大人の男のための、自分史上最高デニム Vol.12
2018.03.12
FASHION

意外と知らない「映画プロデューサー」という職業と、その仕事着

デニムを着て働きたい。だって、デニムはそもそもワークウェアで、働くための服だったわけだから。いい笑顔で、真剣に働く男たちにデニムは絶対に味方してくれる!

というわけで、業種を越えて集めた、デニムで働く人々のリアルなスタイルサンプル。どうぞご覧あれ。

>46歳 IT企業勤務の場合  はコチラ

 

38歳 映画プロデューサーの場合

松井 宏さん(38歳)
気鋭、三宅 唱監督との仕事で注目を集め、代表作は『Playback』『THE COCKPIT』など。評論家、翻訳家の顔もあり、音楽や文学などカルチャーにも精通する。

制作とスポンサーとの間を奔走。激務とデニムの関係は?

デニム2万5000円/ジョンリンクス 03-6451-2818、コート5万8000円/ヤエカ 03-6426-7107、ニット2万3000円/A.P.C. 03-3710-7033、ブーツ9万8000円/ビズビム 03-5468-5424

「派手に聞こえる肩書とは裏腹に、仕事はとっても地味なんです。裏方ですから」と控えめに語る松井さんに、一般的には想像しにくい映画プロデューサーにとっての仕事着を聞いてみた。

「オフィスでの作業や、監督やスタッフなど、制作サイドの人と会うような場合は、普段着なので基本デニムです」。ルール無用の日には、カラーアイテムを積極的に用いるそうで、赤やピンク、グリーンなどの服も守備範囲という。

キチンとするときは襟付きで

デニム2万3000円/A.P.C. 03-3710-7033、シャツ3万5000円/マディソンブルー 03-6434-9133、その他私物 

一方で、「大人の日」とでも呼ぶべき、かしこまりたい場合もある。

「スポンサーや劇場の方などと話をするときは、僕のなかでかしこまります。といっても“襟付き”がマストって程のルールですから、ハードルは低いですかね(笑)。デニムは濃色のストレート。一番のフォーマルはA.P.C.のプチスタンダードの黒です。もう廃番になってしまったのが残念ですが……。A.P.C.の品のある端正な佇まいは、デニムのなかでも特別な存在感がありますよね。きちんとしなきゃいけないときでも、これなら大丈夫というか」。

ストレートデニムは、痩せ型であるご自身の体型補正にもなっているそう。「スキニーだと貧弱に見えるし、妙な“オシャレ感”が出ちゃう。ゴワッとした生地感のヘビーオンスなら、骨太で、細さを隠せるからいいんです」。

 

映画プロデューサーのデニムスタイルを支えるアイテム

ブラックデニム

3万500円/アクネ ストゥディオズ ブロ コンスト(アクネ ストゥディオズ アオヤマ 03-6418-9923)

「リバー」と名付けられたテーパードシルエットは、デニムで名を馳せたブランドならではの美しさ。“やりすぎ感”のないユーズド感も仕事向き。

 

黒いローテクスニーカー

6万4000円/ビズビム(F.I.L. TOKYO 03-5725-9568)

ブランドの定番、レースアップスニーカーの最新モデル。仕事での着用に相性のいい「オールブラック」に仕上げている。素材によって染まり方が異なり、黒の多彩さも堪能できる。

 

ワンウォッシュのGジャン

3万4000円/A.P.C. 03-3710-7033

ケバ感のある味わい深いデニム生地がA.P.C.らしさ。無駄な装飾がないシンプルなデザインのために、仕事着にも使い勝手は良い。スラックスなどと合わせればクリーンに決まること請け合い。

 

長袖のポロシャツ

1万4000円/ラコステ×ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)

ビジカジの定番、ポロシャツ。ビューティ&ユースのエクスクルーシブは、ピンクがかった独特なベージュカラーが特徴。

 

リネンシャツ

4万4000円/サイモン ミラー(エドストローム オフィス 03-6427-5901)

働く男を爽やかに見せるリネンシャツ。身幅が広くアームホールの大きな仕立ては、風をはらませるようなリラックス感もある。LA発のライフスタイルブランドらしさが宿る。

 
梶 雄太=写真・スタイリング

# デニムで働く# 自分史上最高デニム
更に読み込む