック」だ。グローブをしたままでも扱いやすいジッパープルやフリースライナーのゴーグルポケットなど、ホンモノならではのスペックが男心を存分にくすぐる。

KARRIMOR
カリマー

H57×W27×D23cm 1万5000円/カリマー ジャパン 03-3221-6883

ゴワゴワ硬くて、いかにも武骨な素材「ライノクロス」。そのネーミングはサイの皮膚のような生地を意味しているのだそう。分厚いナイロンに特殊な加工とワックスコーティングを施した独自のもので、経年変化も楽しめるのもポイントだ。

ARC’TERYX
アークテリクス

H50.7×W30.7×D14.5cm 2万5000円/アークテリクス ︎03-6631-0833

カナダ、バンクーバーにある大通りの名にちなんだ「グランヴィル バックパック」は、自転車で移動する都会のコミューターをイメージしている。耐水性と強度の高い高密度ナイロン、「N400p-AC²」を採用しているのも、雨が多いその土地柄を意識してのことだ。

ACUNEO
アクネオ

H15×W20×D9.5cm 2900円/ヤマニ 03-3862-0821

リゾートライクなストライプ柄のポーチは、テントやパラソルなどに使われる耐久・撥水性に優れたポリエステルキャンバスを使ったもの。リラックスムードを湛える外見にしてその“中身”はタフネスそのもの。こうしたギャップにもつい心が動く。

BELSTAFF
ベルスタッフ

H40×W29×D13cm 7万500円/ベルスタッフ 銀座ストア 03-6263-9978

“パリダカ”にインスパイアされた今季を象徴する、レトロなウォッシュドナイロン素材の「フィールドウェイバックパック」。軽くて耐久性にも優れており、昔ながらの山岳用バッグを思わせるデザインにぴったりマッチしている。

RIMOWA
リモワ

H33×W39×D15cm 4万5000円/リモワ 072-994-5522

マットブラックのブリーフケース「ボレロ ノートブック」はお馴染みのポリカーボネートボディとケプロテック製フロントポケットからなる。特に後者は防弾チョッキにも使われるケブラー繊維を使っていると聞けば、その堅牢性へのこだわりがわかるはず。

HARVEST LABEL
ハーヴェスト・レーベル

H45×W29×D13.5cm 4万7000円/ハーヴェスト・レーベル 表参道 03-3402-9055

耐久性と撥水性に優れるコーデュラのポリエステル地にポリウレタンコーティングを施した生地は、ブランドが誇る主要素材。ロールトップのセンターに位置するコブラバックルは米軍パラシュート部隊でも採用される。

 

鈴木泰之=写真 石黒亮一=スタイリング 持田慎司、今野 塁=文

# アークテリクス# バッグ# 高耐久
更に読み込む