大人の男のための、自分史上最高デニム Vol.50
2018.03.24
FASHION

デニムにもクルマにも、欲しいのは“ちょうどいい”ラグジュアリー感

デニムとクルマに共通すること。それはツールのように実用性がなくちゃならない。でも一方で、そのどちらも、研ぎ澄まされた感性やセンスが求められ、それによって贅を尽くした特別な存在にもなる。

そんなクルマとデニムとを共演させたフォトストーリー後編。

いいデニムといいクルマには、いつも夢がある。

>前編はこちら

 

MAISON MARGIELA × SMART BRABUS FORTWO
メゾン マルジェラ × スマート ブラバス フォーツー

デニム6万6000円、コート19万8000円、Tシャツ4万5000円、バッグ37万4000円/すべてメゾン マルジェラ トウキョウ 03-5725-2414

日常を特別にするマルジェラのデニム

メゾン マルジェラの服ほど、洗練されたリアルクローズはない。そんなシンプルなワードローブを忠実に表現した「ステレオタイプ」シリーズのデニムは、ベーシックなインディゴカラーのレギュラーフィットで、いわば「501」のような普遍的な魅力が宿っている。「STEREOTYPE」とプリントされたオリジナルの白いコットン袋が付属するのもうれしい。

ただのコンパクトカーと侮るなかれ

メルセデス・ベンツのクルマ造りのノウハウを活かして開発されたマイクロコンパクトカー。最小限に抑えたボディサイズゆえ、都心部の狭い道路でも軽快に走ることができ、シティドライブを楽しむ人に新たな価値を生み出した。

こちらはメルセデス・ベンツのチューナーとして名高い、ブラバスが手掛ける高性能モデル。1tを切る車両重量と高出力が組み合わさり、想像を超えた力強い走りを体感できる。全長2785×全幅1665×全高1545㎜ 総排気量897㏄ 297万円〜。

 

BERLUTI × AUDI A6
ベルルッティ × アウディ A6

デニム13万3000円、ブルゾン54万5000円、ニット9万1000円、サングラス5万3000円、ベルト8万3500円/すべてベルルッティ 0120-203-718

さりげない遊び心が光るホワイトデニム

ハイダー・アッカーマンがクリエイティブ・ディレクターに就任してから、ベルルッティは大きく変化した。パリの貴族を連想させる優雅な世界観に、彼の遊び心が加わったからだ。柔らかなスエードに合わせたホワイトデニムは、ウエストをカーフスキンで切り替えたトーンオントーンの表現が最大の魅力。

伝統のセダンが革新的に進化

なだらかな曲線を描く後ろ姿、大柄なボディながらも引き締まった印象を与える美しい造形ラインは、セダンという伝統的なクルマの形ながらも、モダンに感じさせる。

搭載されたカメラによってヘッドライトの向きを自動調整するマトリックスLEDヘッドライトや車線逸脱、追突予防ななど技術革新も施され、デザインの美しさと高い技術力を持つアウディらしさを存分に堪能できる1台となっている。全長4945×全幅1875×全高1465㎜ 総排気量1798cc 634万円〜。

 

POLO RALPH LAUREN × VOLVO V90
ポロ ラルフ ローレン × ボルボ V90

デニム2万5000円、ブルゾン7万9000円、カーディガン4万9000円、シャツ2万4000円、靴、サングラスともに参考商品/すべてラルフ ローレン 0120-3274-20

アメカジの定番はいくつになっても頼れる味方

ネイビーのフィールドジャケットとエスニックなジャケットを合わせたオールドアメリカンなスタイル。ラルフ ローレンの世界観をストレートに感じる上半身に色落ちデニムが合わないワケがない。ちょっと黄みがかったリアルなエイジングのブルーデニムならなおのことだ。そして選んだのは現代的なテーパードシルエット。これが我々の憧れたアメリカンなデニムスタイルの現在形だ。

ワゴンの概念を変えるラグジュアリー感

北欧の文化が生み出した傑作車、ボルボのワゴン。家族で安全に遊びに出かけるためのクルマとして誕生して以来、今もアクティブなユーザーに親しまれている。そんな、ボルボワゴンの最上位モデルであるV90は、広々とした開放感のある空間で乗り心地は高級サルーンのような快適さ。

タブレットのように扱える最先端の大型ディスプレイのインフォテイメントを装備。オプションだが、コンサートホールの音を再現したオーディオやマッサージチェアシートも見逃せない。全長4935×全幅1880×全高1475㎜ 総排気量1968㏄ 669万円〜。

 

DSQUARED2 × JEEP WRANGLER UNLIMITED SPORT
ディースクエアード × ジープ ラングラー アンリミテッド スポーツ

デニム6万5000円、ブルゾン25万9000円、シャツ7万4000円、スニーカー6万3000円/すべてディースクエアード 東京 03-3573-5731

イタリア的、アメカジの魅力

イタリア人は日本人と同じくらいアメカジが好き。だから、イタリアのブランドはアメカジのこなし方が上手なのだ。カナダ出身のディーン&ダン兄弟が手掛けるディースクエアードは、そのなかでもデニム名人。この股上が深めのスキニーデニムは、自分なりの“はき癖”が味となって出るように綿密に計算されているのだ。

ワイルドなルックスでも優しい乗り心地

軍用車を出自とし、悪路走破性能は群を抜くジープ。3.6L V6エンジンとジープ独自の卓越した4×4システムの組み合わせは、どんなオフロードでも力強い駆動力で駆け抜ける。

しかも、最新モデルは、ワイルドな見た目はそのままに、走行時の突き上げ感はなく、十分なクッション性のあるシートで乗り心地も進化。ハードトップを外せば、オープンエアを楽しめるのも最高だ! 全長4705×全幅1880×全高1845㎜ 総排気量3604㏄ 412万円。

 
名越啓介(commune)=写真 大村鉄也(commune)=スタイリング 橋本孝裕(SHIMA)=ヘアメイク 増田海治郎=文

# デニム# 自分史上最高デニム
更に読み込む