間違いだらけのデニム選び Vol.1
2018.03.31
FASHION

いい色落ちのために「デニムを洗わない」は都市伝説か? <理論編>

デニムは洗わないほうがいい。頭では、なんとなくわかる。洗えば、色落ちすることは目に見えているし、実際、一度も洗わずにはいていたデニムをオカンにやられた! 的エピソードは、多くのオッサン諸君が経験しているかと。

とはいえ、そんな話も今は昔、加工モノも普及しデニムが多様化する昨今、どんなデニムであろうと「洗わない」が、はたして正義なのだろうか?

そこで、「洗わない至上主義」の都市伝説を再検証。加工からリジッドまでデニムのことならなんでもござれ、店頭でウォッシングサービスまで行うデンハム GINZA SIX店で、あれこれと「洗う関連」の疑問を投げかけてみた。前・後編の第1回は、座学による<理論編>。

そもそも、デニムを「洗わない」ってなんで?

みなさんは、デニムとどう接しているだろう。洗わない? 洗う? デニムとは深い付き合いを自認するオーシャンズ世代とてその対応はまちまちで、経験となんとなくの知識をベースに接している、というのが実際のところ。

そこでふと疑問に思う。そもそもデニムを「洗わない」って、なんでなんだろう? この素朴な問いに答えていただいたのは、デンハム GINZA SIX店スタッフ、吉澤 陸(よしざわ りく)さん。

吉澤 陸さん。弱冠22歳という若さながら、これまでに洗ったデニムは1000本に迫るという。

「『どんなデニムでも洗わない』なら、それは間違いです。洗わないことを推奨するのは、糊のついたリジット、いわゆる生デニムだけ。しかも、洗わずに長くはき込むことで自分だけのオリジナルな色落ちを楽しみたい期間についてだけの話です。つまり、洗わない期間=加工期間ということになります」(吉澤さん ※以下カッコ内はすべて吉澤さん)。

なんと! 洗わないのはいわゆる「生から育てたい」人だけの期間限定的な話ですか?

「はい。ですので、自分だけの色落ちに育てたいなら、半年から1年以上は洗わないほうがいいでしょう。腿の付け根につく「ヒゲ」や、膝裏の「ハチノス」は、まさにリアルなはき込みが生む色落ちです」。

[左]脚の付け根付近に横に走る色落ちが「ヒゲ」。[右]膝裏に蜂の巣状にできる色落ちが「ハチノス」

「体を動かす際にできるシワの部分は糊が落ち、当たらない部分は糊が残る。糊が落ちた部分は、インディゴの色が抜けやすくなり、糊が残った部分は、インディゴが落ちない、というメカニズム。この期間を経てから、最初のウォッシュでキレイに糊とアタリ部分のインディゴを洗い落とすことで、生デニムからリアルな色落ちが得られるというわけなんです」。

 

ファーストウォッシュは「神聖なる儀式」と心得る

なるほど、生デニムを“育てる派”にとって、最初の洗いはその後の“成長”を決める「神聖なる儀式」というわけだ。ということは、すでに加工されているデニムなのに洗わない、とか、一度糊を落としているのに二度目までなかなか洗わない、というのは、あまり意味がなさそうである。

「二度目以降も、なるべく色を落としたくないという気持ちはわかりますが、洗ったほうが清潔ですし、色落ちをなるべく抑える方法もあるんですよ」。

えー! そうでしたか。しかし、ファーストウォッシュまでの半年から1年間はどうすればいいのだろう? ニオイ問題が気になるところ……。

「干すのは、ひとつの対応策です。大きく分けて天日干しと陰干しがあり、それぞれメリットとデメリットがあります。天日干しは紫外線がデニムに付着したバクテリアを殺菌してくれますが、一方で陽射しによる退色の可能性はある。また、陰干しは、室内というきれいな環境で乾燥でき、日光による退色は防げるものの、殺菌効果は薄い。天日干しはよほどニオイが気になる場合のみで、月1程度陰干しすればいいかと思います」。

リジットデニムの「レイザー VCSS」3万7000円。購入した人にはオリジナルの「リフレッシャー(消臭スプレー)250ml」が付く。デンハム(デンハム・ジャパン 03-3496-1086)

「また、市販のデニムリフレッシャーで除菌&防臭をするのも手。実は、デンハムにもデニムリフレッシャー付き生デニム“レイザーVCSS”を販売していますので、そちらもぜひ!」

と、吉澤さん。確かにそれも良さそうではある。いずれにせよ、干し&デニムリフレッシャーで、対策可能ということだ。

 

ファーストウォッシュ済みの生デニムや加工デニムのケア方法は?

買ったばかりの生デニムの洗い方はわかった。では、一度洗ったあとの生デニムや加工デニムは、どのようにケアしていけばいいのだろう。

さまざまな加工が施されたデンハムのデニム。買ったその日からヴィンテージのような味のある色落ちが楽しめる。

「気をつけるべきは洗濯でインディゴが抜けてしまうことによる色落ちです。デニムを染めているインディゴは、水に浸しておくと色が流れ出てしまうという特性があります。今の状態から色落ちを極力避けたい人は、洗う際は水に浸ける時間をなるべく短く、というのが鉄則ですね。これは、加工デニムでも、洗ったあとの生デニムでも同じことです」。

そこで、少し意地悪な質問を思いついた。そもそも生デニムを色落ちさせたくない、濃色のインディゴでずっと過ごしたい、こんな人はどうすればいいんですか? 

日本製生地を使ったリジットデニムの「レイザー VISS」4万6000円。まだらに覗く白い横糸が、生の状態でも味わいを作ってくれる。デンハム(デンハム・ジャパン 03-3496-1086)

「糊落とし、という方法があります。生デニムを買ってすぐに水を通して、糊だけを落とすんです。インディゴは少し水に流れ出ますが、水に浸ける時間を最小限にとどめ、しっかり絞って陰干しすれば、いわゆるワンウォッシュに近い状態になります。すると、糊の付いたのデニムだからこそのアタリも出にくくなりますので、キレイなままはけるでしょう。さらに、着用頻度も気づかえば、濃色を保てると思います。ただデンハムでは、その人がはき込んだ唯一無に味わいを楽しんでほしいと思っていますので、自分なりの色落ちを楽しむほうがオススメですね。でも、いろいろな楽しみ方があっていいと思います」。

色をなるべく落とさない方法も熟知しているとは! 参りました!

吉澤さんがおっしゃるとおり、デニムは自由! でも目的もなくずっと洗っていないデニムを後生大事にはいているのは、どうやら間違いのようだ。

知ってるようで知らなかったデニムの懐の深さを、改めて痛感。

 

 

【取材協力】
デンハム・ジャパン
03-3496-1086
www.denhamjapan.jp

髙村将司=文 永禮 賢=写真(取材) 鈴木泰之=写真(静物)

# デンハム# デニム# 洗濯
更に読み込む