https://oceans.tokyo.jp/fashion/2018-0313-2/

コートから半纏まで、デニムを使った充実の春アウターTOP5

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分たちの青春時代にあったデニムといえば、ジーンズ、ジージャン、デニムシャツがせいぜい。しかし2000年代に入ってからのプレミアムジーンズブームは、デニムという素材を飛躍的に進化させた。

以前はゴワゴワして重かったデニムは、滑らかで軽くなり、結果的にさまざまなアイテムがデニムで作られるようになった。

だから今のデニムを全力で楽しみたいなら、僕らは“僕らの常識”を更新する必要があるのだ。
デニムスタイルをリフレッシュするなら、こんなバリエーションに富んだデニムアウターから探してみるといいだろう。


ジョルジオ アルマーニのピーコート

デニムジャケット30万円、デニムパンツ12万円/ともにジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070)

表地はコットン100%の柔らかなデニムで、裏側には表情の異なるデニムをダブルフェイスのように配置して、セルビッジをパイピングに見立てている。御大の熟練の技と衰えない素材への探究心に改めて驚かされる1着だが、既成概念を捨て去れば、このような最新のデニムに出会えるのだ。


N.ハリウッドのデニムコート

5万6000円/ミスターハリウッド 03-5414-5071

カバーオールの着丈を長くしたようなデニムコートは、Tシャツの上にざっくり羽織ると気持ちがいい。


マーカウェアのカバーオール

3万6000円/パーキング 03-6412-8217

ありそうでなかったマットなブラックデニムのカバーオール。広めの肩幅と身幅も、まさに今の気分だ。


ユナイテッドアローズ&サンズの半纏

4万6000円/ユナイテッドアローズ&サンズ 03-5413-5102

日米のベーシックウェアを融合させたセカンドモチーフのデニム半纏。


マッキントッシュのステンカラーコート

6万5000円/マッキントッシュ青山店 ︎03-6418-5711

薄手のリジッドデニムを使用したステンカラーコートは、オン・オフ使える万能選手。チンストラップ付きでスタンドカラーにもなる。



熊谷隆志=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介=スタイリング NORI=ヘアメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
潮風や太陽からカラダを護る、夏の海でサッと羽織りたいトップス
2018.06.19
早い人ほど遊んでる。デニムは王道が正義と言い切れない3つの証拠
2018.06.09 / 間違いだらけのデニム選び
今子供に着せるなら“生意気かっこいい”デニムスタイルを選ぶべし
2018.05.31
オーシャンズ世代なら必ずグッとくる。日常にフィットする10アイテム・前編
2018.05.29
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21