https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0322-5/

40代のデニム姿に色気を加える、“品”と“個性”の好バランスなパートナーたち

このエントリーをはてなブックマークに追加

相棒のような存在だからこそ「オレ、デニムはシンプルに着こなす派」って人は多いはず。でも、元来ワークウェアに端を発するものだけに、ちょっとだけ洗練した味付けもほしいトコロだ。

だから、いい時計とジュエリーをいつもデニムのそばに。デニムを愛するすべてのオッサンに持っていてほしい、珠玉の腕時計&ジュエリーたちを3回にわたり紹介する。


2回目はデニムスタイルとの相性最高なシルバージュエリーをはじめ、品と個性が好バランスな、デニムの名パートナーたちをご紹介。


Grand Seiko(グランドセイコー)

「メカニカルハイビート36000 プロフェッショナルダイバーズ600m」ブライトチタンケース、46.9㎜径、自動巻き。100万円/セイコーウオッチ 0120-061-012

毎時3万6000回という高速振動により、安定した精度を実現させたハイビートムーブメントを備え、600mの防水性能や、耐衝撃性、耐磁性にも優れた、日本が世界に誇るプロフェッショナルダイバーズウォッチ。輝きながら上昇していくバブル群を表現したという文字盤のデザインにも、オーシャンを感じられる男のロマンがある。

デニムジャケット3万4000円/アナトミカ(アナトミカ 東京 03-5823-6186)、シャツ2万7000円、カットソー6000円、パンツ1万8000円、キャップ6500円/すべてサタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033、サングラス4万9000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285)


Chrome Hearts(クロムハーツ)

ブレスレット30万6000円、ウォレットチェーン59万5000円/ともにクロムハーツ トーキョー 03-5766-1081

ブランドのアイコンとして普遍的な魅力を放ち続けるチェーンタイプのブレスレットとウォレットチェーンは、ずっとそばにいてほしいと思える存在。使い込むほどに味わいが増していくシルバーアイテムの魅力は、エイジングを楽しめるデニムの魅力にも通じるものがあるよね。

ヴィンテージのデニムジャケット7800円、ヴィンテージのデニムパンツ29万8000円/ともにベルベルジン 03-3401-4666、Tシャツ8800円/マイアミ ビーチホテル(スタジオ ルート134 03-6712-5134)、スニーカー9500円/ヴァンズ ヴォルト(ブルーウッド バイ ハンドイントゥリーPR 03-3796-0996)


Fred(フレッド)

2重のSSケーブルブレスレットは53万円、WGチェーンブレスレットは61万5000円/ともにフレッド 03-3263-9413

ヨットのシャックルとケーブルをモチーフにした人気の「フォース10」。種類豊富なバックルとケーブルやチェーンを自由に組み合わせられるのが面白さ。例えばホワイトゴールドのバックルのトーンでシンプルにまとめると、デニムにも似合う。バックルに輝くダイヤモンドがさりげなく色気を放つ。

デニム2万2000円/リディアル(カイタックインターナショナル 03-5722-3684)、シャツ4万9000円/マディソンブルー 03-6434-9133


Cvstos(クストス)

「チャレンジ ジェットライナーⅡ カーボン」カーボン×グラスファイバーケース、縦53.7×横41mm、自動巻き。157万3000円/フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949

間違いなくシンプルなデニムスタイルのアクセントになってくれる、墨黒のなかに浮かび上がる赤のマーブル模様は、カーボンとグラスファイバーを鋳造する過程で生まれたもの。スケルトンダイヤルも相まってハイテク感は満載。メカニカルなフェイスも男の大好物だ。

デニム3万7400円/A|Xアルマーニ エクスチェンジ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070)、ジャケット5万5000円/ビームス プラス(ビームス プラス 原宿 03-3746-5851)、スウェット2万1000円/ウールリッチ(ウールリッチ 表参道店 03-6427-1819)、メガネ2万7000円/モスコット(モスコット トウキョウ 03-6434-1070)、ブーツ4万9000円/レッド・ウィング(レッド・ウィング・ジャパン 03-5791-3280)



筒井義昭=写真 村上忠正=スタイリング MASAYUKI(The Voice)=ヘアメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
厳選! オッサンのデニムスタイルに合わせるべき腕時計はコレだ
2018.03.19
進化したリプレイのデニムはどれだけ“ハイパー”になったのか
2019.03.22
40代に刺さる古き佳き趣。直感で選ぶレトロなカジュアル時計
2019.03.22
スニーカーに続き「ダッドデニム」ブームか? ヤヌークのデニム最前線
2019.03.21
大人の男のための、自分史上最高デニム
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05